Mikos Puppenparadies 私の人形天国

試作 悪ノリ時代劇~!! その4 研屋のウルさん

皆さま こんにちは〜〜!

実家の母から届くメールが 「 春の到来 」 を知らせるものばかり〜〜!
せめて 日本の青空を思い出しながら
今日の記事をお届けしたいと思いま〜〜す。

さてさて
お江戸の町の 「 不穏な動き 」 を懸念して
人気のない路地裏で 「 闇の稼業 」 の御同僚お二人が
ひとつ 「 探り 」 入れてみようと 思い立ったのが
前回のお話……

八丁堀の旦那から言い付かって
早速 情報集めに動き出したのが 通称 「 ウル公 」 の
この 「 研屋のウルさん 」 ↓

( 「 刃物 」… と聞いたら このヒトしか思い浮かばなくてね…
フフフ、慧眼なる読者様なら この意味 ようお分かりになりますでしょう?

まあ、それにしても 職人風のお姿も なかなか板についておりませんか?
やっぱり いいオトコ は 何を着ても イカしておりますね〜〜 )



試作時代劇4


… なんでも お江戸の時代には
脇差、短刀などを研いで ご商売になすっていた 「 研ぎ師 」
…というのと、
家庭一般の刃物を研いで 生活の糧としてた 「 研屋 」 という
ご商売があったそうで…。

試作時代劇4


でも ここは ゆるい Mikonosuke お江戸ワールドの中だけのこと…
あんまり 時代考証に合ってない部分もあるかとも思いますが
ひとつ その点は ご容赦 お願いいたしまする〜。

試作時代劇4



「…… 勝手口は たしか この裏手の方だったな…
( 研屋のウルさん ) 」


試作時代劇4


ウルさんが入っていったのは どこぞの厨房のようです。

「 ごめんなすって、研屋でござんす。
御用聞きで お邪魔させてもらってます。
切れなくなった包丁はござんせんか?
( ウルさん ) 」



試作時代劇4


「 は〜〜い! 」と、中から女の声が聞こえ…
廊下をパタパタ こちらへやって来る音が聞こえます。

試作時代劇4


さてさて 誰が出迎えてくれるんでしょうかね〜〜?

今日は 「 大人タッチ 」 の描写も (… 大した事ないけれど… ) 出てまいりますんで
続きは 畳みます〜〜。
(…… って言っても いつもの事ですがね〜〜!! )


「 アラ、お前さん ウルさんじゃないか?
久しぶりだこと…… ( 目を輝かせ、頰を紅潮させる 女 ) 」


ご存知 日本髪を結って 「 和風美人」 のドール女優に
変身した、 ラクエルドールの「 お楽さん 」 です。( 笑 )


試作時代劇4


「 女将さん 、お久しぶりでござんす。
その節は 女将さんに 随分 お世話になりやした…。 ( ウルさん ) 」


試作時代劇4


「 アラ、嬉しいよ! 忘れないでいてくれたんだね?
( 女将の お楽さん ) 」


ウルさんはどうも 料亭「 楽得( ラクエル ) 」 の女将 お楽さんと
「 古い知り合い 」 だったようです……


……… ちなみに 今、気がついたんですが、どうも 背景の 黒い桶の辺りに
「 小さな矢印 」 が 写し込まれていたみたいですね… あ〜〜あ、


試作時代劇4


「 他人行儀な言い方はやめとくれよ… ( あたしと アンタの仲じゃないか?)
「 お楽 」って呼んどくれよ…。
アンタも 仕事に精が出るね…? ( 女将・お楽さん ) 」


試作時代劇4


「 お楽さんのところは いつも 商売繁盛だ。
美人の女将が切り盛りしてりゃ お客が途切れねえのも ムリもねえ。

板さん達にも シッカリ 腕を振るって貰わねえといけねえから
「 切れなくなった包丁 」 があったら 全部出しておくんなせえ、
俺が綺麗に仕上げておきますぜ。
( 顔の割に 話の上手い ウルさん ) 」


