FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」? 」

皆様、こんにちは~!

今日は久しぶりに Mikonosuke ”Sabrina 劇場” の続きをお送りしたいと思いま~す!!

えっ?! ヒドイMikonosukeったら、まさかSabrinaちゃんの女優さんを交代?!
先ごろ Mattel社で発売された 「新・Sabrina」ドールでございます。 (あら~!なんて美人!!)
見たところ ドレスには大差はないようですが、この美しいお顔立ち・・・
(アラ悔しい~! やられたわねェ~! Mattelさんにィ~ん!!)

Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


立ち姿もこのとおり! なんと美しい~~!!
( 商品画像はFAR-OUT さんのモノを利用させていただきました。)
Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


ほう・・・、この兄弟もやはり見ておりますねェ~!! 
どんな感想を持っているのでしょうか??


Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「早まったかなァ~、兄さん。 正直、僕好みだよ・・・。
参ったなァ~・・・。 (デイヴィッド・小声)」  (オイ、コラッ!!何て事を!!) 


「さすがは 老舗 Mattel社だな。 ブスは作らん。(ライナス 社長・つぶやき)」

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「これだけの美人なら うちのオーナーのことだから もしかしたら買うかもしれないなァ・・・(デイビッド・小声)」


ライナスさんがひょいと後ろを見ると 
そこには 驚いた顔をして立ち尽くしていたサブリナちゃんが・・・・!!
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「そんなことあるかっ!! このうちにはサブリナは一人だっ!! (ライナス社長)」

「う・うお~! 何するんだよォ~! (デイビッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「なんだよ! 兄さんだってたった今言ったじゃないかっ!
『さすがは 老舗 Mattel社』・・・だって!! (デイヴィッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「お前、一体 何人の「サブリナ」と付き合えば気が済むんだっ!! (ライナス社長・力のこもった小声)」Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「その度に 「手切れ金」を払わせられるのはこの”オレ” だということを忘れるなよっ! (ライナス社長・迫力のどアップ!!)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「さあ、サブリナ! 行こうか? 
今日は 「ブログの撮影の日」 だったね・・・? (ライナス社長)」

「え・ええ・・・・ (サブリナちゃん・汗)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

さて、今日はどんなことになるのでしょうか?

続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

さあ、いよいよ ライナス社長が 「(夏休みの?) 工作 」にかかります。 (なんのこっちゃっ??)

その第一弾として 今日は自家用ヨットで サブリナちゃんとSailing ~!! 
(えっ!? ヨットに見えないですってェ~~?? 想像力を働かせてください! 想像力を!!)
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「22さいのキャピキャピ娘・サブリナちゃんの接待?」 を弟のデイヴィッド君に任された
ライナス社長・・・。 なんとか 「工作して」 彼女の気持ちを弟から引き離し、
事業発展のために 弟に「政略結婚」をさせようと躍起になっております。

そんなことには気づかないサブリナちゃん、 
ヨットの上で気持ちよさそうに風に吹かれておりまする・・・。
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「ビジネスのこと」 なら回転の速い頭も、
「若い女の子とのデート」 ・・・となるとまるっきり回らないライナスさんの頭・・・。

お父さんのララビー氏の 「女心を射止めるための鉄則」
「美しい景色に 美しい音楽」 に従って、 こんなモノを持ってきました。

(・・・大丈夫でしょうかねェ・・・・)

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

・・・でも なんたって『おぢさん』ですから この落ち着き様・・・

「やることはやったんだから」・・・とまずは相手の出方を見ております。

(旦那ァ~、度胸いいねェ~~!!)
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

女性にもいろいろなタイプがいると思います。
「始めっから最後まで文句ばっかり言っているタイプ」とか・・・
「何をしても あまり嬉しいそうに見えないタイプ」・・・

「いつまでたっても会話が弾まない あるいは かみ合わないタイプ」、
その逆で 「はしゃぎすぎて こちらが疲れてしまうタイプ」などなど・・・
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

ありがたいことにサブリナちゃんは・・・
どんな古臭い蓄音機から 聞いたこともないような古い 可笑しな音楽が流れてきても
「おもしろいっ!!」・・・と思える 「許容量の大きい」女の子のようです・・・

(良かったですねェ~ 社長!! あなたはラッキーですよ!)

