FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

ドールハウスの 春のお庭 - 中間報告~!!

皆さま こんばんは~!!

前回のお話で 

「 ドールハウス教室で習ったことを応用して
 自らイロイロ 試すべし~~~!! 」

・・・と 少佐殿から 喝を入れられた 私、Mikonosuke。

「赤レンガの壁」 の面積を拡大し、 
アーデルハイトが お友達と遊べるくらいのお庭を
作ることと相成りました。 

ドールハウスの春のお庭

・・・ しかし (内装ならともかく・・・) 増築 となると さすがに 人手が要ります。
かわいそうに こんな時 呼びつけられるのは 部下の軍曹 ヨハネス君・・・。
(・・・ ウフフ、 美形でございましょ、彼?? )

実は この二人、15年前、 Mikonosuke ドール・ワールドが始まった時以来の
無二の親友・・・

「親友?? バカを言わないでいただきたい。 
コイツには 散々 ひどい目に合わされたのですぞ!!  (少佐殿) 」


「こっちだって 願いさげよ~! 
大体、オレの方が先にこの家に来たのに、どうして ヴィクターのほうが
先に出世するんだよ・・・・・     (軍曹・ヨハネス 不平) 」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

人前では 「上官と部下」 を演じておりますが、
二人になると 昔の 古き良き時代の 「竹馬の友」 に 戻るのであります・・・。

「オイ、 ヨハネス。  お前 どうせ ヒマなんだろ?
「庭づくり」 を手伝え。  (少佐殿) 」


「おめ~、私用で 兵隊こき使って イイと思ってんのかよ??
(軍曹・ヨハネス) 」 

ドールハウスの春のお庭 中間報告

・・・ ま、 「竹馬の友」 にも イロイロあるのかも知れませんね。

今日は 少佐殿と ヨハネス君の ブツブツ話を聞きながら
途中経過をご覧くださ~い!!


それでは 続きはいつものように

ボタンのあ・と・で・・・


増築に使用しますのは
壁板 (お好きなサイズのもの) に スチレンボード。

本当なら 「ツギハギ」 のないように 
大きめのものを1枚用意できたら良かったのですが、
私は ご覧のとおり 小さめのものしか 見つけられませんでした・・・  (涙)


ドールハウスの春のお庭 中間報告

このスチレンボードに 溝をいれ・・・

「そういや おめえ、最初この家に来た時にゃ
たしか 「身ぐるみ剥がされて あられもない姿」 だったよな・・・?  (軍曹・ ヨハネス 小声) 


「うるさい!!  くだらんことを言っとらんで 手を動かせっ、手をっ!!(少佐殿・ 赤面 小声)   」

ドールハウスの春のお庭 中間報告

「あ~あ、 オレも本当だったら 今頃は
おめえみたいに 偉くなってた筈なんだぜェ~ (軍曹・ヨハネス 溜息)」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

「仕方あるまい。 「酒と女」 に溺れれば 「出世街道」 から外れるのは
目に見えていただろう?  (少佐殿 小声) 」


「しょうがねえだろう?
オリャ おめえと違って 「イイ男」 に生まれついちまったんだから
「誘惑」 も多かったんだよ。  (軍曹・ヨハネス 小声) 」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

出来たボードに 色を付けると こんな感じ~!!

ドールハウスの春のお庭 中間報告

おお~~!! なんだか  「戦時中の 石畳の道路」 のように
見えなくもない????

ドールハウスの春のお庭 中間報告

「やっぱり オレって 何をやらせても 上手いな・・・・。
(軍曹 ヨハネス 小声) 」


「でも、 ちょっと 色が濃いと思うのラケロ・・・ (アーデルハイト) 」
ドールハウスの春のお庭 中間報告

さらに 拡大作業は 続きます・・・。

仕事量が多いので 愛犬の 「ワン公」 と共に
グスタフ軍曹も呼ばれます・・・

ドールハウスの春のお庭 中間報告

「レンガ」 は 普通  積み上げていくものですが、
ドール・ハウスの場合は 積み立てずに 刻み込んでいくのですね~。

ドールハウスの春のお庭 中間報告

骨の折れる仕事をする二人を気の毒に思ったのか・・・
アーデルハイトが声をかけます。

「ね~ おじたん。 アタチに 何か出来ることはな~い??
(アーデルハイト) 」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

「気持ちは嬉しいがよ、チビ助のお前には 無理だぜ。
ワン公と一緒に そこで 見てな。  (グスタフ軍曹) 」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

