FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

皆さま こんばんは~!!

このところ 珍しく 記事が立て込んでおりますが・・・
受けた感動は その日のうちにお届けするのが一番と思い、
またしても 一筆!

今日、家族と共に Disney映画 MALEFICENT を見て参りました!
家族が皆 映画好きなため、近くの映画館に よく出かけていく一家なのですが・・・
この映画は 数か月前に 最新映画情報で見たときから ぜひ見たいと思っていたモノ。

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

Maleficent ・・・という名は あまり馴染みがなかったとしても、
「眠れる森の美女」 と聞けば 「ああ~、 あれね! 知ってる 知ってる」・・・ という方も
多いことと 思います。

美しいオーロラ姫が 邪悪な魔女の呪いを受け、
糸車の針に指を刺して 永遠の眠りについてしまいますが、
恋に落ちた ハンサムな王子の 「真実の愛」 によるキスで 
呪いから 解放される・・・というお話です。

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

今回の映画は これまで語り継がれてきたお話を
「邪悪な魔女」 のサイドから語った もう一つのバージョン。
 
Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

なぜ、マレフィセントが 美しく、愛くるしい王女に そんな恐ろしい呪いを 
かけることになったのか・・・??
マレフィセントは それまで どんなふうに生きてきたのか・・・?

その全容が明かされる・・・という内容です。

あまり 色々と書くと これから ご覧になる方の楽しみを奪うことになってしまうので
気をつけなければなりませんが、 一言! 私は この映画 気に入りました!!!!
予想を反して 「決して 軽くなく」 しかも 
「真実の愛」 が ただ男女の間だけに存在するものではない
・・・ という 深さを感じる内容でした。

・・・ところで 家にはね、 笑ってしまうような 「劇団員」 がまだいることに気づき、
丁度いい折なので 彼らもご覧に入れたいと思います。
お笑いを交えながら もうちょっと 感想を書いてみたいと思いま~す!!

(なので 「これから映画を見るつもりなのよね~」 という読者様は
映画を見終わったあとで 続きを開いて読んでくださいね~~~!!)

それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・・

主役はご存じ アンジェリーナ・ジョリー・・・

まさに 生きる 「ファッション・ロイヤルティー・ドール 1/1版 」 
・・・といった感じの 稀に見る美しさです!!  
娘と一緒に 終始 「カッコいい~」 の連発でした。

(・・・ こういう ドールのようなヒトって 実在するのね・・・ と溜息ものでした)

今回の映画で感心した点は 「公に語られているスト-リー」 というのは
決して 唯一無二の真実・・・という訳ではなく、 語り手が変われば 
「色々な見方」 が存在する・・・というトコロ。

私たちの日常にも 「日が当たらないで 公にされない 別の真実」・・・というものが
ゴロゴロしております。  
ヒトは 得てして あったことを 「自分の都合のいい部分にスポットライトをあてて強調し、
都合の悪い部分は 敢えて触れない・・・」 ということを しがちですよね・・・。

マレフィセントも 決して 「生まれながらに邪悪な魔女」 だったわけではなく・・・
彼女がそうなったには それなりのひどい経験があってのことでした。
(・・・ ただ、スポットライトが 当たってなかっただけ なんですね・・・)

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

「えっ?? どんな経験??」 ・・・おっと、あまり語ってしまってはいけないかな??

・・・というところで 家のお笑い劇団員をご紹介~!!
 「ひえ~~~! Mikonosuke! アンタ、こんなのも 持っとるんかい??」・・・と言われそう??
ハワイに行った折に あちらのDisney Shopで購入しました~!!

