FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

新人 Poppy 達の初日-その3

「ルンルンルン~ さあ、お出かけよ~ん

023_convert_20120309225744[1]

「お買い物にでも行くの?(私)」、「ううん、ちょっと図書館へ行ってくるわ!(Poppy)」

。。。と言って出かける彼女は勤勉・まじめな女の子のようです。

029+-+Kopie_convert_20120309230504[1]

「おかしいな~、確かこの辺にあるって聞いたのに。。。(Poppy)」

「。。とか何とか言ってお前さん、本当は夜遊びがしたいだけだったのかい?(私)」

027_convert_20120309225839[1]

「お母さんたら、ひどいな。。。私は本当に図書館に用があるんだってば。。。
何か、私のこと信じてないよね。。。ブツブツ。。。」

043+-+Kopie_convert_20120309230619[1]

「こういっぱい本があると、なんだか目が回りそう。。。周りのものがゆがんで見えるよ。。(Poppy)」
(そうじゃないってば、スクリーンがたるんでいるからだよ!!)

044+-+Kopie_convert_20120309230731[1]

「あっ! あった!あれだわ!!」どうやらPoppyちゃんはお目当ての本を見つけたようです。

「でも、高すぎて届かない! はしごないの?はしご!!(Poppy)」

っと、そのときです! となりから声が聞こえました!

「これですか? オレ、取りますよ。。。」

047+-+Kopie_convert_20120309230832[1]

となりには図書館でバイトをしていたルーカス君が立っていました。(かっこいい~

(こういうの憧れてたんですけどねぇ、一度もありませんでした。(私・談))

030_convert_20120309230202[1]

手を伸ばして本を取ってくれるルーカス君の横顔を見つめて、
Poppyちゃんたら、もう本なんてどうでもいい。。。って感じです。

「お前さん、勤勉でまじめな女の子じゃなかったのかい??ええっ??(私)」

。。。。。。。。(Poppy)」


050+-+Kopie_convert_20120309230939[1]

Poppyちゃん、かばんを落としても気がつかないくらいボーっとしてます。


「あの。。。だいじょぶっスカ?(ルーカス)」

「ハイっ!カット、カット! もういい加減に下りておいで!今日はもうこれくらいにしよう!!(私)」

「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(Poppy)」

051+-+Kopie_convert_20120309231035[1]
撮影現場



Poppyちゃんはハンサム・ルーカス君を見て固まってしまったので、今日はこれで連れて帰ります。

失礼しました。

それでは




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)