試作時代劇4


「 嬉しい事言ってくれるじゃないか。
そういうところは 昔のまんまだね? ( 見つめる眼差しがほんのり 緩む お楽さん ) 」


試作時代劇4


「 それじゃ ちょいと そこの縁側のところで
待っていておくれよ…
「 なまくら 」 になっちまったモンがいっぱいあるんだからね…
( 女将 お楽さん ) 」


試作時代劇4


ウルさんが 道具箱を開けて、桶に水を張り 砥石を入れて待っていると…
お楽さんが 包丁以外にも 色々な刃物を集めて
持ってまいりました

「 随分長い間 来てくれなかっただろう?
『 切れ味が落ちちまったモン 』 が いっぱいあるんだよ… ( お楽さん ) 」


脇差に、短刀、十手に 鎖がま まであります…
お楽さん、「 戦の準備 」 でもしてるんでしょうか? ( 笑 )


試作時代劇4


「 『 離れ 』 の方にも まだあるんだよ、
この際だから みんな頼んでもいいだろう、ウルさん ?
( お楽さん ) 」


女将さん、ウルさんに 長い間 居てもらいたのか
家中の刃物を探しに また 席を立ちました。


試作時代劇4


「 …… 随分 あるな……… 」

試作時代劇4


「 ホントはよ… 『 砥石 』 なんかより

コイツを使えば 一発なんだがよ……
久しぶりに 気分がいいぜ……

( 輝く 「 アダマンチウムの 三本の爪 」 をかざすウルさん ) 」



Wolverine って 江戸時代も 日本に来ていたのかって?
…… どうなんでしょうね〜 …



試作時代劇4


「…… でも コイツを見られて
お楽さんに逃げられちまったら 元も子もねえしな……

( シャキーンと音を立てて 早々に 爪を引っ込める ウルさん ) 」


試作時代劇4


包丁を研ぎながら 世間話に耳を傾けるウルさん……

「 … 最近 この近くで 「 かどわかし 」が頻発しているっていうじゃありませんか?
しかも「 評判の美人 」とか 若い娘が何人も…
マッタク 世の中 どうなっちまって いるんですかね… 。」


試作時代劇4


「 俺の知り合いの 近所に住むおかみさんも
ここ半月ほど前に急に姿が見えなくなっちまって、
亭主も子供も 途方に暮れているって話ですよ… 、

「 おりんさん」っていって 近所でも 「 評判の美人 」
だって… ( ウルさん ) 」


… うまく 鎌をかけて アレコレ聞き出そうとするウルさん…


試作時代劇4


「 その『 おりんさん 』 なら ウチで仲居の仕事をしてもらっていたのさ…。
私も 驚いたんだよ、あんなに 真面目に勤めてくれていた人が
急に 来なくなっちまったのは 何か あったに違いないってね……。
( お楽さん ) 」


試作時代劇4


「… でも なんて言ったって あの「 器量 」だろ?
『 おりんさん目当て 』 に ウチを贔屓にしてくださる上客も
何人かいてね… 私も 正直 チョイと 困っていたのさ…。

本人は イヤがっていたけれど、客にどうしても…って言われたら
おりんさんに 頼むしかなくってさ…。
( 女将 お楽さん ) 」


試作時代劇4


「 へえ、『 おりんさんに ご執心の客 』 がいたって言うんですかい?
( 耳をそばだて 険しい表情になる ウルさん ) 」


試作時代劇4


「 よく ご贔屓にしてくださったのが 廻船問屋の 水玉屋さん。
あそこは なんて言ったって 今や 「 飛ぶ鳥も落とす勢い 」 だからね…。
お偉いお武家様みたいのを連れて お忍びで よく 来られたよ。