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

こちらの小さいお三方は 左から メリーウエザー、 フローラ、 ファウナ・・・
正義の味方の妖精たちです。 (ちなみに 映画では 全然違う名前になってたと思います。 ) 
Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

そしてこれが マレフィセント・・・
実は 私 魔女の中では このマレフィセントが一番好きでして・・・
見るなり どうしても欲しくなって 連れ買って来た 「箱入り魔女」です。 

ドールは子供対象に作られているため お顔が大きく
ちょっと ずんぐりしておりますが・・・
Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

アニメのほうは エレガントな立ち居振る舞いに クールな微笑み・・・
邪悪を楽しむような余裕と それでいて 家来のカラスには それなりの愛着を持って
接している 厳しいけれども それなりにいい主・・・という存在です。 

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

エレガントな立ち居振る舞い・・・クールな微笑み・・・ よく 再現されていると思います。


・・・・・・ その昔 「愛」 のせいで 心と体に 深い傷を受けたマレフィセントは 
その報復として 洗礼式の場で 幼い オーロラ姫に 誰にも解けない呪いをかけます・・・。

冷やかに 「姫の死」 を待つマレフィセント・・・
ところが 意外にも 無垢な心そのままに 満面の笑みを浮かべて
彼女に 「だっこ」 を求めてきたのは 幼いオーロラ姫だったのでした。   

「愛」 で受けた傷は 「愛」によってのみ 癒される?!?!

今回のアンジェリーナ・ジョリーの役どころは こうした冷たさを保ちながらも・・・
憎んであまりあるはずの姫に 逆に癒され、少しづつ 幸せだった頃の自分を
取り戻し・・・ !!! というなかなか 複雑なものでした。

(・・・ ちなみに 「だっこ」を求めてきた ちいさい姫様役は 彼女の実の娘だそうです。 すごく可愛いの・・・)Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

おお~~!
このシーンなんか 思いっきり 冷たい、ダークサイドに 心を委ねきってますね~~!

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

「どうじゃ~~~~!! 恐れ入ったかァ~~~!!」

・・・・アラ~?? 全然 怖くない~~~??  
ちなみにこの方、 可動性 抜群です!! 足首・手首まで 動きます!!

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

あっ?! でも とりあえず この3人だけは
怯えてくれているようですよォ~~~??

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

「フンっ!! 私だって昔は お前たちのように 「妖精」 と呼ばれていた時が
あったのよ・・・・・                   (マレフィセント)」
Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

「ここまで 洗いざらい 私の過去を話にして・・・
それでも お前たちは 私を 「恐ろしい魔女」 と呼ぶつもりかい??  (マレフィセント)」

Disney MALEFICENT を見てきましたァ~~!!

ハイッ! 呼ばせてもらいますとも!!
なんたって! 貴方は Mikonosukeの 一番お気に入りの 魔女なんですもの~~!!


それでは 皆様、また次回まで~!!

ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

もうご覧になったんですね。
アンジェリーナ・ジョリーの魔界的な美しさを見たいだけなのでレンタルになるまで待つ気でいましたが、mikonosukeさんの感想を拝見すると、劇場に見に行ってもいいかな~という気になってきました。
子供が見てもわかるストーリーなのですか?
長い夏休み中、家に子と二人きりでいる時間が長くなるので、親子バトル勃発を回避するために映画館には何度か足を運ぼうとは思っているのですが、これも「見たい映画リスト」に入れておこうかな…。
さてさて、マレフィセントドール、だけでなく、あの3人の魔女も一緒にお持ちとは、さすがmikonosukeさん。
劇団員としてお芝居に登場させるには4人そろってこそ?(笑)
マレフィセントがいちばんお好きな魔女なのですか。
マテルの「Disney Great Villains Collection」の彼女は表情がすごく怖いのですが、こちらのドールは愛嬌と哀愁がありますね。
最後から2番めのお写真は影も効果を出していて、セリフと共にダークサイドに堕ちなければならなかった彼女の悲哀が感じられます。

リオコ  | URL | 2014/07/15 (Tue) 16:37 [編集]


これこれこれ!娘と観に行く予定です♪
(どういう筋立てか予告で分かるやんかと文句を言っていたのですが、どうも当たっていそう^^;)

ワタシはこの『眠れる森の美女』と『101匹わんちゃん』の頃のディズニーの絵がエッジが効いていて好きです。女性がビンテージバービーっぽくないですか?金髪のソロスポちゃんの髪をほどいてオーロラ姫風味にした事がありますが、ご存知のように薄毛だったのでボンドで貼り付けたんです…今も引出しの奥にいますよ。
今度の映画のアンジーの頬骨の尖り方がもう美しくて美しくてウットリ…、
早く観に行こうっと♪

それにしても、本当にmikonosukeさんちは役者揃い♪
いくらでも出てくるのがコワイくらいです^^;

Rey | URL | 2014/07/16 (Wed) 11:59 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/07/16 (Wed) 12:14 [編集]


Re: タイトルなし

リオコさん ダブルのコメント ありがとうございま〜す!!

