FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Belle Dress 三昧 〜〜!!

皆さま こんにちは〜〜!!

連休最後の今日 いかがお過ごしになられましたか〜〜?
今回は お天気に恵まれたので お出かけを楽しまれた方も
多かったと思います。

Mikonosukeは何をしていたかと言いますとね…
普通の「 おさんどん」 。
子供達の学校は D国のカレンダーで運営されてるもんでして
我ら家族は 普通ーに 早起きして 子供を学校に送り届けて
母はのんきに 「 飯炊き」と それと…… 「 お針子 」 !!

そんな訳で 連休最後の今日は
久しぶりに 「 お針子日記 」 で決めてみたいと思いま〜〜す!!


久しぶりに 訪ねてまいりましたのが
お針子職人 ・ コーデユロイ姉妹の お針子工房があります
バービー・ ワードローブトランク

「 あら、オーナーさま お久しぶりでございますこと。
( 姉・ アオコさん ) 」


「 お二人に またお願いがあってまいりましたよ。 ( オーナー・ M ) 」

Belldress 三昧 〜〜!!


「 …… あなた達なら コレをご存知ね? コレを 色々な色で作ってほしいんですよ!
( オーナー・ M ) 」


「… コレは ヴィンテージの " Belle Dress " ですわね?
( 姉・ アオコさん ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!


「… あの、オーナーさま。 お言葉を返すようですが……
もう このドレスなら すでに 色々な色柄で ご用意がございますわよ?
( 妹 ・ ミドリちゃん ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!


「 会社は違いますけれど こちらの3色セットも 同じ型のドレスです。
( …… これ以上、 まだ 何が欲しいのかしら??? )
( 妹・ミドリちゃん ) 」


「 Mikonosukeはね、 この形で 違う色のモノがほしいのよ!
型紙から 作ってちょうだいね! ( オーナー・ M ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!

「 また レプリカの製作ですか??
オーナーさま、たまには 何か 新しいモノを 作らせて下さい!
( レプリカが気に入らない 妹・ ミドリちゃん ) 」


「何を怒っているの ミドちゃん?
さあ、 作業を開始するわよ? ( 姉・ アオコさん ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!


レプリカ製作が気に入らず ぶつくさ言う妹をなだめて
作業をする姉

「 オーナー様も可愛いじゃないの?
どうしても このドレスの型紙が欲しいなんて。
色々な色で作って 喜ばせて差し上げましょう?
( 気のイイ姉 ・ アオコさん ) 」


「 どうして いつもレプリカなの?
そんなに 同じものを たくさん作って 楽しいのかしら?
( 納得のいかない ミドリちゃん ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!


「 オーナー様は 私たちの 『 創造性 』 を 信用していないのよ!
だから こんな『 既製品 』 の複製ばかりを依頼して。
こんなことばかりしていたら 私たちの技量だって
進歩しないわ!!
( 職人の誇りが許さない ミドリちゃん ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!


「 あら、 私は そうは思わないわ。
ドレスの構造を検証して 基本に立ち帰ることは
決して 無駄であるとは 思わないわよ。
進歩のためには それなりの下地も大切なのよ。
(さすがは 練れておられる… 姉・ アオコさん) 」


Belldress 三昧 〜〜!!


「 さあ、色々な生地で試してみましょう!
もしかしたら 面白い発見もあるかもしれないわよ?
( 作業台に 布地を広げるアオコさん ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!

…… 自分で書いておいて言うのもなんですが……
姉妹でこういうお仕事が一緒に出来たら
さぞかし楽しいかも……なんて 思ってしまいましたよ。


それでは 続きはいつものように

ボタンのあ・と・で……

さてさて 数日が過ぎて……


「 およびたてして スミマセンでした、 Agnes様。
今日はどうしても Agnes様 の御一族に
試していただきたいと思いまして……。 ( アオコさん ) 」


「 いいのよ、 わたくしにも 『 鍛えなければいけない新人』 が数名いてね…、
ちょうど良かったわ。 ( 早速 今日の作品を試着しているAgnes Royal Weiss様 )



Belldress 三昧 〜〜!!

i - Pad 撮影なので あまり鮮明な画像ではありませんが
とても細かい 千鳥格子の生地を使用しております。

Belldress 三昧 〜〜!!

…このところ
不出来な新人に 厳しく対応する 「 お局・ Agnes 」 の役に
ハマってしまっておりましたが……

やはり素敵ですよ〜〜! Royal Weiss様〜〜

「 当たり前のこと、言わなくても 結構よ。 ( Royal Weiss様 ・ 小声 ) 」


Belldress 三昧 〜〜!!