その度に おりんさんご指名でね … 。
( 女将 お楽さん ) 」


試作時代劇4


ウルさんが もっと詳しく 探りを入れようとすると……

うん、もう! さっきから聞いていれば
『 おりんさん 』のコトばっかりじゃないか!
( おヒスを起こして ウルさんに迫る お楽さん )


試作時代劇4


「 なんだい? 久しぶりに会ったっていうのにさ。
お前さん 、おりんさん以外には 興味は無いって言うのかい?
(スネて ソッポを向く お楽さん ) 」


試作時代劇4


アラ、困った! まだ 聞き出したい情報が あるのに!?
…… でも こういう時は 慌てず、騒がず…


「 俺が心配してんのは アンタの事だ、お楽さん…

試作時代劇4


「 お楽さんみてえに 「 可愛い女 」 がカッ拐われちまったら
どうしようかって… だから そうなる前に…


試作時代劇4


「 嬉しい〜〜! ウルさん!そうだったのかい?
なんでも 聞いとくれよ! お前さんには なんにも 隠さないからさ〜〜


ウオッ…… ( 押し倒される ウルさん ) 」

試作時代劇4



「お・お楽さん・・・・
いくらなんでも いけねえよ ・・・ (まだ、日も高けえってのに・・・・)
( 計算外のお楽さんの反応に 腰を抜かす ウルさん )


「もう、意気地のない事 お言いでないよ!
(お楽さん)」



試作時代劇4


「放っておかれて 『 切れ味が鈍っちまう 』 のはね、
なにも 刃物だけじゃあ ないんだよ   
(お楽さん)」





いとも簡単に 組み敷かれてしまったウルさん・・・!?
「 世界最強の狼男 」 よりも 強い女がいたなんて!?


…… 分かってますってば…
「 良い子のブログ 」 どころか
「 妖しいブログ 」 まっしぐらだってんでしょ?
← 開き直りの笑み



それでは また 次回まで〜〜!!





ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ラクエル改めお楽さん、とってもいいお顔です。まつげも良い!こんなに美人でしたかね?きっと日本髪がすごく似合ってるからデフォより魅力的に見えるんでしょうね。
それにしても見かけによらず大胆な女将さんだ(笑)
大人な展開になって…いや~ん、ウルさんどうなるの?(笑)
続きをまた楽しみにしております~!

リオコ | URL | 2017/03/07 (Tue) 17:37 [編集]


Re: タイトルなし

リオコさ〜〜ん、コメント ありがとうございます〜〜!

> ラクエル改めお楽さん、とってもいいお顔です。まつげも良い!こんなに美人でしたかね?きっと日本髪がすごく似合ってるからデフォより魅力的に見えるんでしょうね。
> それにしても見かけによらず大胆な女将さんだ(笑)
> 大人な展開になって…いや~ん、ウルさんどうなるの?(笑)
> 続きをまた楽しみにしております~!


…… こんな 「 妖しい?ブログ 」 になっても 応援コメントを投げかけてくださる リオコさんの優しい お心遣いに感謝です〜〜!( 笑 ) v-22
お楽さんのまつげ、 長いですよね〜。 コレでも まだ ハサミでカットしたくらいなんですよ〜。 さすがに 「 アジア系乙女」なので 「 日本髪のスワリ 」がいいように 私も 感じます。 ( なんだか 普通のロングにしておくよりも 「 面白くなった 」…と
感じておりますよ〜。 )
「 必殺シリーズ 」 は こういう「大人タッチ 」 なシーンが よく出てきていたので 今日のところは 「 仕方なかった?!」… ということで 軽く 見ておいて下さ〜い。 ( 笑 ) ……… えっ? Mikonosukeめは 実は 結構 楽しんで 記事を書いていたんじゃないかって?!v-401 いえいえ、 そんなワケないじゃないですか…… v-413 ( 笑)

暇ができたら 男物の 着物も 縫って見たいな〜〜などと最近思っております。( 水玉模様… とかではなくて 素敵なのをですよ。 ) 先週 「 健さん 」 の映画を見てしまって 和服のカッコ良さに 目が点になっておりました。 ( ああ、やっぱり 任侠モノか… と、ため息が聞こえてきそうですが… 笑 )

この後をどう続けていこうか ただいま思案中で〜す。
家事 も仕事 もたまったままなのに 遊んでばかりいる 私です〜〜。

ではでは〜〜!

mikonosuke | URL | 2017/03/07 (Tue) 20:47 [編集]


おおっと!
予想外の展開に!!