> アンジェリーナ・ジョリーの魔界的な美しさを見たいだけなのでレンタルになるまで待つ気でいましたが、mikonosukeさんの感想を拝見すると、劇場に見に行ってもいいかな~という気になってきました。
> 子供が見てもわかるストーリーなのですか?
……本当に オススメです! 基本的 ストーリーの展開は アニメバージョンのモノと同じですんで 小学生のお子さんにも OKだと思います。 ただ、要所、要所 の出来事の間の登場人物の心理描写や 見方が アニメ版と違う見地から描かれているんですね〜。 もしかすると アニメ版で 見せて上げてから 一緒に連れて行ってあげても、 あるいは 映画の後で アニメ版を見せてあげても面白いかもしれませんね〜。
この映画を見た後 家族とコーヒー屋さんになだれ込んで イロイロなテーマで話をしました。うちは 子供の世代が上なので 彼らにとっても面白かったようで、 「物事の二面性」 や 「王様が抱く恐怖」 は 魔女せいではなく、「自分の罪悪感」 がゴースト化したものだ〜…… などなど 「 人間像」を通して 色々 話題を提供してくれる作品でした。 普段は お互いにムッツリしていて 難しい?年頃の子供達でも どんなふうに感じているのかが分かって 個人的には とても良かったとおもってま〜す!

> 長い夏休み中、家に子と二人きりでいる時間が長くなるので、親子バトル勃発を回避するために映画館には何度か足を運ぼうとは思っているのですが、これも「見たい映画リスト」に入れておこうかな…。
…… そう、夏休み……! これをいかに乗り切るかが 我ら 母族の共通の悩みですよね〜。 実は うちでは インターナショナル スクールのため 6月の末から もう既に 突入しております!! ( v-399v-399
v-399 ) ウチも プールに連れて行ったり お勉強を頑張ったら ご褒美に 映画……という具合で よく利用しております。 其の後の コーヒー屋さんは いつもウチのパパ持ちで。
お互いに この夏をうまく乗り切りましょうね〜〜!!

mikonosuke | URL | 2014/07/17 (Thu) 01:23 [編集]


Re: タイトルなし

Reyさん おはようございま〜す!!

> これこれこれ!娘と観に行く予定です♪
> (どういう筋立てか予告で分かるやんかと文句を言っていたのですが、どうも当たっていそう^^;)
…… おっ! 行かれるのですね〜! 楽しんできて〜!!
そう、筋は 「 ご存知… 」 という感じですが、 その間の 人物描写とかが ( アニメ版と比較しながら みて行くと ) 面白かったですよ〜。
「 赤ずきん 」 でも 「シンデレラ」 でも 実際には そのモデルとなるような ( 残酷な) 事件が あって、 その警告として こういう物語が 子供向けに 「 飲み込みやすい、受け入れやすい かたち 」で語り継がれている… と 聞きますが 今回の映画は 「 実はね… 」 という 大人バージョン ! 私は 結構 気に入りました。 ( 実は Frozen…… なんかより よっぽど !! という感じでした 大きな声で言えませんが。。。。。 言ってますね。。。)
見た後、お嬢さんと ぜひぜひ ガールズトークを 楽しんでくださ〜い!!

> ワタシはこの『眠れる森の美女』と『101匹わんちゃん』の頃のディズニーの絵がエッジが効いていて好きです。女性がビンテージバービーっぽくないですか?金髪のソロスポちゃんの髪をほどいてオーロラ姫風味にした事がありますが、ご存知のように薄毛だったのでボンドで貼り付けたんです…今も引出しの奥にいます。
…… この時代の絵、綺麗でしたよね〜!! 描かれる 女性たちの 立ち姿がエレガント! オーロラ姫は 確かに ソロスポちゃんっぽいヘアースタイルですね!! Reyさんは 既に イロイロ リメイクを 試されていたのね〜!!


