Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Vaneちゃんと行く 地中海~~ィ! ( 28日 マルタ - ヴァレッタ )

皆様~! 

ここ数日 地中海旅行の 旅日記をお送りしております~。

すみません、撮った写真が あまりにも多すぎて
編集しきれないので 長くなりそうなのですが
お許しください~~~。 

2月28日 到着しましたところは
マルタ島の首都 ヴァレッタ

生まれて初めて マルタ島に 足を踏み入れたのですが
今回の旅行で 私的に 一番気に入った 観光スポットでした。

1565年のオスマントルコ軍との戦い「 グレートシージ ( 隊包囲戦 ) 」 の経験から、
難攻不落の都市となるように設計され、1571年に完成。
ヴァレッタは 当時のマルタ騎士団 団長であり、町の完成に尽くした ジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレッタ
・・・から きているとのことです。

シチリア - パレルモ

「実はね、この日オーナーは 風邪をひいて
ひどい 頭痛とのどの痛みで ぐったりしていたのよ・・・
せっかくの いいお天気なんだけど 出かけられるのかしらね・・・?
( 心配そうに ヴァレッタの港を見下ろしながら つぶやく Vaneちゃん・・・ ) 」


マルタ - バレッタ

待ちに待った この青空の下で・・・
船室の中になんて いられりゃしませんよ~~!

でも  さすがに 「歩け歩け、健康おやじ」 のうちのダンナも 
この日ばかりはぐったりしている私を見て タクシーをとってくれまして・・・
1-2時間で見て回れる程度の 観光地を 巡ってもらえるよう
手配してくれました・・・。 

グラサンに スポーツ刈りの 威勢のいい 若いタクシーの運転手さん・・・
ダンナとのお値段交渉に うなずくと 元気良く握手!

「制限速度50」 ・・・と書いてあるのに どう見ても「 80 」 から 「 90 」 くらいの
スピードで ヴァレッタの町の中を すっ飛ばして 連れて行ってくれました~!!

ヴァレッタから 車で 10分ほど・・・ Mosta というところ。 

ロタンダ ( 聖マリア教会 )   ↓
二つの塔の右側が 「 時間 」 を、
左側が 「 月日 」 を表示している という時計が設置されております。

マルタ - バレッタ                                                                            Mosta

・・・正直、前日から 体中が痛くて ぐったりしていたもんですから ・・・
持って行った 資料に目を通すのも面倒で 
行き当たりばったりに 目に入るものを ただ 楽しみ、写真を撮る
ツアーになってしまいました。 (ああ、 せっかく行ったのに こういうのは 後悔です~~~)

マルタ - バレッタ

そして さらに 緑の丘陵地帯をさわやかにすっ飛ばすこと
2-30分・・・

ダンナが 唯一見たいと言っていた・・・ Mdina
ムデーナ とか イムデーナとか
訳されているのですが 実のところ なんと発音するのでしょうね・・・?

紀元前 古代ローマ時代に作られたという 古都 Mdina 。
小高い丘の上に立たずむ 城壁都市で、
敵の侵入をいち早く察知、確認できるよう 周囲が 一望できる
この地に建てられたのだそうです。


マルタ - バレッタ
                                              Mdina

橋を渡って いよいよ 城壁の中へと 進みます~~!

マルタ - バレッタ                                                                            Mdina



続きは いつものように 
ボタンの あ・とで ・・・


1530年、マルタ島にやってきた 聖ヨハネ騎士団が最初に首都としたのが
この Mdina 。

マルタ - バレッタ

ヴァレッタに 首都が移った後は その栄光を失い
今では 「 静寂の町 (サイレント・シテ) 」と呼ばれるようになりました。

マルタ - バレッタ

まずは その美しいたたずまいを
静寂と共に お楽しみください・・・

マルタ - バレッタ

面白いことにさ・・・
私が ドールをカバンから取り出すとね どういう訳か いつもいいタイミングに
人が 来るんですよね・・・

撮影スタッフも板についてきた うちのダンナ・・・
「・・・ どうせ この人たちに もう二度と 会うわけないんだから・・・
思い切ってやんなさい、思い切って! 」
 ・・・と、かなり強気

