Mikos Puppenparadies 私の人形天国

5月のハンブルグ (野外撮影 再開~!)

皆様 こんにちは~!

ありがたいことに 今週いっぱい いくらか時間に余裕ができたので・・・

やらなきゃあいけないことを 
かたっぱしから 片付けております。

よりによって 週のうちに全然 余裕のないこの季節・・・
私たち 家族の日本国旅券の更新をしなくてはならなくてですね

この近くの 日本国総領事館まで 
手続きに行かなくては なりません。

しかも Mikonosukeの住んでいる 小さな OL市には
当然 総領事館なんてなくて・・・
このちかくだと ハンブルグまで 出向いていかなくては
なりません。

「 どうせ行くんなら しかたがねえ~!! 
楽しんでやろうじゃありませんか、楽しんでぇ~~!    」

・・・・・ と 書類を支度して 何故だか? ドールを一体 鞄の中にいれて・・・
暇している ダンナと一緒に ハンブルグ 一日ツアーをしてまいりましたぁ~~!   

(Mikonosuke お願い!! ドールもって 野外撮影なんて 
海外で 日本人の恥をさらさないでっ!?・・・・と 言われそうですが・・・
スミマセ~ン、 もう遅いの 先週の 金曜日に やってきてしまったのよォ~~ン!  )


5月のハンブルグ


その日の 同伴ガールは Bonjour Mademoiselle Poppy・・・

「花の都 巴里~  」に行く筈だったのが、 (行く先を間違えて?)
質実剛健な 寒いD国  に来てしまったもんで・・・

せめて ハンブルグの都会を 見せてやろうと 連れてきたのですが・・・
あまり 乗り気でないような雰囲気・・・・?

「 ・・・ スミマセン、 あたし こういう顔なんです、オーナー。 (Bonjour Poppy)  」

5月のハンブルグ


「・・・ でも、正直言うと・・・
昨日の晩 お出かけのお支度をしていたら
同僚の 小・マダムPoppyの Tres Chicさんから ちょっと
言われちゃったんです・・・。
『 あら、いいわね? ワタクシをさしおいて オーナー様と
お出かけ?? 』 

家に帰ったら 思いっきり 冷たい目で見られたりして・・・・
 ・・・ (ちょっと 沈んでる Bonjour Poppy) 」


5月のハンブルグ


嗚呼~~! 心なしか 3枚目の写真が 妙に
はかなく、虚ろに映ってしまっているのは・・・
彼女の これからの運命を 暗示しているのでしょうかぁ~~!?

5月のハンブルグ


「・・・ ちょっと どういう意味ですか?
自分で 画像処理を失敗して そうなったのに・・・
他人の人生を 無理やり 「はかない人生」みたい に
言わないでくださいね・・・? (Bonjour Poppy) 」


5月のハンブルグ

Boujourちゃんとの 小さな一日ツアーです!

続きはいつものように また 

ボタンのあ・と・で・・・


いちど Br市で電車を乗り換えて・・・
久しぶりに ハンブルグに やってまいりました・・・
(まあ、 汚い 電車だこと・・・)


5月のハンブルグ
5月のハンブルグ


これでも ここでは 「大きい駅」 のほうなんですよ・・・。  ↓
東京・横浜界隈じゃ これくらいは さほど 大きいほうでは 
ないですよね・・・。

5月のハンブルグ


ああ、ようやく、ようやく 暖かくなった・・・。
・・・と、思ったら ここには 「春」や、「初夏」・・・といった
順番がなくてですね・・・。

その日は もう「夏」 でした。

5月のハンブルグ5月のハンブルグ

5月のハンブルグ


今や、貸自転車のコーナーは              
どこにでもあって 『世界共通 の考え』 こちらが ハンブルグの市庁舎!  ↓
なんですかね・・・
5月のハンブルグ5月のハンブルグ

市庁舎の前は 広場になっていて、
その対面に ああ、これも 「世界共通」??
懐かしのスタバ?!  

悲しいことに 田舎のOL市には まだ一軒もなくてね・・・
Mikonosuke、 横浜で入ったのを最後に いままで 
「スタバ おあずけ状態」 でしたよ 

5月のハンブルグ


スタバが懐かしくて 遠い日本の生活に 
『 想ひ  』 を馳せていたら・・・

な・なんと、なんと! その頭上に
五月の風に 翻る 日の丸と~! 
黄金に輝く 『 菊の御紋 』 ~~!