切れ味が鈍ったお楽さんをどう研ぎなおすのかウルさん。
次の展開にドキドキ。

それしてもウルさん、和服姿結構似合いますね。
研ぎ屋って設定も違和感無いし(笑)

お楽さん。。。
切れ味が落ちた刃物に鎖がまとかの武器まであるんですが
彼女の正体は一体。。。。必殺〇〇人のお方?(笑)

続きを楽しみにしてます♪

杉さん | URL | 2017/03/08 (Wed) 17:26 [編集]


Re: タイトルなし

杉さん〜〜! コメント ありがとうございます!

> おおっと!
> 予想外の展開に!!
> 切れ味が鈍ったお楽さんをどう研ぎなおすのかウルさん。
> 次の展開にドキドキ。


…… お楽さんの 気になる 発言で幕を閉じておりますが…
そこは ホレ、「 仕事人 」 のウルさん! 必要な情報が手に入るまで……… ねえ? ( 笑 ) ( あとは 聞かない約束ですよ〜〜 v-510v-319 )

> それしてもウルさん、和服姿結構似合いますね。
> 研ぎ屋って設定も違和感無いし(笑)


…… ( ウン、ウン、… ) 顔がいかにせん 和風ではないので どうかとも思ったんですが、意外に ウルさんの和装、大丈夫でしたね〜〜。実は この着物の下に 「 腹掛け 」 をしていて、 仕事をしているシーンは 背中や 肩から 太い腕まで 思いっきり 顕に出ている そのスタイルで いこうと 思っておりました。でも それだと ちょっと v-344 v-344 過ぎてしまうような印象があったので、せっかく縫った腹掛けスタイルは 途中で ボツにしてしまいました〜 。( こう見えても Mikonosukeは 結構 マジメなんすよ v-206 マジメ!! 《笑》 「 マジメなヒトが こんなブログを書くもんか〜!v-403 」 と 言われてしまいそうですが〜〜 )
彼の職業は ウルさん自体が 「 鋼鉄の爪を持つ男 」 … という理由もあったし、時代劇の方でも 「 かんざし職人」 が 商売道具のきらめく「 かんざし」で 最後を決めるシーンもあるので なんだか 似たようなものなんでいいかな〜〜なんて思って そういう設定にしてみました〜〜。

> お楽さん。。。
> 切れ味が落ちた刃物に鎖がまとかの武器まであるんですが
> 彼女の正体は一体。。。。?(笑)


…… フフフ、お楽さんは 「 裏の稼業 」 とは 縁もゆかりもない設定ですが、 「 刃物 」 を準備する段階で ウチには 「 ミニチュア・包丁 」 が 一つも 無かったことが判明して しまいました。 お侍の持参品の 脇差、なぎなた、十手、それと忍者もいるので 「 鎖鎌 」 なんかは あったのですが、一般家庭にあるような普通の 包丁が 一つもありませんでした。( 涙〜 何やってんですかね、私も … …… ) なので 「 枯れ木も山の賑わい」……… とばかり、なんでもいいから 「数」で 誤魔化そうと 並べるだけ並べた…というわけで〜す。