> 今度の映画のアンジーの頬骨の尖り方がもう美しくて美しくてウットリ…、
…… 彼女は 本当に 「生きるFRドール!」 いや、IT社が ああいう人を お手本にドールを つくっているんですね〜、きっと。 とにかく カッコいいんですよ〜! 母となっても あんなにカッコイイ なんて?! 溜息ものでした。
今回の作品は 「全国の母」…… ( 最近 ニュースなどで とんでもない 母族も ごまんと報道されておりますので なんとも言えませんが……) 「 全国の母性」 に 見ていただきたいものだと思います〜! 「 母達よ〜! 我らの愛こそが 子供を りっぱに成人させるのに 必要なのじゃ〜! 「 三色昼寝付き」 なんて言わないでよー!」 と! なんか エラく気合の入ったコメントになって参りましたね… ( 汗 反省、反省)

> それにしても、本当にmikonosukeさんちは役者揃い♪
> いくらでも出てくるのがコワイくらいです^^;
… ふふふ 怖いでしょ?? 「 人形天国 」じゃなくて 「人形地獄 」に改名出来そうですね! (笑)
まだまだ いるのよ〜ん! おいおい お目にかけますね〜! ( ほとんど ヤケ になっている 私 、Mikonosuke )

mikonosuke | URL | 2014/07/17 (Thu) 02:03 [編集]


Re: タイトルなし

カギコメに コメント下さった 読者さまへ……

> mikonosukeさん、ドイツご滞在中、パリ・ディズニーランドには行かれませんでしたか?あちらのお城はオーロラ姫のお城をモチーフにしてあって、ピンクと紫の色彩は個人的にイマイチだな~と思ったのですが、周りの植木がアニメに忠実に四角く刈り込んであったのに感激しました。『眠れる森の美女』は背景が四角っぽいデザインでスタイリッシュだな~と好きだったのですよ。
>… そしてお城の中に入ったら、大階段の手すりの上に石にされたカラスがいたりして!!ワタシ達が出かけたのは秋休みのハロウィンの時期で日本のディズニーランド並みに混んでいて不運だったのですが、そういうのを見てとても満足したのでした。

…… ユーロ デイズニーですね〜! ハイ! ウチの娘が4歳の時に ( 12年ほど前ですかねえ…) 一度 行きましたよ!
「オーロラ姫のお城 が モチフーフに!?! 」 それは知りませんでした! 「大階段の手すりの上のカラス?!? 」 それも気がつきませんでした〜!! ( いゃ〜ん、 見落としっぱなし?? ) やはり とても凝って作ってあるのでしょうね〜!! スナップ写真が ウチに 何枚か残っていて 「不思議の国のアリス」 の展示があって、 トランプの兵隊さんと楽しそうに一緒に撮れているものがあるくらいです。 ( やはり 親に似て 兵隊好き? ) 考えてみると 4歳と 7歳の幼子達の後を追っかけて歩いていて、 適度に小さい子らが楽しめそうな乗り物に順番を待って乗るのが精一杯だったようです。 ( とほほ ) 最後に ジェットコースター嫌いな長男が ようやく乗り気になったので 「 ビッグサンダーマウンテン」 なら 乗ってもイイよ… と言った時も 結局 私は 娘のオモリで パパと 息子が乗っているのを見守るばかりでした……。 ( あたしゃあ あそこに行ったら最低 2回は スペースマウンテン に乗らなきゃ 気が済まないよ…と 亭主にこぼしていたのを覚えております… 。 「母」は既に 当時から 欲求不満でした。 ああ〜 懐かしい〜!)

