FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

小鳥と少佐殿-その1

皆様 こんにちは~!

朝・夕すっかり涼しくなってきて、ようやく暑さから開放され
「考える」ことができる気候になって参りましたね~!! 
これまで 暑いドール部屋に入り浸ることも憚られて、
すっかり「ドール小話」ご無沙汰してしまいました!!

早速、今日は久しぶりに「陸軍省」に行ってみましょう~!
愛しの「むくつけき 軍人ドールズ」は何をしておりますでしょうね。

小鳥と少佐殿-その1

あっ!! いたいた! 少佐殿です。
またしても なんか悩んでいるようですね。(またGoingさんにいじめられたのかな?)
小鳥と少佐殿-その1

まあ、うちのドール・ワールドで この人ほど いつも苦悩しているドールはおりませんねぇ~。

そんな訳で今回と次回は「陸軍省」での出来事のお話です。
「軍服が苦手な読書様」は軽~くスル~して下さいね~~~!!

そうでない方は これからMikonosukeと共に参りましょう~~!
いざ行かん!! 「陸軍省」~~~!!

さあ、到着しました陸軍省!
「ねえ、ねえ少佐殿! カメラで撮っているんですけど。
背中なんか向けて 読書様に失礼よ・・・(私)」
小鳥と少佐殿-その1

「えっ?! ああっ、あなたでしたかオーナー殿! (少佐殿)」
「何ですか? また何かお悩みでも? (私)」
小鳥と少佐殿-その1

「お悩みも何も・・・。 これを見てください! (少佐殿)」
小鳥と少佐殿-その1

「まあ、あなたも 随分たくさん集めたわねぇ~。・・・
小鳥と少佐殿-その1

・・・あらあら、あんなところにまで!!
こんなに集めてご商売でも始めるんですか? (私)」
小鳥と少佐殿-その1

「集めてなどおりませんっ! 集まってくるのですっ!!
これでは、仕事にならんっ!!!  (少佐殿)」
小鳥と少佐殿-その1

今年の夏に自ら下した命令が元で、部下が森中の生き物を「証拠物件」として
次から次へと持ち帰ってしまったそうなのです。(何をやっているんだか・・・) 
生き物を粗末に扱うわけにいかず、一度エサを与えてしまったが最後、
何度追い払ってもこちらの司令官室に集まってくるようになったそうな・・・。

それでなくても「上役の目」が厳しいのに「司令官室で鳥獣を飼っている・・・」
なんて言われたらそれこそ大変なことに・・・

「ちょっと少佐殿ぉ、あなたの部下って『少数精鋭』じゃあなかったんですか? (私)」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  (少佐殿)」
小鳥と少佐殿-その1
これだけ 動物達が集まってくるなんて、森に食べ物が不足してるんでしょうかねぇ~?

そんな時、外から窓ガラスをコツコツとたたく音が・・・
(あっ! あのときの小鳥ちゃんです! 同じく兵士に生け捕りにされて、弱っているところを 
少佐殿のお取り計らいで手厚く介抱されて無事に森に返された子です!!)
小鳥と少佐殿-その1

「なんだお前まで・・・。 そんなに腹がへっているのか? (少佐殿)」
小鳥と少佐殿-その1

いえいえ、そんなんじゃありません。小鳥ちゃんはエサをもらいに来たのではなく、
少佐殿にエサを お土産を持って来てくれたのでした。
小鳥と少佐殿-その1

キノコやどんぐり、赤く熟れた果物・・・。
義理堅い小鳥ちゃんはあのときに受けた恩を忘れず、度々司令官室に少佐殿を訪ねて参りました。
小鳥と少佐殿-その1

お土産のどんぐりを手に取り、しげしげ眺める少佐殿。
小鳥と少佐殿-その1

恩人の喜ぶ顔が見たくて、期待いっぱいで少佐殿の顔を覗き込む小鳥ちゃん・・・。
小鳥と少佐殿-その1

ところが・・・・
「気持ちはありがたいがな、オレはこういうもんは食さぬ・・・
小鳥と少佐殿-その1

・・・森に持って帰って、仲間に分けてやったらどうだ。 (少佐殿)」
小鳥と少佐殿-その1
とっても「質実剛健」且つ「単刀直入」なもののおっしゃりよう・・・
森の他の生き物を心配してのご発言かとは思いますが、それにしても
真心を込めて 一品一品集めてきた 小さな小鳥ちゃんには
ちょっとかわいそう・・・。 

ションボリとうなだれて 来た道をトボトボと帰っていく小鳥ちゃん。
他の動物達も心配そうに見守ります。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (少佐殿)」

小鳥と少佐殿-その1

(あ~あ!! 可愛そう! いいんですか~?? 少佐殿ぉ~!!)

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗) (少佐殿)」

小鳥と少佐殿-その1

「分かった! 分かったから そう萎れるな!! (少佐殿の負け)」

お土産を受け取ってもらえると分かると 小鳥ちゃん、機嫌を直して嬉しそうに
パタパタと飛んで参りました。 (好かったね~ 小鳥ちゃん!)
小鳥と少佐殿-その1

お土産の巨大キノコを手に・・・
「コレ、本当に食えるんだろうな・・・。(まさか、毒キノコじゃあるまいな・・・ 少佐殿・つぶやき)
小鳥と少佐殿-その1

小鳥ちゃんはすっかり嬉しくなって少佐殿に張り付いています。
律義者の小鳥ちゃん、次回も恩人への恩返しに 更にハッスル、ハッスル・・・
どうなりますやら。。。

それでは また~!!

ランキングに参加してます。 ポチッと応援してくださると嬉しいで~す!!
にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)