( 『 君が~代~は~~・・・ 』 と、歌いたくなりました・・・
と、 ブログには 書いておこう・・・・。 )


5月のハンブルグ


領事館の担当の方は 本当に親切で
懇切丁寧な 説明と 絶やさぬ笑顔に
親身のご対応 ・・・

・・・ 久しぶりに 嬉しくなりました。
そう、日本を代表して来ている方々ですもんね・・・

(そう考えながら、 果たして 自分は海外に住む 『日本人』 として
恥ずかしくないように 出来ている??
   
・・・ ちょっと アブないかも・・・です。   反省 )



ハンブルグは ブレーメンと同様 ハンザ同盟で栄えた商業都市!
やっぱり なんとな~く 開かれた雰囲気に 包まれているのが 魅力~。
  
5月のハンブルグ

余談ですが・・・
この日 珍しいものを 目にしました。

市庁舎の前に 「とっても レトロな黒の衣装に 黒い帽子で身を固めた男の人たち」 が
大量発生? 

「煙突掃除屋さん」かと 思ったのですが、
いえいえ、彼らは D国の「 大工さん達」 なんだそうです。

5月のハンブルグ

この日はなんでも 「D国全土の 大工さんたちの集会」が
この ハンブルグで 行われていたそうです。
 
5月のハンブルグ

「・・・ ねえ、オーナー?
日の丸と 大工さんは もうこのくらいにして、
せっかく 来たのですもの。
私の撮影会を やってくださいな?
(大工さんに 夢中になっているうちに 忘れられていた Bonjour Poppy) 」


5月のハンブルグ


 「 絵になる アルスター湖 」を背景に・・・
写真を撮ろうと Poppy を持って うろうろしていると

街の中心なんだから・・・ 当然 こういう状態に  ↓
なっているわけです・・・。 (汗)

「 ドール野外撮影の心得 」・・・

心頭滅却すれば・・・ ヒトの目も また 恥ずかしからずや・・・ 
 ホントかいな ?
Min ちゃま~、 見ておられますかぁ~~?? 


5月のハンブルグ


人目を気にして なかなか 撮影が出来ないでいる私に…

「 何も 他人に これっぽっちも迷惑をかけているわけじゃないんですから
ドードーと 撮りなさ〜い、 Mikoちゃん!


そう言って 撮影を手伝ってくれる 変わった旦那です。

 5月のハンブルグ


湖沿いには 遊歩道が作られ、散歩を楽しむ人や 木陰で 風に当たる人…
マラソンに 汗を流す人… 皆の憩いの場です。

この辺の一等地なのでしょうね、
軒を並べた 建物は 有名な海運会社や 一流ホテル、高級ブティック、高級レストラン
などなど…

5月のハンブルグ


ゆっくりと 旦那と 湖の周りを 散歩します。
( 久しぶりです〜、こういう マッタリとした時間は… )

なかなか 素敵な雰囲気の橋…

5月のハンブルグ

太陽が真上に来ているときは
なかなか 日光の度合いを調節するのが難しいのですが…
撮影スタッフの「 大きな手」 で ちょっと ドールの顔の部分に
影を作るだけで

結構 簡単に 撮れてしまいます。

5月のハンブルグ


旅券ができるまで 1週間…
今週の金曜日に 今度は 子供達と一緒に
新しい パスポートを 受け取りに行きます。

5月のハンブルグ

ああ、 久しぶりに 「 自由な空気 」 を 満喫しました〜!
また 少し 元気になりましたよ〜!!




それでは また 次回まで〜〜!!





ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

miko師匠、野外撮影の極意 とくと心に刻みましたよ。でも・・・海外の方のお写真をSNSで見ると結構 野外撮影の写真がありますよね。ひょっとして日本と違って 他人のことに関心がないのかしら?と思ったりして。まあ、回数を重ねて 恥ずかしいという気持ちを薄れさせていくしかないのかな。言い換えれば 恥ずかしさを麻痺させるということですね。師匠のご主人のおっしゃる通り、悪いことしているわけではないんだから堂々としていれば良いのですよね。

旅のパートナーの煩儒(ボンジュ)ポピーちゃん、なんだかうちの子より
可愛く感じるのですが、なんででしょう?。おフランスに行くはずがD国にとのことですが、湖?運河?を背景にした写真は「セーヌをバックに」って言われたら信じてしまいますよ。なんといっても 日本よりD国の方がパリに近いんですから!

