FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

私のドール趣味の始まりは。。。

家の娘に打ち捨てられたかわいそうなバービーたちを救うのが目的だったのに、
自分でドールにはまってしまったのが10年ほど前でした。

そのころ、主人と一緒に眺めていたオンラインのページの中に
”E-Bay”なるものを発見してしまったのが、私のドール熱に拍車をかけるきっかけとなりました。

そこで目にしたのがなんとも美しい「タイラー・ウェントワース」というアメリカのお人形でした。
いろいろとりどりの美しいお着替えのドレスに、本当の人間のような表情をしたお人形たち。。。
もう、それは子供のおもちゃの域を超えた、大人のファッション・ドールでした。

ただ、ナイーブだったのが、このお人形が40CM近い、うすらデカイモノとは知らず注文して、
届いた箱が以上に大きくてあせったことを覚えています。

Tyler Foto

このドレスは”E-Bay”の出品者(HISODOLL)さんから購入したものです。
「なんてうまく作ってあるのかしら。。。」
それから、人形だけでなくドール・ドレスにも手を広げて、私の散財が始まったのでした。

Tyler Foto

でも、ただ散財ばかりしていたのではありません!!!! 
当然自分でもお洋服を見よう見真似で作り始めました。
多くの方が「お裁縫なんて高校生以来だわ。。。」と言うように、
私も久しぶりにお裁縫箱をけることになりました。
ちなみに、この金髪のマットの着ているタキシードは自分で作りました。
(幸い、バックが黒いのであまり縫製のまずさが見えません!)

Phantom

さすがにファントムの衣装は出来合いのものです。(やっぱりね。。。)
でも、クリスティーンの着ているドレスは自作です。

近くで見るといろいろボロが出てしまうのですが、離れたところからみればまあなんとか見られるでしょう?

Phantom

男性ドールは”Basil St. John”という片目のなぞの紳士のお人形を使用しています。
私は片目のおじさんドールが好きなので、タキシードとマントを羽織った彼を見たときには、
即決で買ってしまいました。
ファントムやヴァンパイア系の怪しいおじさんのシーンにはぴったりです。

Phantom

ただ、紙粘土で苦心してこしらえたマスクはやはりいまいちでしたね。
こういうところに自分のずさんさがでてしまいます。
ドレスを作ったのが精一杯で根性がつづきませんでした。

このBIGな Tonner Doll達も昔よく集めましたので、すこしづつご紹介していきますね。

それでは、また!
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

拍手欄にコメントを下さった読者様へ

ようこそおいでくださいました! 「ブックマーク」の件嬉しいです! こちらこそよろしくお願いいたしますね! 
Tylerは以前E-Bayで その「上品さ」と「美しさ」に目覚めてしまって少し集めておりました。「衣装作り」の趣味に目覚め、型紙を購入して見よう見真似ではじめましたが大変で、近くで見ると「縫製の危うい」ものがたくさん・・・!! なんとかごまかしながら写真を載せておりますが、適度に「目をつぶって」お付き合いくださいませ!!
またのお越しをお待ちしておりま~す!!

mikonosuke | URL | 2012/07/22 (Sun) 23:33 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)