> 王子様に助けて貰うのを待つだけのお姫様がとうに時代遅れになってしまったから、あの手この手で自立したお姫様が量産されている昨今ですが、考えてみたらおとぎ話の昔には、自立した女性って『魔女』だったんですよね>… だから自立がマストになった現代、魔女側の気持ちが描かれるのかもしれませんね。

…… なるほど!! そうかもしれませんね〜!! たしかに 最近 目立って そういう 「お姫様像」 描かれるようになりましたね。 時代の流れか…! 女の子に期待されるイメージが やはり当時のアメリカでも、可愛らしくて いうことを黙って聞く… というものだったのでしょうね。 私はダメでした、そういうの…。 子供の時から どうもだめでして、 親に よく 「 もっと 可愛い女の子になりなさい」 と言われてました。 (グスン)

> 魔女側の気持ち… みてみてください! オススメです!!

mikonosuke | URL | 2014/07/17 (Thu) 03:17 [編集]


こんばんは

 こんばんは。確かに視点を変えると違ったお話で面白いですよね。私はそういうの大好きです。

 Mikonosukeさんは王家の紋章という漫画はご存知ですか?主人公の恋敵に「アイシス」という女性が出て来るのですが、この人は嫉妬のあまり、数々の嫌がらせを主人公にするんです。子どもの時に観た時は、何て意地悪な人だろうと思っていました。大人になってからもう一度1巻から読み返して観た時に、少し考え方が変わりました。この恋敵の視点から観たら、それはそれで面白いなと思った事があります。

 子どもの頃から弟が好きで(昔のエジプトでは兄弟間での結婚があったんですよねぇ。うわぁって感じがします)、いつか弟の嫁になる事を夢見て、念願の弟との結婚が決まりましたが、自分で連れ込んだとはいえ、未来から来た主人公に弟は恋をしてしまい、あっさり婚約解消。嫉妬のあまり主人公への数々の嫌がらせの結果、大好きな弟に嫌われてしまうんですけど、全て自業自得の結果とは言えるんですけど、大人になってからこのアイシスの立場で話を観ていくと、ちょっと可哀相だなぁと思うようになりました。


 マレフィセント、私も観たいと思っていたので、観に行ってこようと思います。見終わった後は私も魔女ごっこしたいです。私の家の魔女の手下は実力行使派のジェイソン君達にやってもらおうと思います(笑)

MIU | URL | 2014/07/20 (Sun) 16:23 [編集]


Re: こんばんは

MIUさん 、コメントありがとうございます!

>  こんばんは。確かに視点を変えると違ったお話で面白いですよね。私はそういうの大好きです。
>  Mikonosukeさんは王家の紋章という漫画はご存知ですか?主人公の恋敵に「アイシス」という女性が出て来るのですが、この人は嫉妬のあまり、数々の嫌がらせを主人公にするんです。子どもの時に観た時は、何て意地悪な人だろうと思っていました。大人になってからもう一度1巻から読み返して観た時に、少し考え方が変わりました。この恋敵の視点から観たら、それはそれで面白いなと思った事があります。
…… 覚えている! 覚えておりますともお〜〜〜!!
とにかく かなり長編のコミックになりましたよね〜! 中学生のころ同級生の子に貸してもらいまして、夢中で読みました! あの若き ファラオの メンフィス君が かなり強引で 無茶苦茶で いい男…という設定でしたよね!
( ああいうのに 追いかけられてみたい…!!という 若い女の子の (隠れた?) 「乙女願望」のようなものを 満足させてくれそうな キャラでしたよね〜〜〜、メンフィス君!? ) でも 実際 あそこまで つきまとわれて 力づくv-91で 「女房」にされた日にゃあ〜、結構笑えないかな〜? などと 最近 思うようにもなりましたが…。
そうそう、 お姉さん、おりましたね〜。 確かに 私たち の感覚だと 「 近親相⚪️」…ということになりますが、それが認められてた当時のエジプト社会でのお話なら 「親の決めた (合法的、かつ正当な) 婚約者 」を 何処の馬の骨ともわからない「 小娘 」に横取りされて メチャクチャにされれば ああいう彼女の反応は理解できますよね。 確か お姉さんの領土は その結婚が成立しなかったために 弟の領土と統一されることなく 分断されたままになってしまうのですよね? お姉さんのサイドからすれば 「女としてのプライド」も 「( 彼女の ) 領土の主権者 」としての誇り 」 も ( しかも 国民の前で ) ズタズタにされたわけですもんねー! 戦争が起こったって 不思議じゃありませんよ……。
これと似たような例で 「 源氏物語 」とかを考えてみれば 興味深いシーンばかりかもしれませんね〜!!
殿方は 何人の女性と関係を持とうが 「 華やかな 女性遍歴 」 とか言われますが、源氏が晩年に娶った 少女のような 帝の娘、女三の宮が 若い別の貴公子に求められて 関係を持ってしまったら もう大変!! 源氏の 恨み言がバシバシ!! しまいには この若妻は 世をはかなんで出家してしまうんですよね!! 確かに 女性が浮気をすれば 「 家系に別の血筋 」 が入ってしまうから…と 当時の殿方達は 「女性の不義密通」をタブー視してきたのでしょうが、「男女同権」 の立場で見たとすると、「 男のやりたい放題 」だよね……と見えてしまいます…。

