FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

横浜山手西洋館 巡り~!!

皆さま こんにちは~!

先日(4月8日)、 Mikonosukeのおります神奈川県は 
気温21度のポカポカ陽気~でございました!!
かねてからの約束で 息子の同級生の「ママ友さん」 とともに
ドールの野外撮影に出かけて参りましたァ~!!


このたび お供をしてくれたのは
中古の新人・なんちゃって嬢の Poppyちゃんです~!

「さっ、早く行きますよ~!!
オーナー様と お友達様は おしゃべりばかりで とってもまったりしているんだから~!!
(なんちゃってのPoppyちゃん)」

「いいでしょ! おしゃべり 楽しいんだからっ!!  ( Mikonosuke)」横浜山手 西洋館巡り~!!

行ったトコロは 横浜・山手にございます 「異人館」なのでございます。
これが そのパンフレット ↓

さすがは貿易で栄えた町・横浜・・・

元町・中華街駅から降りて 「港の見える丘公園」あたりから
石川町のあたりまで 昔は 多くの貿易商や 外交官、総領事館などの公邸・私邸
などが立ち並んでいたのだとか・・・ 
横浜山手 西洋館巡り~!!

こうした 明治・大正の頃に建てられた古い洋館が 
いまでも残されており 見学できるのでありま~す!!
(裏には地図が付いております。 ホラっ、こんなにたくさん・・・!)
横浜山手 西洋館巡り~!!

Mikonosuke達の小さな一行は 今回は元町・中華街駅より丘を登って
イギリス館から見てみることにしました!
横浜山手 西洋館巡り~!!
さあ~、今日はどこまで行けるかなァ~???


それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で~!!!

まずはじめは 「横浜市イギリス館」から・・・

・・・とここまで書いて 
記事ののっけから いきなり反省文を書くのも何なのですが・・・
写真を編集しながら気づいた点がいくつかありました。

まだまだ野外撮影に 腕も度胸も3人前のMikonosuke・・・
全体写真とか いろいろな 要所要所の写真を撮るのを・・・
すっかり 忘れておりました。 
(なので 以下の写真のいくつかは 他からのいただき画像です・・・ スミマセン)
横浜山手 西洋館巡り~!!

横浜山手 西洋館巡り~!!

これ ↓ は当然うちの オリジナル画像・・・ 正面玄関のトコロで・・・

「さっ、オーナー様 行きますわよっ! 準備はヨロシイですか??
(なんちゃって嬢)」

横浜山手 西洋館巡り~!!

この建物は 昭和12年に英国総領事公邸として建てられたものだそうです。

横浜山手 西洋館巡り~!!

昭和44年に横浜市が買い取り、平成14年から一般見学ができるようになりました。

こちらは2階の寝室・・・

(アラ~、まるで映画の中の世界のよう??~~

横浜山手 西洋館巡り~!!

寝室の先には 椅子とテーブルの置かれた「くつろぎの空間」が・・・
でも よく見てみると どうやら窓を開け放つと ベランダのような空間に早変わりするようです・・・

なんて素敵なんだ・・・
横浜山手 西洋館巡り~!!

寝室を窓側から撮ると・・・
当然、壁には 大きな暖炉・・・
横浜山手 西洋館巡り~!!

「オーナー様ったら よっぽど 人前で私を撮るのが恥ずかしいのね!
ヒトがたくさん来る 「素敵なスポット」 では
「写真・撮り忘れまくり」・・・なんだから~~~!!

挙句に 撮り終わると 私をカバンに「放り込む」のよ!!
失礼しちゃうわね・・・。 ドール人生も楽じゃないわ・・。   

(溜息交じりの なんちゃって嬢)」

(ドール写真は ある程度 諦めて「割り切る」 ことが大切なように思いました・・・)横浜山手 西洋館巡り~!!

次は 「大佛次郎記念館」・・・

別に「異人館」・・・という訳ではなかったのですが、
なんとな~く、おしゃべりに夢中になって 間違えて入ってしまったような感じです (笑)

オイオイ・・・
横浜山手 西洋館巡り~!!