なんとか終わりまで 頑張りま〜〜す!
ではでは〜〜

mikonosuke | URL | 2017/03/08 (Wed) 21:51 [編集]


mikonosukeさ~ん、爆笑しながら拝見いたしましたv-411v-411v-411
これぞ『オトナの時代劇』の王道ですな~^^;
2年前にケーブルTVにして以来、旦那が『時代劇チャンネル』他、いろんな局の時代劇の再放送を録画して観ているんですが、まあ60年代・70年代のオハナシの「お子様置いてきぼり感」が凄い、と再認識しておりまする。色っぽいシーンもいっぱいでね~、
大丈夫、こんなの序の口だからもっとやって!!(え?)
mikonosukeさんの江戸言葉の気っ風の良さが良いですね~v-398
研屋のウルさんも役にハマっていてカッコいい♪
ま、そこそこにして(?)情報収集するんでしょうけど、八丁堀の旦那が羨んでイヤミを言いそうですね~^^;

お楽さんに飛びつかれてひっくり返っている図がなんど観ても可笑しくて笑いが止まりませ~んv-411v-411v-411

Rey | URL | 2017/03/10 (Fri) 03:14 [編集]


「 お子さま おいてきぼり 時代劇〜〜い 」

Reyさんの この表現 ↑ に 大笑いでした。 ( うまいな〜〜!v-411 なんて 見事に 言い当てているのかしら〜〜!!)

> …… これぞ『オトナの時代劇』の王道ですな~^^;
> 2年前にケーブルTVにして以来、旦那が『時代劇チャンネル』他、いろんな局の時代劇の再放送を録画して観ているんですが、まあ60年代・70年代のオハナシの「お子様置いてきぼり感」が凄い、と再認識しておりまする。色っぽいシーンもいっぱいでね~、
> 大丈夫、こんなの序の口だからもっとやって!!(え?)


……… ありがとうございます〜〜。 長くお付き合いいただいているReyさんなればこそ…、Mikonosukeの「 悪癖 」…といいますか、「 困ったトコロ 」 まで そのままお許し下さるので 嬉しいですウ〜〜。v-442 v-442 私もね、以前の番組を色々見てはちょっと 研究しておりましたが、 特にこのシリーズは 「 毎回 ほとんど 必ず 一回は 」 …と、言っていいほど この手のシーンがありましたよね〜〜。 ( そのせいか、放映時間が 夜の 9時以降 だったように思います〜〜。 ) 《 良い子は もう、就寝時間の筈? だったのでしょうか〜〜? v-407


> 研屋のウルさんも役にハマっていてカッコいい♪
> ま、そこそこにして(?)情報収集するんでしょうけど、八丁堀の旦那が羨んでイヤミを言いそうですね~^^;
> お楽さんに飛びつかれてひっくり返っている図がなんど観ても可笑しくて笑いが止まりませ~ん


……… 恐るべき Reyさんの洞察力!……というか、このお話の傾向が分かりきっている!? v-405
実はそういうシーンを予定しておりましたのよ… 当初は。( 八丁堀に からかわれる…というか、イヤミをかませられるというか… ) お話の最後にそのシーンを入れて締めようと思っていたのですが、いかにせん写真が多すぎて 「 お楽さんの 問題発言 !? 」 で 敢え無く 幕切れとなってしまいました〜〜。 ( イヤ〜〜ね〜、もう、私たち 考えていることが 段々 似てくるんでしょうかねえ〜〜?? ( 笑 ・ 私のようになっちゃあ ダメですよ〜、Reyさん! ) 」

私の持っているフィギュアで 「 こういうお役」 が出来そうなのが ウルさんくらいしか思いつきませんでした。 もちろん 」 兵隊ドール 」 はダメだし、FR Hommeだと美しすぎて、 雰囲気が真面目すぎて、シャレにならない印象がありました。このウルさんは 「 X-Men Samurai 」 のモノなので、実は 彼の所持品として 日本刀も付いております。 ( あまり 必要ないようにも 思いますがね… ) 髪が黒いせいか なんとなく 時代劇にも うまく 馴染んでいたようですね〜〜。

mikonosuke | URL | 2017/03/10 (Fri) 19:59 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)