Min | URL | 2017/06/01 (Thu) 10:30 [編集]


Re: タイトルなし

Minちゃま お早うございます〜〜!

嬉しい! 見ていてくださったのね〜。 早速のコメント ありがとうございます〜〜!!

> miko師匠、野外撮影の極意 とくと心に刻みましたよ。でも・・・海外の方のお写真をSNSで見ると結構 野外撮影の写真がありますよね。ひょっとして日本と違って 他人のことに関心がないのかしら?と思ったりして。まあ、回数を重ねて 恥ずかしいという気持ちを薄れさせていくしかないのかな。言い換えれば 恥ずかしさを麻痺させるということですね。師匠のご主人のおっしゃる通り、悪いことしているわけではないんだから堂々としていれば良いのですよね。

…… 偉そうに「 極意 」 を書いておきながらね、当の私だって 本当は ドキドキ、おろおろでしたよ〜〜 ( 笑い )。
でも 「 お出かけの記念 」…というか「 旅日記」 に ドールと一緒に 風景を映しこむのって 自分にとって 楽しい思い出になっていいなあと思うようになりましたよ。 なのでこれからも ちょくちょく 折を見て 頑張ってみようと思います。

ハンブルグは D国の中でも 年に数回 バービーコンベンションの開かれる場所。 なので きっと その辺に 「 PoppyやFR 」 を集めている 人たちが 潜伏しているはずなんですよ…。 ( 現に、FRの衣装をD国ベイで 売っている人の数人が ハンブルグ 在住なんですね〜! ) 撮影の時に ニコニコ笑ってじっと Poppyを見ていた 年配の女性がいたのですが、彼女は 呆れていたのか、「 隠れドール・ファン 」 かの どちらかだろうな〜〜などと思ってしまいました。 ( きっと 「 ドールファン」だったのよ…と,思うことにします。 笑い )

> 旅のパートナーの煩儒(ボンジュ)ポピーちゃん、なんだかうちの子より
> 可愛く感じるのですが、なんででしょう?。おフランスに行くはずがD国にとのことですが、湖?運河?を背景にした写真は「セーヌをバックに」って言われたら信じてしまいますよ。なんといっても 日本よりD国の方がパリに近いんですから!


…… 購入当初は 衣装目当て…という感が強かったのですが、だんだん この「 地味めな彼女 」 に馴染んできましてね、今では結構 お気に入りデス。 華やかな 美しい美女が多い中 時には こういう 「 谷間の白百合」的な ひっそりとした 目立たないけれど 真面目そうな 清楚なコがいて ホッとします。 彼女には ( いかにせん 地味なんで… ) 等身大の 着こなし…とでも言いましょうか、お洒落着ではなくて 普段着を 着せて 楽しめるのが いいですね。

本当はね、もっと 「 美しい建物」 や 「 素敵な カフェ 」 なんかを背景に 写真を撮りたいのですが、そういう場所には 人がウヨウヨしているでしょう? まだまだ 今回は そこまで 勇気が持てませんでしたよ。 ( ウムム、精進が足らんの… と、言われそう 笑 )

mikonosuke | URL | 2017/06/01 (Thu) 16:02 [編集]


ああ、mikonosukeさん!!

真っ赤ないちごとさくらんぼ、みずみずしい白アスパラガスが懐かしいReyです。
D国の初夏は長持ちしますよね~^^;
こちらは一気に暑くなってもうすぐ梅雨入りですわ。
四季じゃなくてもはや二季の国。雨季と乾季じゃなくて暑季と寒季ね^^;
儚げなPoppyちゃんはハンブルグを楽しんでくれたかしら??確か~に、先輩のイヤミがチクチク心に刺さっているような印象のお顔ですね(でもこういう子が愛されるのですよね、光源氏のお母様のように)。
ひとつ前の手作りドレスの記事も堪能させて頂きました。
忙しくても、いやそれだからこそチャチャッと作り上げちゃうmikonosukeさん、素晴らしいです!!ワタシは今度は我が家のリフォームと歯医者通いが重なって、ちょっとドールに触る時間も気力もありませんのです。はやく復活したいわ~って、こればかり^^;

そうそう、研屋の源さん、じゃないや、ウルさんのシリーズ終わるんですってね。
mikoさんのドール小話で知ったので残念ですv-406
でもまあ、俳優も老けるし時代も変わるし仕方がないか・・・。
自分が老けるまえにドール紙芝居、本当に復活しないとね~^^;

