FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

" Lady in Waiting " has waited sooooo long !!

皆様、お久しぶりです~!

次男のお誕生パーティーが終わり、義務から解放されてとても喜んでいるMikonosukeです!
また今日から時間を見つけては「ドール・パラダイス」の記事を書いてまいりますよ~~!

予定では、前回の続き「岩のような男・ドール」について書くつもりでおりましたが、
カメラの調子?が良くなく 急遽撮り貯めた別の写真の記事をお送りいたします。
ご了承ください!

今日ご紹介するのは 久しぶりの「綺麗どころ!!」
FR ”Lady in Waiting” Dania Zarr です!!

このところ、「むくつけき・・・」あるいは「お笑い」の記事が続きましたので、
ちょっと一息ついて 「綺麗なドールの世界」を思い出してみましょうねぇ~!!
”Lady in wating has waited so long・・・・”

実はこちらのDania様、かなり前から家におりましたが、
後から来た”Red Zinger”に先を越され ブログでのお披露目もされず、
今日まで「箱入り”娘”」ならぬ「箱入り”マダム”」として待たされておりました!
(さすがは Lady in ”Waiting”!!)
”Lady in wating has waited so long・・・・”

”Lady in waiting”を辞書で見てみると、「(女王、王女)の侍女・女官」・・・
という意味だそうですが 女官のような「脇役」ではなく、
しっかり「主役」を主張しそうなお顔つき・・・。
”Lady in wating has waited so long・・・・”

・・・ただ、紫のアイ・シャドーに青白いお顔色・・・
あまり「健康はつらつ」とした雰囲気はありません。

それでは いつものように、
続きは ボタンの後で・・・・・

Dania はスレンダーな「男前系・美女」として、私の好きなドールですが、
彼女は本当にスレンダー! ボディもFRのモノではなく、「胸の控えめな」ボディです!
(ミサキやPoppyのサイズの服が合うようですが、いかにせん「マダム」な彼女!!
お洋服の趣味が合いませんよねぇ~!!)
”Lady in wating has waited so long・・・・”

印象では、Red Zingerと似ているかな・・・?と思っておりましたが、
Red・・・のほうがお顔色もよく「若さ・度」が上!!
”Lady in wating has waited so long・・・・”

う~ん!! なんとかこのヒトの本来の美しさを上手く出せないものでしょうか?
”Lady in wating has waited so long・・・・”

よく言えば「落ち着いている」・・・とも形容できるのでしょうが、
Redと比べると、「お姉さん」どころか彼女の「おばさん」と言っても通ってしまうくらいの
落ち着きよう・・・・。(う~~~む、汗)
”Lady in wating has waited so long・・・・”

・・・そこで、ちょっと遊んでみたのが「髪」!
”Lady in wating has waited so long・・・・”

彼女のうっとうしいほどの長い髪をちょっとひねって「アップ」にしてみました。
”Lady in wating has waited so long・・・・”

かなり「いい加減」に透明のゴムで留めて、ためしにドレスを着せてみたのですが・・・
こっちのほうがいいような・・・・・?
”Lady in wating has waited so long・・・・”

気に入ったので、今度はメイクの色に合わせてもう一枚違うドレスを着せて・・・
(おお~ ノッテル、ノッテル・・・・Dania様!!)”Lady in wating has waited so long・・・・”

コレなんか、「侍女」の立場を忘れて自分が女王様として君臨してしまったような
オーラを発しておりますが・・・Dania 様・・・。
”Lady in wating has waited so long・・・・”

やった!! 自分としてはこういう雰囲気のほうが気に入ってます!
(家の「マダム」はこの路線で行こう!)
”Lady in wating has waited so long・・・・”

同じ「マダム」でも「疲れたマダム」ではなく
「艶っぽさ」が出てきたように思うのは私だけでしょうか?
”Lady in wating has waited so long・・・・”

「ベルバラ」のアントワネット様のような髪型にも見えますが、
透明ゴム一本で出来てしまう「超・お手軽スタイル」・・・!
”Lady in wating has waited so long・・・・”

髪で隠すよりも、顔をあらわにしたほうが素敵なようですね!
良かったわね Daniaさん! 
その代わりあなたには一生「中世」の中で生きてもらうことになりそうね・・・。
(それもいいんだか、悪いんだか・・・・・)”Lady in wating has waited so long・・・・”


また次回まで~~!!