でも 意外にも 中には美しい・・・とってもゆかしい・・・
和室が・・・
DSCN1524.jpg

横浜山手 西洋館巡り~!!

横浜山手 西洋館巡り~!!

この和室の中に上がってみると・・・
驚きの 自然の 「大・襖絵」・・・のような 一面の「枝垂れ桜」
横浜山手 西洋館巡り~!!

あの華やかさ うつくしさが写真で再現できないのが
もどかしいトコロです・・・・
横浜山手 西洋館巡り~!!

いくら間違えて入ってしまったとはいえ 大佛次郎氏について
なにも解説を加えないのも失礼なもの・・・

明治生まれの作家・小説家で、歴史小説・ノンフィクションなどを手がけられておられたそうです。
「鞍馬天狗」などの作品で有名で 新歌舞伎・童話などにも手を広げられておられたとか・・・

私の唯一の思いでは 「おさらぎ・じろう」・・・と読まずに 「だいぶつ・じろう」と読んでしまい
母に 「イヤダね・・・お前は。」と苦笑いをされたことがありましたっけ・・・。
(そのくらいです・・・)


大佛氏は 大の猫好きだったそうで 彼の人生の中でも
面倒を見た猫の数は 500匹はくだらない・・・とか。

(ドール好きの私にも このお気持ちは 分かるような気がします

ネコをかたどった門の前で 一枚・・・・ 
横浜山手 西洋館巡り~!!

次に 向かいましたところは
「山手111番館」・・・

J.H.モーガンの設計により 大正15年にアメリカ人 J.E.ラフィン氏の住宅として
現在地に建てられたものだそうです。
横浜山手 西洋館巡り~!!

「さあ、次はここね?  あっ、そうそう。
場所によっては 靴を脱がなければいけないところもあるから 気を付けてくださいね。
靴は 着脱が楽なモノのほうがおススメですよ・・・。

ここは ちなみに 靴を脱いで入ってもらいます・・・。 (なんちゃって譲)」
横浜山手 西洋館巡り~!!

建物の中に入ると すぐに目の前に広がる応接間・・・
木目に赤レンガ 白の壁紙の色合わせで 重厚感漂う作りです。

横浜山手 西洋館巡り~!!

応接間の奥にはダイニング・ルーム・・・
横浜山手 西洋館巡り~!!

クラシックな異国情緒たっぷりです。
横浜山手 西洋館巡り~!!

最後に 面白い見つけもの・・・

西洋館・募金箱です! これはどう見ても1/6サイズの チビ・家具ですよね~!!
(欲しい~~~!!) でも募金箱 奪って逃げたら 「おなわ」 にされそうなので
Poppyちゃんを 前に立たせて1枚!!  (これで我慢しておきます・・・)

そう言えば 最初の「イギリス館」にも これと違った形の家具が 
募金箱として置いてありましたっけ・・・ 

(だって、人が多すぎて 写真撮れなかったんですもの・・・グスン

横浜山手 西洋館巡り~!!

楽しいママ友さんとの 春の遠足!

今回は 異人館2つと 記念館しか見れなかったので
「また 来ようね!!」と 約束を交わして別れました。

また いつか この続きの「別の異人館」もご紹介できたら・・・
と思っておりま~~す!!  (いつかね!!)



それでは 皆様、また次回まで~!!

ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

洋館

ああ、私は外人墓地付近に行くので精一杯で、洋館めぐりをするなんて考えませんでした〜。地図だとコンパクトに見えますが、海の見える丘公園への坂の厳しいこと!ここを通らないではイギリス館は行けませんよね?あ、バスで行かれました?私も洋館好きなのでちゃんと確認して行けばよかった〜(-_-)
素敵なお写真に、なんちゃって嬢(これでいいんですか?何か勿体無い)の雰囲気もバッチリですね。襟のフリルがとってもおしゃれ。
それに暗いお部屋の中でも綺麗に撮れてます。
私も今度出かけてみようと思います。

ロック | URL | 2014/04/10 (Thu) 06:30 [編集]