「 さっ、 新人のアナタ。 ドレスをお披露目してご覧なさい。
( 生意気な子ね! この ワタクシ よりも お金がかかっているなんて信じられない?)
( Royal Weiss様 お局役 発揮 ) 」


「 ……………………………………………………………
( 新人ジャンクちゃん ・ 仏頂ズラ) 」



Belldress 三昧 〜〜!!


単純な 黒のコットンです。
失敗が目立たないので 練習用に縫っても まあまあの出来に見えますよ。

Belldress 三昧 〜〜!!

色白で いくらか顔色のすぐれない彼女には
濃い 紫色が似合うのですが 最寄りの生地屋さんで入手できませんでした。
( 次回、ぜひ 一着彼女に作ってあげようと思います。 )

Belldress 三昧 〜〜!!

前々回の記事で登場した 「 Little Black Dress 」 のように
両肩部分に 小さい リボンを飾りでつけても可愛いですね〜〜。

Belldress 三昧 〜〜!!


さてさて デビュー後、 今回 初めて 再登場を果たした 次の新人は…
Aristocratic Agnes様… ( 新人っぽい雰囲気はあまりありませんが… )

Belldress 三昧 〜〜!!


彼女の衣装は 黒と千鳥格子を合わせたスタイル。

Belldress 三昧 〜〜!!


通常は ウエストのリボンを 切り替えの下 ( スカート部分 ) に付けるのですが
リボンの存在を主張するために 身頃の部分に付けてみました。

Belldress 三昧 〜〜!!

FR2 ボディでも 問題なく着れますが
足の長い FR2 の子に このスタイルを着せると
リボン位置のせいで 脚が長く見え過ぎる可能性も……?

Belldress 三昧 〜〜!!


次のお二人には モノトーンのコットン生地で…

なんだか 同じ型紙でも いきなり 「 可愛い雰囲気 」 に
なりますね〜〜。 ( これぞ バービーちゃん用! …という感じ? )

Belldress 三昧 〜〜!!

Belldress 三昧 〜〜!!


さてさて まだいきます。

次に登場いたしますのは 「 黒 + 千鳥格子 」 の 別バージョン!

オフィスとかにも着ていけそう? ですかね。

Belldress 三昧 〜〜!!

Mikonosuke リペイントの 第1号・ステファニーちゃんが
ヘアをまとめて 試着しております。

Belldress 三昧 〜〜!!

同じスタイルの服でも 着る人の雰囲気と 使う生地で
まるで違うイメージになりますね〜〜。

Belldress 三昧 〜〜!!


そして こちらが今日の最後…

今度は 光沢のある生地を使って……

( コレだけ スカート丈が 1cmほど 短めに出来ています。 )

Belldress 三昧 〜〜!!

ウエストにリボンではなくて ベルトを使用しても素敵ですね〜 ( きっと… )

Belldress 三昧 〜〜!!

ちょっとした パーティなんかにも
着ていけそうですかね……。

Belldress 三昧 〜〜!!

しばらく このAgnes様とも遊んでおりませんでしたが…
やっぱり美人ですね〜

Belldress 三昧 〜〜!!


…と 今日は こんな具合で

Belle Dress 三昧を ご覧いただきました〜〜!!

Belldress 三昧 〜〜!!

皆様は どのドレスが一番お気に召しましたか〜〜??


それでは また次回まで~~!


ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

mikonosukeさん、お久しぶりです!!!
このドレス、いいですよね~!!!!!
型紙から起こしてレプリカを作ってしまわれるなんて素晴らしいv-352
バービーのビンテージデザインはやっぱりシンプルでエレガントで
著名なドール服作家さんが繰り返し復刻されていますよね♪
私もバビに着てもらいたいと思いつつ、なかなか入手できませんv-406が、
作っちゃえばいいのね!・・・って作れればね^^;
私、生地選びでつんのめったまま先へ進めないんです。あと生地端の始末。
このドレスをオールアグネスでご披露されて、大感激でした♪
私も早くドール遊びに戻りたいっ!!
あとちょっとなんですけどね~^^;

Rey | URL | 2015/09/24 (Thu) 10:15 [編集]


Re: タイトルなし

Reyさん おはようございます! コメント ありがとうございます!

> このドレス、いいですよね~!!!!!
> 型紙から起こしてレプリカを作ってしまわれるなんて素晴らしい
> バービーのビンテージデザインはやっぱりシンプルでエレガントで
> 著名なドール服作家さんが繰り返し復刻されていますよね♪


…… いいですよね〜! 私も ビンテージもの 大好きです! シックなスタイルで、お人形のフィット感もバツグンですしね〜。
衣装の構造を検証していて感心してしまうのは、 とても 合理的かつ、無駄が少なく、それでいて綺麗に見えるモノを考案しているんですよね〜。 まあ、大量生産するのに その点をクリアしなければ 商売として 実現しづらかっただろうしな…とも思うのですが それにしても たいしたもんだ!と、 思ってます。


> 私、生地選びでつんのめったまま先へ進めないんです。あと生地端の始末。
> このドレスをオールアグネスでご披露されて、大感激でした♪
> 私も早くドール遊びに戻りたいっ!!