ランキングに参加してま~す! 
ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きゃ~!!!!!

素晴らしい変身ぶりですね!!!
お年上とみんなから言われるダニア様、その中でも印象がそれぞれあって、
元気マダムとお疲れマダムに明暗を分けたままではいけませんよね。
髪をアップしたら大変身!!というのは、
眼鏡を取ったら超美少女!!というのよりインパクトあります♬
(眼鏡を取ったら・・・というのは、昔の少女漫画の常套だったけど、
最近はメガネっ娘ラブな人が増えて意外感がなくなりましたね^^;)

ドレスは両方ともよくお似合い♬
こういうとき、衣装持ちさんは、あれが!!と手元で探せるのがウラヤマシイです。
やっぱりFRは主役級ドールですよね♪

Rey | URL | 2012/12/03 (Mon) 10:10 [編集]


おばさん・・・

確かに!このダニア髪が長すぎて、私も1度お迎えしたんですが手放してしまいました。
なるほどね、髪を結えば良かったんですね。
でも、ゴム1つで出来るのは慣れてるからだと思いますよ~。私は無理でした(笑)
友人がSociety Houndを着せてたのが似合ってる~って思いました。
中世から抜け出せないって笑いました~!!
あと、大振りなアクセサリーで顔周りを華やかにしないと、ダメなんですよね、ダニアって。
やっぱり難しいDOLLだなぁ。

ロック | URL | 2012/12/03 (Mon) 12:09 [編集]


Re: タイトルなし

Reyさん!
こちらの「マダム」はお顔を出したほうがキマル!ような印象を受けました。(「髪の長さ」と色気は比例するものだと思ってましたが そうでない例もあるのだな・・・と) 実際には彼女の髪の長さは腰くらいまであるのですが、カールが取れてしまって余計「ぺシャ・・・」とした印象になってしまいました(涙)。 公式画像だと髪の毛のカールが綺麗に出ていてとてもボリュームがあって美しく見えていたのですが、「年とともに 髪の弾力も衰え・・・」なんとなくお疲れマダムの方向に行きかけてました。(ああ~!! ドールもヒトも同じ?!でしょうか?? 悲しすぎる・・・ だから余計共感を覚えてしまうのですが・・・)

> 眼鏡を取ったら超美少女!!というのよりインパクトあります♬
・・・ありがとうございます!! お顔のモールドは美人さんなんだから「その中にあるはずの綺麗な部分」が上手く引き出せると嬉しくなりますよね! ただ私の場合、ヘア・スタイルをいじるのが普段は とても下手なので撮影のときでも結構髪が「ボーボー」の状態で撮れてしまっていることも多々あります。 この点を改善できたらもっとドールの「いいお顔」が撮れるのかな・・・なんて思ってます。(反省・反省・・・)

> ドレスは両方ともよくお似合い♬
・・・今回の最後の2着はバービー・サイズのドレスで、海外のオークションで比較的安価で手に入れたものです。 (お針子はすきなんですが、「教材」と称して、ときどき買ってました!)ここまで大きいものを早く自分でも簡単に縫えるようになりたいですね~!!

mikonosuke | URL | 2012/12/03 (Mon) 14:14 [編集]


Re: おばさん・・・

こんばんは ロックさん!
> 確かに!このダニア髪が長すぎて、私も1度お迎えしたんですが手放してしまいました。
・・・やはりロックさんも「彼女の髪」でお悩みでしたか。 Reyさんのコメントでも書いたのですが、確か公式画像は「波のようにうねる豊かなブラウンの髪」が美しく顔にかかってましたよね・・・。 あのままであればよかったのですが、なんだかその後にだんだん「ぺしゃんこ」になって「やつれたおばさん」・・・のような印象になってしまいました(涙)。 もしかしてロックさんのところもそうでしたか・・?