「ふふっ! 変な曲! 本当にこんなのが流行っているの?? (サブリナ)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「ああ、流行っているよ~! 君は パリにいたから知らないだけだよ・・・ (ライナス社長)」
(平然と言いのけてますねェ~・・・)

「ああ、デイヴィッドに会いたいわ。 ・・・ごめんなさい、連れて来てくれた
あなたには悪いけど 彼がどうしているか気になって・・・。

ねえ、今度は違う曲をかけてもいい??  (サブリナ)」

彼女が埃だらけのレコードの中から いくらかロマンチックな曲を探し当てて
蓄音機の針を下ろします・・・・。
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「いい曲ね・・・。 好きだわ、こういうの。 (サブリナ)」

「そんなのが まだ残ってたか・・・・・・・・・・・・。 (ライナス社長)」

(あら? 何が起こっても平気なライナスさんなのに サブリナちゃんのかけた曲に
珍しく「おぢさま」 の表情が曇ります・・・ どうしたのかしら??)
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「ごめんなさい、嫌いだった?? (サブリナ)」

「いや、・・・・・ 好きな曲だった・・・・・。 (ライナス社長)」

ほほう・・・何かありそうですね・・・?
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「・・・・・・・・ 私もね 聞くと辛くなる曲があるわ・・・。
その人のこと・・・ 愛してたの・・・・? (サブリナ)」

(やはり 「失恋」で辛い想いを味わった分、一回り大人になったサブリナちゃん。 相手を気遣う優しい言葉です・・・)
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

あまり話したがらない様子の相手を察して・・・

「あなたにも愛していた人がいたのね・・・。
いつもスーツを着て、カバンを持ってまじめそうに出社していくあなたのことを
ガレージの上から見ていたわ・・・。 仕事がバリバリ出来て、とても他の人間に
興味があるようには見えなかった・・・。 (サブリナ)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「・・・そんな人間はいないよ、サブリナ。
会社の最上階の、冷たい大理石で囲まれた社長室の奥の席に腰かけて・・・
感情もなく、血管に冷たい水が流れているようなタイプだと 思ったのかい・・・? (ライナス社長)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「・・・そうか、そんなに冷たく見えるのかぁ、オレは・・・。
そんな冷たそうな奴でも 『どうにもならない想い』を清算しようと思って
最上階のベランダから飛び降りちまおうかと思ったこともあったよ・・・。
君に分かるかい・・・? (ライナス社長)」 
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「分かるわ、私も死のうとしたことがあったもの・・・。 (サブリナ)」

ここまで話して その「自殺未遂」の現場から救い出してくれたのが
目の前にいるライナスさんだったことを思い出し、急いで話を変えるサブリナちゃん・・・

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「ねえ、ライナス! あなたもパリに行ってみたらどうかしら?
行ったことある?? (サブリナ)」

「仕事でイラクに行く途中、35分だけいたなあ・・・。 
トランジットのためにね。 (ライナス社長)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「そんなのダメよ! パリは 「飛行機を変えるトコロ」じゃなくて
「人生を変えるトコロ」なのよっ!  「バラ色の人生」を見つけられるわ (サブリナ)」

純粋な彼女はライナスさんを気の毒に思ったのでしょうか?
むしろ彼を元気づけてくれているように聞こえます・・・・。 
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

「・・・あそこは 『可愛い恋人』 でもいないと35分が限界だよ・・・ (ライナス社長)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」



『キャピキャピ娘のお相手』・・・と懸念していたライナスさんの心配はどこへやら・・・
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

サブリナちゃんは 浮ついたところのない・・・
むしろ 話の分かる「いい子」のようです。
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

それどころか、
「落ち込んだおぢさん」を心配して・・・
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

明るく振る舞い・・・
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」

・・・むしろ 元気づけてくれようとしている様子・・・。
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」 」
ライナスさん、 こんないい子を本当に騙すつもりィ~~~???!!!


それでは、
皆様 また次回まで~~~!!