Rey | URL | 2017/06/03 (Sat) 15:38 [編集]


Re: タイトルなし

Reyさん お久しぶりでございます〜う!
>
> 真っ赤ないちごとさくらんぼ、みずみずしい白アスパラガスが懐かしいReyです。
> D国の初夏は長持ちしますよね~^^;
> こちらは一気に暑くなってもうすぐ梅雨入りですわ。
> 四季じゃなくてもはや二季の国。雨季と乾季じゃなくて暑季と寒季ね^^;
> 儚げなPoppyちゃんはハンブルグを楽しんでくれたかしら??確か~に、先輩のイヤミがチクチク心に刺さっているような印象のお顔ですね(でもこういう子が愛されるのですよね、光源氏のお母様のように)。


…… よりによって 忙しくて 「 キ〜〜っ!!」 となっている時に限って こういう お金と 時間のかかる義務が 襲ってくるもんなんですよね〜〜。 行って参りましたヨ〜 H.H…。 この地に足を踏み入れた時に Reyさんのことを 思い出してました〜〜。 「 ああ、ここに Reyさんご一家は 滞在しておられたのだな〜〜」…と。なので 拙い写真ではありますが もし Reyの お目に止まったら 少しは 「 懐かしんでもらえるかしら…v-344」 などと 思い、頑張って撮って見ましたの〜。

実は なぜだか 最近 この 珍しいほど 「 地味めな Poppy」 を 気に入っております。 華やかな美女ばかりだと どうも 「 研を競って」 みんなが ツンツンしてるように見えてしまうのはホントです〜〜! ( そうか かの帝も そう言う 境遇におわしたんで、だから 儚い か弱い 桐壺の更衣に 心奪われた…ってワケなんだ! なんか 妙に納得。 )

> ひとつ前の手作りドレスの記事も堪能させて頂きました。
> 忙しくても、いやそれだからこそチャチャッと作り上げちゃうmikonosukeさん、素晴らしいです!!ワタシは今度は我が家のリフォームと歯医者通いが重なって、ちょっとドールに触る時間も気力もありませんのです。はやく復活したいわ~って、こればかり^^;

…… いやや、今回は 本当に 切羽詰まっておりまして、一触即発… どころか すでに 小爆発 を数回 起こしておりました。それでも 「 終わりがまだ見えてこない…」 と言うのは 残酷です。生真面目に 「 義務が終わるまで 『 お針子断ち』 」… なんて 最初は考えてましたが 途中で 「 そんなことばかりして 「 禁欲状態 」 が続いたら アタシハ 狂う! 」…と思い、 サッサと 方向転換しましたヨ〜〜 。特に私の住んでいる町は 本当に田舎で、「 小洒落たお店」とかも 「ドール用品に使えそうな面白い品を扱っているお店」 とかも ほとんどないので 娯楽が 皆無なんですね〜〜。 そう、 地味だけれどね…「 お針子 」 は 本気で 「救い」 なんですよ〜〜。

> そうそう、研屋の源さん、じゃないや、ウルさんのシリーズ終わるんですってね。
> mikoさんのドール小話で知ったので残念ですv-406
> でもまあ、俳優も老けるし時代も変わるし仕方がないか・・・。
> 自分が老けるまえにドール紙芝居、本当に復活しないとね~^^;


…… ウチの倅はもう あの ウルさんの最後のお話を 見て来たようですが、こっちに来て 「 流行りの映画 」 情報にさえ 疎くなっちゃいました。 ( これっていけないよね〜〜) 良くないのは 「 インプット 」 がすくなると、自然 「 アウトプット 」 も お粗末になってくるんで 心身ともに 老けこまないために いつも 最前線のモノに触れているようにしないといけませんね〜〜。反省、反省…

「 お家のリフォーム」!? 手先の器用なReyさんなんで 「 まさか ご自分で…? 」 なんて 考えてしまいました? 1/1 の 本物の生活に手をかけなければいけない時は 1/6の方はチョット 無理ですよね〜〜。 そう言う時は 長いモノに 巻かれて マッタリ 構えているより他 ないですよ〜。 大丈夫、ドールは 役者のように 年を取って シワが出て来たりしないから! できることをして 適度な息抜き、楽しみを 忘れないようにするのが 大切ですよ〜〜!

あまり ご無理のないように〜〜!
ではでは〜〜

mikonosuke | URL | 2017/06/04 (Sun) 07:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)