Re: 洋館

ママ友さんとも話していたのですが、横浜はさすが 貿易で栄えた港だけあって 異国情緒漂うところはたくさんありますよね〜! その中でも「異人館巡り」は 「日本版・異国」 そのものなので お目当てのドールフォトにはバッチリの背景になりますよね。
私たちは バスは使わず 徒歩で行きましたが 話しながら とってもまったりとした行程だったので あまり大変…という印象はありませんでした。
今度 横浜においでの際は ぜひ試してみてくださ〜い!

mikonosuke | URL | 2014/04/10 (Thu) 12:36 [編集]


おお~!!
ポピーも建物もとても綺麗です!
大佛次郎記念館の桜の見事なこと!!いい時期に行かれましたね!
私も初めて行った時は「だいぶつ…って誰?」状態でした。やはり母だか叔母だかの話で「鞍馬天狗の作者で“おさらぎ”と読むのだ」だと聞かされて知ったと言うi-229
山手111番館の写真は春の明るい陽ざしが感じられますね。
鉄の門扉とアンティーク家具とシックな衣装の案内役のポピー嬢が雰囲気ピッタリ。素敵です!
募金箱は横浜の家具職人さんが作ったのかな?本当にちょうどいいスケールですねi-179

ひとつ前の記事はドキドキしながら読みました。
そしたらなんと原因はあの超お姫様ポピーさん…!(笑)
永遠子さんと言い、姫と言い、少佐は占い師が見たらきっと「そなた…女難の相が出ておるぞ…」と言われますね(笑)

リオコ  | URL | 2014/04/12 (Sat) 09:06 [編集]


Re: タイトルなし

リオコさん!

> 大佛次郎記念館の桜の見事なこと!!いい時期に行かれましたね!
> 私も初めて行った時は「だいぶつ…って誰?」状態でした。やはり母だか叔母だかの話で「鞍馬天狗の作者で“おさらぎ”と読むのだ」だと聞かされて知ったと言うi-229

・・・ああ~! よかったァ~私一人ではなかったのですねェ~~~・・・。ホッv-402 でもあれは 知らなければなかなか「おさらぎ」とは読めないですよねェ~~??(笑) 私も ママ友さんも 「鞍馬天狗」・・・と聞いて 「ああ、そう言えば 「そんなの」が お正月の スペシャル・ドラマでやっているのを何度か見たわ・・・」とか言っている程度でした・・・。 母の年代の人に言うと 呆れられてしまうかもしれません・・・(汗) でも 思わぬところで なかなか美しい和室を見つけて大喜びでした。 お着物をきせたお人形でもいれば ドール撮影にも使いたいくらいでした。 和室から眺める枝垂れ桜・・・というのも なかなか ようございましたよ~~~! 

> 山手111番館の写真は春の明るい陽ざしが感じられますね。
> 鉄の門扉とアンティーク家具とシックな衣装の案内役のポピー嬢が雰囲気ピッタリ。素敵です!
> 募金箱は横浜の家具職人さんが作ったのかな?本当にちょうどいいスケールですねi-179

今回この衣装をきたドールでよかったなァ~と思いました。 ほかにも異人館は 素敵なところ満載なので
いつかぜひ この続きを撮りたいなあ と思っております。 
ただ 「かわいい募金箱」といい 写真を撮りたいスポットには ひっきりなしに人がいるため ドールを持っての写真は なかなかはかどりませんよねェ・・・。 「割り切って」 堂々と撮れるようになるまで まだ時間が必要そうで~~す。 



> ひとつ前の記事はドキドキしながら読みました。
> そしたらなんと原因はあの超お姫様ポピーさん…!(笑)
> 永遠子さんと言い、姫と言い、少佐は占い師が見たらきっと「そなた…女難の相が出ておるぞ…」と言われますね(笑)

・・・もう、そろそろ続きを載せないと 「放置して 終わらないお話」 ばかりになってしまいそうだったので ちょっと頑張って お話を再開してみましたよ~。(お正月以来・・・ですよねェ~・・・) 
「女難」 でも 自分の想い人に 少しでも近づいて行けるのだったらいいのかもしれませんが 彼の場合 なんとな~く想い人から気づいてももらえず 「遠のく一方・・・」という感じですね? (アハハ・・・) 

mikonosuke | URL | 2014/04/13 (Sun) 11:14 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)