ランキングに参加してま~す! 
ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/09/08 (Sun) 17:39 [編集]


Re: タイトルなし

コメントを頂いた読者様へ・・・

ご心配と細やかなお心使い ありがとうございます。 示唆いただいた件に関して 実は私はまるで聞き及んではおりませんでした。 ここでの内容はあくまでも私自信が抱いている感想をそのままドール劇に反映して作っているものなので他の方々の趣味・好みに関していたずらに面白がるような趣旨は一切ございません。 もし、不本意ながら そのように取れる表現・言葉遣いなどがあった場合には そういう意向のなかった旨をお伝えし、この場でお詫び申し上げたいと思います。

いろいろ気を付けているつもりではありますが 不注意でご心配をおかけしてしまった様子。
アドヴァイス ありがとうございました。

mikonosuke | URL | 2013/09/09 (Mon) 07:01 [編集]


待ってましたよー

おお、久しぶりにサブリナちゃん!またもやオープニングに笑いました。実は買おうか迷ってるんですよ。ドレス好きなんですが、実物の柔らかい感じが今までのってでてない気がするんですよね。今回のシルクストーンが一番出来がいい気がするんですが、私的にはもうちょっと何ですよね。でもバービーでもFRでもプーリップでも出てるし、シルクストーンで最後でしょうね、多分…。
この映画、恐らく一番最近見たのが私のような気がするんですが、あら?もう内容の一部分を忘れていまして、蓄音機のセリフで思い出しました!
サブリナちゃんホントいい子です。
では、また続きを楽しみに応援していますね〜!

ロック | URL | 2013/09/09 (Mon) 14:28 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/09/09 (Mon) 15:54 [編集]


Re: 待ってましたよー

ロックさ~ん!!

> おお、久しぶりにサブリナちゃん!またもやオープニングに笑いました。実は買おうか迷ってるんですよ。ドレス好きなんですが、実物の柔らかい感じが今までのってでてない気がするんですよね。今回のシルクストーンが一番出来がいい気がするんですが、私的にはもうちょっと何ですよね。でもバービーでもFRでもプーリップでも出てるし、シルクストーンで最後でしょうね、多分…。

・・・そうですね~! 「実物の柔らかい感じが今までのってでてない気がするんですよね」・・・に同感です。 FR版は「お顔」・・・というか「目」が怖いんですもの・・・・。 やっぱりサブリナちゃんは「可愛く」なけりゃあ・・・と思いますよ~! 
新・サブリナ・ドールを「いいなあ~v-238」・・・という私の気持ちは今回デイヴィッド君がよく表現してくれてますが、「もうこれ以上 「払う金」 はないぞっ!!」・・・という家の現状をライナスさんが表現してます (涙・涙・涙・・・)。 

> この映画、恐らく一番最近見たのが私のような気がするんですが、あら?もう内容の一部分を忘れていまして、蓄音機のセリフで思い出しました!
> サブリナちゃんホントいい子です。

・・・実はだんだん話を進めていくにしたがって 映画の通りにやるのが難しくなってきております。 なのでご覧になった映画の内容を忘れていてくださ~い!! (お願いしま~す!! (笑いv-290))
サブリナちゃんがいい子であればあるほど 彼女を騙す「オジサンの狡猾さ」と 彼の「良心の呵責」がクローズ・アップされるはずなんですが、そういうのをうまく描くのって難しいですね~・・・。

mikonosuke | URL | 2013/09/10 (Tue) 00:36 [編集]


Re: タイトルなし

コメント頂いた読者様へ・・・

頂いたアドヴァイスを まるっきり誤解してしまっていたようです。 (私の方こそ スミマセンでした!!)
ご心配いただいた内容を 別の件と思い込んでおりました。 (ご心配頂いたのに、「更なるご心配」をおかけしてしまった様子・・・。(なんということでしょう・・・!!) ごめんなさい 🙇・・・。 汗・汗・汗・・・・・)

今回の「美人サブリナ・ドール」に関しては 「夏休みの大型・お買いモノ (→ こちらの方も いずれ何回かに分けてお目にかける予定です・・・)」が祟り、ロックさんへの返信にもしたためました様に 購入は見送りになりそうです。 (例え 「目」が怖くても FR版を揃えてしまったので もうサブリナ購入は このへんが「潮時?」と考えております・・・) 

こちらのほうこそ これからもよろしくお願いいたします。 
「Mikonosukeは誤解するから もう遊びに来ない!」・・・なんておっしゃらないでくださいね~!!

mikonosuke | URL | 2013/09/10 (Tue) 01:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)