FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Poppyたちの相談

Poppyたちの相談

さて、長らくお待たせいたしました。 「ドール小話」の続きをお話ししたいと思います。
新人Poppy の Magicちゃん が家出をしてしまってからすでに数週間以上がたっております。
(早いものですねェ~)「しばらくすれば帰ってくるだろう。。。」と待っていたルーム・メイトの
Airちゃん と Youthちゃん、お昼を食べながらやはり今日もMagicちゃんの心配をしております。。。

今日は「むくつけき軍服おじさんドール」は出て参りませんが、お話が長くなりそうなので
たたみます。 

Poppyたちの相談
細いながらもよく食べる グループのまとめ役のAirちゃんです。
「Magicったら今頃どこでどうしてるんだろねェ! ヒトが心配してるってのにィ!! (Air)」
(心配してる割には 食欲は落ちてないようです。。。)

Poppyたちの相談
何事にもマイ・ペースでクールなYouthちゃん。
「本気で帰って来ないつもりなのかなぁ~ あの子。。。 (Youth)」

Poppyたちの相談
2人はたがいにそんなことを言いながら、思わずMagicちゃんが忘れていったぬいぐるみの「熊彦」を
見やります。「熊彦がいれば、いつかまたMagicはここに帰ってくる。。。」そんな期待があったのですが、
期待通りには行かないようです。。。

Poppyたちの相談
「あの子ったら 私たちのことも忘れちゃったのかしら。。。」そうつぶやくAirちゃんの目はいつになく
悲しそう。。。

Poppyたちの相談
「そんなことないよ!」。。。と打ち消しながら、ぐぐぐぅ~となるおなかを抑えて早くお昼が食べたい
Youthちゃん! 「Magicも 今頃おなか、すいていたりして。。。(Youth)」

Poppyたちの相談
「私たちだけで考えていても埒が明かない、他の同僚Poppyたちに相談してあのこを探そっ!!(Air)」
彼女は「行動のヒト!」思い立ったら早いのです!
そういうと 受話器をとって新人寮にいるほかのPoppyたちに電話をかけます!
Poppyたちの相談

電話をもらって5分もしないうちに同僚のPoppyたちが集まって参りました!
Poppyたちの相談
ご存知いつも華やかに 美しく決めている「Foto Fab」のFabちゃん! 
(Fabちゃんと Airちゃんのお顔って こうして見るとよく似てますね。。。)
Poppyたちの相談
これもやはりご存知 「Perfectly Purple」の Purpleちゃんです。
(トレードマークも紫のお帽子は 何があっても脱ごうとしません!)
Poppyたちの相談

さっそくAirちゃんが 集まってもらった訳を話します。
「・・・というわけで、手分けして傷ついてるMagicを探し出して、みんなで力になってやることが
できたら あの子も立ち直ると思うんだよね。。。。(Air)」Youthちゃんもうなずきます。
Poppyたちの相談
「Magic・・って あの売れない、ボーっとした子でしょ? 悪いけど私 あのことは
付き合いないのよねェ~ (Fab)」 
「Fabちゃん! そんなこと言ったらいけないよ~! 仲間なんだから助け合わなきゃ!!(Purple)」
「じゃ、あんた一人でやんなさいよ! (Fab)」
「そんなこと言うから、スタッフのヒトに 『美人だけど冷たいヒト』とか言われるんだよ?(Purple)」
Poppyたちの相談

この最後の一言にFabちゃんが電光石火のように反応!!(言われたことを実は気にしていたのです。)
「うるさいわねっ! あんたこそ いつまでもそんな野暮ったい帽子ばっかり被ってないで
もっと大人らしくしたらどうなのよ!! バカみたいッ!! (Fab)」

「Purpleは、 Purpleはこのお帽子が・・・好きなんだもの。。。バカなんて言わないでよ。。(Purple)」
Poppyたちの相談
呆気にとられる2人。。。 
Poppyたちの相談
みるみる Purpleちゃんの大きなお目目から涙があふれてきて、彼女は突っ伏して泣き出してしまいました。
「Fabちゃんのばかぁ~ お帽子がすきなんだも~ん(涙・涙・涙・・・)(Purple)」
(アラアラアラ。。。仕様のない人たちねェ~)
Poppyたちの相談
慌てて仲裁にはいるAirちゃん! 「ねえねえ、喧嘩はよそうよ。。。喧嘩は。。(Air)」
Poppyたちの相談
「ホラッ、あんたも もう泣くんじゃないの! (Air)」
「だって Fabちゃんが お帽子を『バカ』って言うんだもの。。。ヒック、ヒック。。。(Purple)」
「もう言わないわよ!(いくらそう思ってても。。。)あんた汚いわね、鼻が出てるわよ。。。(Fab)」
Poppyたちの相談
ようやくPurpleちゃんも泣き止み、「Magicちゃんの捜索活動」について話し始めた頃。。。
Poppyたちの相談
いきなり入り口付近に人影が。。。。
「オラ~ あんた達、また悪巧みの相談かい~?! (Vero)」
「あっ! ヴェ・ヴェロさん。。。どうしてここへ!? (Poppy 一同)」
Poppyたちの相談
「ドアが開いてて外まで話が筒抜けだよ! 困ったことがあるんだろ? このヴェロさんが、
『モロ肌脱ぐ』とは言わないが、『一肌』ぐらい脱いでやろうじゃないか! ええェ?(Vero)」
Poppyたちの相談
FRの姐さんたちにだけは知られたくなかったPoppyたち、とっさのことで返事ができません!
Poppyたちの相談
目を開いたまま「居眠りスタイル」を決め込むPurpleちゃん、勝気なFabちゃんも焦りまくり!
Poppyたちの相談
「アレッ?! なんだか あたしまずいところに来ちまったみたいだねェ? (Vero)」
Poppyたちの相談
「そんなに 嫌われてたのかい あたしって。。。(Vero)」
Poppyたちの相談
ヴェロさ~ん そんなことないですよ~!!
みんな 焦っているだけなんだから~

次回をお楽しみに

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)