マルタ - バレッタ


・・・ ああ、このたたずまい・・・

ひと時 体の調子の悪さを 忘れさせてくれました・・・。

マルタ - バレッタ

城壁内は敵の侵入時に備えて
道幅が狭く、迷路のような道が 縦横無尽に通っております。 

マルタ - バレッタ

この日は 風が強く 肌寒い天気だったのですが
城壁の 狭い道を歩いているときには
それほど 寒さも感じませんでした。
( 入り組んだ建物で 風が 遮られていたのかもしれませんねぇ~ )

マルタ - バレッタ

D国にいるとね 救急車の後ろの扉に よく この十字架に Malteser・・・と書いてあるのを
見るんですよ・・・。  ↓

今回 ようやく分かりました! コレって 「マルタ騎士団」の十字架だったのね!

・・・と、言いつつも 歴史の時間に ちょっと「マルタ騎士団」 の名前を聞いただけで
実際は よくわかっておりませんでしたのよ、私。


そこで 今回 ウィキペデイアで調べてみましたらね・・・
「マルタ騎士団」・・・っていうのは 
「ロドス 及び マルタにおける エルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士 修道会 」
・・・のこと だそうです。

キリスト教カトリックの騎士修道会で、
現在は 軍事組織としての 意味合いは失われているのですが 医療団体としての活動があり、
イタリア共和国軍 では 軍医部隊としても 活躍している・・・ということです。

マルタ - バレッタ


お土産物屋の斜向かいにあった 小さな 聖堂の中を覗いて見ました。
ああ、 ここも また 静寂のうちに なんと 美しい・・・

IMG_1553_convert_20180308065547.jpg

全体が ライムストーン( 石灰岩 )の黄色みがかった石で
作られた町・・・

マルタ - バレッタ

「 静けさ 」 が 皆様にも 伝わるでしょうか・・・?

マルタ - バレッタ

てっきり ここは 「単なる 観光地」 ・・・とばかり思っていた Mikonosuke

いえいえ、ここには まだ 立派に 住民が 日々の暮らしを
営んでいるのですよ~~~!   ↓

マルタ - バレッタ

城壁内には いつも 石畳の上を 馬車が走っておりました。

静かな 町に カツッ、カツッ、・・・と 響き渡る 蹄の音
今でも 耳に 快く 残ります。

マルタ - バレッタ


威勢のいい運転手さんが 再び タクシーを軽やかにすっ飛ばし・・・
お昼チョット過ぎ辺りに ヴァレッタの町に 戻ってまいりました。

こちらは ヴァレッタの市庁舎  ↓

マルタ - バレッタ
                                              ヴァレッタ

後から知ったのですが このヴァレッタ市街地自体が
「 世界遺産 」 に指定されているのですね・・・。

(勉強不足で 旅行すると 後で 損した気分に なります・・・。  )


Upper Barrakka Gardens ( アッパー・バラッカ・ガーデン )

地中海随一と言われる グランドハーバーを見下ろす 展望デッキがある公園です。
昼の12時には グランドハーバーに設置された大砲が 時報を知らせるために 
発射されるのだそうですが、コレは 聞きそこないました~。

マルタ - バレッタ

マルタ - バレッタ
ヴァレッタ

首都自体が 「 世界遺産 」 になっているせいか・・・

ヴァレッタ

確かに どんな角度で 写真を撮っても
どれも 絵になる ヴァレッタの町並み・・・

ヴァレッタ

聖ヨハネ大聖堂 (St. John’s Co-Cathedral ) 

1577年 騎士団が 聖ヨハネを称えるために建てた大聖堂。 
会堂の床は 騎士たちの墓所と なっております。

会堂の側面は騎士団を構成する 八つのグループの
それぞれの礼拝堂があり、 正面には主祭壇が設けられております。  ↓

ヴァレッタ

この金ぴかなのが 八つの礼拝堂のうちの 一つ  ↓

大聖堂の中には ローマで活躍した カラヴァっジオの作品数点が
展示されています。

ヴァレッタ


乗船時間まで まだ いくらかあったので・・・
大聖堂のまん前にある Cafeで

ヴァレッタ

一息入れることにいたしましたぁ~~!

マルタ - バレッタ

巨大りんごケーキの おいしかったこと!!



それでは また 次回まで〜〜!!



ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)