>  マレフィセント、私も観たいと思っていたので、観に行ってこようと思います。見終わった後は私も魔女ごっこしたいです。私の家の魔女の手下は実力行使派のジェイソン君達にやってもらおうと思います(笑)
……マレフィセント! ぜひお勧めです! 今年の夏は お互い「 魔界の言い分 」をお芝居化してみましょうね?!

ではでは〜〜〜!

mikonosuke | URL | 2014/07/23 (Wed) 05:20 [編集]


 細川知栄子さんの描く漫画は強引な男性が多いですね。もしかして好みのタイプの男性が強引な男性なのか?ってくらい、強引且つ自信家が多い気がします。

 でもこの方の描く漫画に出てくる主人公の着ている衣装が好きです。創作意欲が出てきます。

 三国志も、視点を変えるとまた面白い作品ですよね。

 
 話がかなり変わって申し訳ないのですが、mikonosukeさんは同じ人形を何体所有してますか?例えば、ポピーちゃんだったら全く同じ子を2人とか、少佐殿を2人とかです。今、ヤフオクで少佐殿を発見してしまい、お迎えしようかどうしようか悩んでおります。

MIU | URL | 2014/07/26 (Sat) 15:16 [編集]


Re: タイトルなし

MIUさん! お返事 大変遅くなって すみませ〜ん!!

>  細川知栄子さんの描く漫画は強引な男性が多いですね。もしかして好みのタイプの男性が強引な男性なのか?ってくらい、強引且つ自信家が多い気がします。
…… ほほ〜! そうなのですか! 実は Mikonosukeは あのメンフィス君しか知らなかったのですが、そういう男性像が多いとは! 本当に ご本人の好みなのかもしれませんね〜?


>  でもこの方の描く漫画に出てくる主人公の着ている衣装が好きです。創作意欲が出てきます。
…… なるほど〜! これは 「お針子 復活宣言」でしょうか〜?? いつか また 作ってくださいよ〜! ( 私も またドールの衣装がマッタリと縫いたいです〜! このところ 全然余裕がないですよ〜〜〜! (涙・涙・涙〜〜〜)v-238


>  話がかなり変わって申し訳ないのですが、mikonosukeさんは同じ人形を何体所有してますか?例えば、ポピーちゃんだったら全く同じ子を2人とか、少佐殿を2人とかです。今、ヤフオクで少佐殿を発見してしまい、お迎えしようかどうしようか悩んでおります。

…… 知っとりますよ〜! Mimonosukeも チェックしておりました! フフフ〜〜〜 ( ご購入しましたか?)
実は 気に入ったドールは 複数所有しております。 それと言いますのもね、むかしむかし 気に入っていたバービーチャンのお顔に 染みがついてしまって 取れなくなってしまったことがありましてね、かなしい思いをしたことがありましたのよ…。 それからというもの 安く手に入る機会があると 気に入ったものは 「本体のみ」でも買ってとっておくようになってしまいました。 ( 少佐殿ドールなんか この間数えたら 「 三人兄弟」ドコロか 6体もおりました… (滝の汗)) Poppyちゃんや 他の兵隊ドールずも ダブル所有のものはいくつかあります。ただ、最近は ドールの扱いも上手くなってきたのか それほど 痛めたり、汚したりすることが 少なくなりましたが。
MIUさんのお家にも はやくもご兄弟ドール出現かっ?? 楽しみ、楽しみ〜〜〜!!

mikonosuke | URL | 2014/07/29 (Tue) 17:52 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)