…… 「 生地端の始末 」 は 私にもテーマです。 端ミシンや ジグザク いろいろやってみましたが なかなか 上手くいきませんね〜。
薄手のコットンなら 縫い代を少し多めに取っておいて 2回 折り込んで 端ミシン……というやり方でやっちゃってますが…。

気がついたら Agnes族が 一番増えてました。 今回は たくさん縫ったので いちいち着替えさせるのが面倒で いろんな子に着せて一気に 撮影してしまいましたよ。 ( 着せ替え人形を趣味にしていて 「 着せかえが面倒 」 とは どういうことだ?と言われそうですね〜〜。 ( 笑 ) )

リオコさんも 無事に 「 ご帰還 」 遊ばされたので Reyさんも 早く「 ドール遊び 」 に戻っていらっしゃいましよ〜! ( 楽しいわよ〜〜!! ) 「 行きつけのお店」 が 開いていると いろんなところに立ち寄って ついつい買い物しちゃうのと同じで 皆さんが お戻りいただいて ブログが あちらこちらで 華やぐのを 心待ちにしているMikonosukeで〜〜す!

mikonosuke | URL | 2015/09/25 (Fri) 00:14 [編集]


ご無沙汰しております。

美人揃いのアグネス族に圧倒されました。豪華ですね。
個人的にはAristocratic Agnes様が着ている黒と千鳥格子を合わせたスタイルが一番ビビッと来ました!リボンの位置を変えるだけでこんなに雰囲気が変わるんですね。すごくお洒落です。
素敵なデザインの服は時代が流れて「素敵」です。

コーデユロイ姉妹の会話のやりとりがとても面白かったです。それぞれの衣装作りへの考え方(価値観?)は違う姉妹ですが、作りへの情熱は一緒ではないでしょうか。素敵な姉妹です。

お局役のRoyal Weiss様のOptic Verve アグネスへの嫌みの言葉「この ワタクシ よりも お金がかかっているなんて信じられない?」に
吹いてしまいました。可愛らしい方ですね。

zoa0227 | URL | 2015/09/25 (Fri) 04:31 [編集]


素敵な挑戦ですね~!ベルドレス、どんどん進化しているではないですか?!

モデルさんもとっても素敵。ドレスが映えますわね~!
私個人は最後のアグネスさんにラブ^^ 「お嬢様、お気に召しまして?」と言いたくなります。

型紙作りは大変ですよね。ちょっとした調整に何回も図面を引き直し、これでいいかな、と思って実際作ってみても、少しづつ修正が必要になるんですから~。でも、ぴったり仕上がるとこれがまた、快感なんですね~!

お針子シリーズ、楽しみにしています。今度は何かな?

うらら | URL | 2015/09/25 (Fri) 05:43 [編集]


Re: ご無沙汰しております。

zoaさん お久しぶりで〜す

連休が終わって 「 やれやれ… 」 の お母さんのお忙しい日々…。 大変ですよね。 季節の変わり目で いきなり寒くなったりしてきているので お互い 体調管理、気をつけましょうね。 私は 子供が小さかった頃は 風邪ばかりひいておりました ( 子供でなくて 私が… 疲れが溜まっていたのですね〜、きっと )

> 美人揃いのアグネス族に圧倒されました。豪華ですね。
> 個人的にはAristocratic Agnes様が着ている黒と千鳥格子を合わせたスタイルが一番ビビッと来ました!リボンの位置を変えるだけでこんなに雰囲気が変わるんですね。すごくお洒落です。
> 素敵なデザインの服は時代が流れて「素敵」です。


…… なんのかんのと言いながら 集めているうちに 我が家の中で 「 FR の最大勢力 」 を誇る一族にのし上がっていたようです。
( Vene、Vero、Luchi一族よりも 人員が多いのです。 Goingさん、危し!… ですね ( 笑 ) )
今回は 生地の色柄を変えただけで 形はまるで変えていなかったのですが この身頃に タイトスカートを合わせてもまた違ったスタイルが楽しめましたよね〜。 組み合わせ自由で楽しいですね。 zoaさんのおっしゃる通り「 いいスタイル」 は いつの時代にも 引き継がれていくんでしょうね〜。