「ところで コイツは 一体なんの 建物なんだい?
(グスタフ軍曹) 」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

「ここは 『アタチのお庭』 に なユのよ。
オトモラチをよんで ここで 遊ぶの。  (アーデルハイト)  」

ドールハウスの春のお庭 中間報告

「へ~、豪勢なモンだな。
オレッちなんか 餓鬼の頃にゃ お庭もへったくれもなかったぜ・・・。
(グスタフ軍曹) 」

ドールハウスの春のお庭 中間報告


一仕事終えて・・・

「あと もう一息だな。  (少佐殿) 」

「よう ヴィクター。
オレだけなら構わねえけどよ、グスタフまで巻き込んじまったから
アイツには ちゃんと 『礼』 をしてやってくれよ・・・ 
(軍曹 ヨハネス) 」


ドールハウスの春のお庭 中間報告

「お前たち、たしか 「軍隊バー」 を欲しがってたな・・・?  (少佐殿) 」

「ああ、 それがどうした・・・?  (軍曹・ ヨハネス) 」

ドールハウスの春のお庭 中間報告

「オレが話をつけてやる・・・・・。  (少佐殿) 」

ドールハウスの春のお庭 中間報告

オイオイ、少佐殿・・・???
「話」 って・・・???!!!



それでは また次回まで~~!


ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おぉ、壁だ!

こんにちは!
少佐殿とヨハネス軍曹の会話が面白かったです!
本当にmikonosuke様の話芸は天下一品ですねえ。本当にそこで二人が会話しているようにいつも脳内変換されていますe-257 (少佐殿の声優のご希望ございます?)

そうそう、宇田先生のところで教えて頂いたレンガ壁の秘術、私も挑戦しようと思います。
mikonosuke様の誰でもmikosama(すみません、勝手に省略)ワールドに引き込んでしまわれる、mikosamaマジック、さすがですe-265

わんこ | URL | 2015/04/07 (Tue) 05:22 [編集]


ハート間違い!

す、すみませんe-330 e-466 e-466 e-466
絵文字のハートが、ハートがあ~
e-415の間違いです! 勿論!
最近、老眼でよく見えないままやってるから、最近、これよくやるんですe-466

別に自分の落ち度をフォローするために言うわけではないですが、少佐殿、背がすらっと高くて立ち姿が格好いいですね。ドクターmikonosukeが執刀された手術の中でも大成功の症例でしょうか。
それから。
最初、チラッと見えた冷蔵庫とかお台所の様子が妙にメタリックで、一瞬、軍の最新装備に見えてしまいました。私もいよいよ毒されて来たようです。

わんこ | URL | 2015/04/07 (Tue) 05:37 [編集]


Re: おぉ、壁だ!

わんこ様〜〜! ダブルのコメント ありがとうございま〜〜す!

> 少佐殿とヨハネス軍曹の会話が面白かったです!
> 本当にmikonosuke様の話芸は天下一品ですねえ。本当にそこで二人が会話しているようにいつも脳内変換されていますe-257


…… ウチの 「異色のブログ」 を「 面白いよ〜〜!」 と、言ってくださる読者様には いつも ただただ 感謝です。v-421
こういうのって 「 好み 」 が出ると思うので 同じような傾向を持つ方々を見つけるのは 簡単じゃないですね〜〜! ( まして ウチのブログは 本当に変わっておりますもんでね〜〜 v-289 ( 笑 ) )

> そうそう、宇田先生のところで教えて頂いたレンガ壁の秘術、私も挑戦しようと思います。

…… おお〜! さらなる 作品作り!? 頑張ってください! ( この次は何を作るのかな?? )
先生のアトリエで最初に作った時から ずいぶん時間が経っていたので 正直 「 作り方」 を思い出すのに 苦労いたしました。 表面の紙を除去してから 溝を入れなければいけないのを 紙を取る前に 処理してしまったので 着色前に 小さくなった紙片を取り除くのに スゴく苦労致しましたよー!! ( やはり すぐに「 復習」 しないと すぐに忘れてしまいますね〜〜!! 物忘れがヒドくて 困りますよ〜〜! )

> mikonosuke様の誰でもmikosama(すみません、勝手に省略)ワールドに引き込んでしまわれる、mikosamaマジック、さすがですe-265
…… 奥様〜〜! 褒めすぎですだよ〜〜!! ( 照れ隠し v-402 )
なにはともあれ たのしんでくださったご様子〜〜!! よかったで〜〜す!!

mikonosuke | URL | 2015/04/07 (Tue) 12:28 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)