> あと、大振りなアクセサリーで顔周りを華やかにしないと、ダメなんですよね、ダニアって。
> やっぱり難しいDOLLだなぁ。
・・・「男前」系なので やっぱり顔つきがなんとなく「寂しめ」に出来ているのでしょうかね? (そこが好きよv-344・・・という方もいるとは思いますが、派手めの華やかなお顔立ちが好きな方には物足りないのかもしれませんね。 う~む! 納得!) 
同じDaniaでも Red Zingerのほうが扱いやすいように感じました。 こちらのヒトは「お顔色がすぐれない」上に「紫色のアイ・シャドー」のせいで「色あせて」見えてしまう感じがして・・・。 今回発見した「中世・ルック」でどこまでいけるか いろいろ試してみますねぇ~!!

mikonosuke | URL | 2012/12/03 (Mon) 14:47 [編集]


素敵~!!
髪をアップにしたら驚くほど魅力的に変身して、思わず身を乗り出して凝視してしまいました(笑)
黒レースが効果的に使われたドレスも両方ともすごく似合ってますね!

Red Zingerとはまったく印象が異なるのにもビックリしました。
ダニアって本当にメイクで変わりますね~。

「Lady in waiting」って「侍女」の意味だったんですか。知らなかった!
ボディがFRではなくてNu?というのも目新しいような気がしますが、どういうストーリーがあって「Lady in waiting」という名前になったのか気になります。

リオコ | URL | 2012/12/04 (Tue) 16:57 [編集]


Re: タイトルなし

リオコさん こんにちは!
> 髪をアップにしたら驚くほど魅力的に変身して、思わず身を乗り出して凝視してしまいました(笑)
・・・ありがとうございます(嬉)!! 実はようやく自分でも納得できる「スタイル」が見つかったと思ってます。 髪が長くてカーブが取れてしまってもまだそれなりに綺麗なドールと、いきなり「疲れた」印象になってしまうドールがおりますが、このDaniaは 後者のほうでしかもとても「老け込んで」しまったような印象になっておりました。(涙) 結い上げた髪だとドレス以外でもいけるかどうか分かりませんが、またいろいろ「現代服」も着せて試してみたいと思います。  

> Red Zingerとはまったく印象が異なるのにもビックリしました。
> ダニアって本当にメイクで変わりますね~。
・・・本当ですよねぇ~! 同じモールドなのに。 メイクもとても大切な要素ですが、ベースの「顔色」も「年齢層」が決まる大切な要素なのかな・・・なんて思いました。 以前このブログでも紹介いたしましたドールで「タチアナ」がおりますが、彼女もこれまたお顔色の悪いドールです。 理性の利いた「大人の女」・・・という感じが好きなのですが、顔色が悪いと着せられる衣装の色合いにも気を使ってしまい、なかなか難しく、「若く」見せることができませんでした。 口紅を明るい暖色に変えてみたり、そのつどなんとか納得の行くレベルまでプチ・リペをしてみましたが、やはり「普通の肌色」をしているドールのほうが往々にして遊びやすい感じがしました。 
やはりドールは遊べば遊ぶほど もっと素敵に見えるアングルや髪形・衣装が分かってくるので、もっと遊んであげなければいけないなぁと再度思ってしまいました。 

mikonosuke | URL | 2012/12/05 (Wed) 05:32 [編集]


 綺麗なドールですね。私の好きな紫のアイシャドウがとても素敵です。

 髪型もアップにするとイメージがガラっと変わりますねぇ~。私はどちらも素敵だと思いました。

 紫と黒のレースのドレスもとても素敵ですね。私こういうドレス大好きです。

MIU | URL | 2012/12/11 (Tue) 11:04 [編集]


Re: タイトルなし

MIUさ~ん!!

>  綺麗なドールですね。私の好きな紫のアイシャドウがとても素敵です。
・・・MIUさんのメイクも「ピンク系・紫」が とてもきれいなメイクですよね~!! Mikonosuke 実はいつも感心して見ておりましたのさ!! ただ、このドールは顔色があまりよくないので、パープルのアイシャドーがなんだかちょっと「不健康」に映るときもあります。 顔色との色合いもメイクの色選びには大事な要素なのでしょうね・・・。

>  紫と黒のレースのドレスもとても素敵ですね。私こういうドレス大好きです。
・・・ありがとうございます。 じつはこういうドレスは、綺麗なサテンの生地に美しい黒のレースを持ってくればほとんどはずれなく「美しく」見えてしまう優れものです!! サテン生地の色さえ変えれば、同じ形でいろいろなドレスが作れるし「お針子」としてもつりやすいお手軽なドレスです!!

mikonosuke | URL | 2012/12/14 (Fri) 13:18 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)