> コーデユロイ姉妹の会話のやりとりがとても面白かったです。それぞれの衣装作りへの考え方(価値観?)は違う姉妹ですが、作りへの情熱は一緒ではないでしょうか。素敵な姉妹です。
> お局役のRoyal Weiss様のOptic Verve アグネスへの嫌みの言葉「この ワタクシ よりも お金がかかっているなんて信じられない?」に 吹いてしまいました。可愛らしい方ですね。


…… 最近 お針子に夢中になっていて 「 ドール芝居」 から ちょっと 遠のいているのですが 撮影を始めると 遊びだしちゃうんですよね。私は 高校の家庭科の授業以外に 正式に 洋裁を習った事のない人間なので 「 服の構造」 など 分からないことだらけです。 なので 「 この服、どうやって出来ているんだろう? 」 というのは 美しい衣装を見るたび いつも抱く オーナー本人の 素朴な疑問です。 「 色を変えてみたら? 長さを変えてみたら? この生地だとどうなる?」 …と言う自分の単純な疑問を 姉妹の二人に手伝ってもらって 皆様にお届けしてルンですね〜!

Royal Weiss様… 可愛いでしょ?( 笑 ) この「 睨んだお顔つき 」 は 正直、登場する Agnes達の中でも 「 可愛い 」 から一番 程遠い感じがするのですが なんだか 憎めない、不器用さがある「 役がつけやすいドール 」 であることは間違いなしですよね。
このドールを ベイで初めて見たときの感動は 未だ忘れません。 「 キツイお顔つき 」 は確かなのですが、 「 従来の お人形」 らしからぬ とっても リアルな表情に 感動いたしましたのよ。 お人形は 「 キャラクターがこぼれ出てくるような顔 」 を持ったコが好きみたいです。


mikonosuke | URL | 2015/09/26 (Sat) 02:04 [編集]


Re: タイトルなし

うららさん こんにちは〜!

> 素敵な挑戦ですね~!ベルドレス、どんどん進化しているではないですか?!
> モデルさんもとっても素敵。ドレスが映えますわね~!
> 私個人は最後のアグネスさんにラブ^^ 「お嬢様、お気に召しまして?」と言いたくなります。


…… まだまだ「 修行の身」 であります故、 色々な「 名作 」 を研究して「 迷作 」 ではありますが 研究成果を発表している…と言うところです。 ( 笑 ) 素敵なドレスを見ると 表面を眺めていないで すぐに スカートをめくって 中を見ちゃうんですが、「 ママは どっちに興味があるの? スカートめくりの 男の子 」 みたい…と 娘に言われたことがあります。( 別にドールの脚を見て イヒヒ…と思っている訳ではないんですがね……。 v-12 )
黒髪のAgnes様、美人ですね〜! 彼女は この「 睨みの効いた一族 」 の中でも とりわけ 穏やかな 目元をしておりますね。 キツさよりも 何か「 遠い目 」 をしているので 「 大人のオンナ・ 度 」 がグッと高いドールだと思いま〜〜す。v-343

> 型紙作りは大変ですよね。ちょっとした調整に何回も図面を引き直し、これでいいかな、と思って実際作ってみても、少しづつ修正が必要になるんですから~。でも、ぴったり仕上がるとこれがまた、快感なんですね~!
> お針子シリーズ、楽しみにしています。今度は何かな?


…… フフフ、そうなんですよね〜! 引き直しの連続! ( 笑 ) 先日も 「 とっても 単純なモノ」 を作っていながらも やってしまいましたよ。 ( 今度、その過程もお芝居にしてみようかしらん… 笑) でも あの 「 ピッタリ 仕上がりの快感 !? 」 を求め続けて ひたすら 続くのですよね〜、お針子の修行は。 ワカル、ワカル…。
以前、自分で線の引き方がわからなかった頃、海外オークションで落とした ドール型紙を使って よく衣装を縫ってました。 一生懸命に作ったのに、出来上がりは 「 ブカブカ 」 のモノがほとんど。 アレには 腹が立ちましたよ〜。 「まず、型紙が信用できない」 なんてありえない!! 日本に来て 「 蜜蜂先生の作品」 を見て、「 コレだ〜! 」と、思いました。 「 正しく縫いさえすれば、美しく、ピッタリ仕上がることは請け合い! 」 こうでなければいけない!…とね。
デッサンの段階で 「 本当の一本 」 を見つけるまで 芸術家は線を引き続ける…と聞いたことがありますが 基本的、それと同じなんでしょうね〜。 引き続けましょう! 「 最高の一本」 を求めて!! (… と、今日は劇的に締めま〜〜す v-290 )

mikonosuke | URL | 2015/09/26 (Sat) 02:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)