FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Sabrina - Isn't it romantic? ( 3 )

皆様 こんばんは~!

関東地方はようやく 「梅雨」らしい天気に見舞われ始めました。
皆様は いかがお過ごしですか~~~??
(家の次男と長女は思いっきり 「大風邪」を引いております!!
皆様は 気をつけてくださいね~~~!!)

こんなお天気で嬉しい・・・とは言い難いのですが、
落ち着いてブログに取り掛かれる時間を作れるのもまたしかり・・・。

今日は ずいぶんご無沙汰しておりました 久しぶりの
ドール・ミニ劇場の続きをお届けいたしま~す!!

前回は確かまだ 5月の中旬だったような・・・
そうそう、ララビーさんのお宅で 華やかなパーティーが開かれておりましたっけね。

家族が総出で次男のデイヴィッド君の「幸せな結婚」と 
「ビジネスの繁栄」を願ってご用意した美しい婚約者のお披露目パーティー・・・

それなのに あのドラ息子・・・!! 
こともあろうに「お抱え運転手」の娘なんぞに現を抜かしよって・・・!
(父・ララビー氏)

Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

憤るお父君をなだめながら、静かに方策を練る長男のライナス社長・・・

まずは弟のデイヴィッド君を 「壊れたシャンペン・グラスのクッション??」に座らせて
動けないようにしてから・・・ (キャ~!! オニっ 👹!!)
冷えたシャンペンを持って「商談」に出向いていくところまで
お話いたしましたね。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

・・・でも ライナス社長の商談相手って??

そう、今日のお話はいわゆる 「別れろ切れろ・・・」系のお話になりそうです。
ムムム・・・あまりヒドイことにならなければいいのですが・・・。

何もしらないサブリナちゃんは 長年思い続けた王子様の心を独り占め!
夢心地で デイヴィッド君がテニスコートに姿を現すのを待っております。 
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「彼が来たら どんなお話をしようかしら・・・?」
・・・そんなことでも考えている・・・?
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

2年前は 苦しい思いで見つめていた王子様のデイヴィッド君・・・
今は その彼が自分に夢中になっている・・・?

確かに、嬉しいだけでなく、気分いいですよね・・・? こういう状況。
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

・・・だから こんなことも思いついたりして・・・
「そうだ、 この上に座って待っていよう・・・」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「私がいなかったら きっと彼は驚くわ・・・?
どんな顔をするかしら・・・?」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

ホホ~、サブリナちゃん でも驚くのは貴方のほうかもよ!?

それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

今日はご無沙汰した分、いつものようにとても長~いです!
(よろしくお付き合いくださいね~)

テニスコートに姿を現したのは 彼女の王子様ではなくその兄のほう・・・!

「逢引き」の約束の現場に他人が現れたらこれってやっぱり
決まりが悪いですよね~~~。
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「なんだ、そんなトコロにいたのか・・・ 
ご注文のシャンペンを お届けに上がったよ・・・。(ライナス社長)」

「デイヴィッドは・・・・? (サブリナ)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「残念だが、今 動けないんだ。 そういうわけで私が代わりに・・・ (ライナス社長)」

(動けなくしたのは誰よっ??)
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「君とはいつも 変わった場所で会うね・・・。
この間は 車庫で 真っ黒になってプラグを交換していたし・・・。
・・・そこで飲むかい? (ライナス社長)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

ライナスさんが何食わぬ顔をしてグラスにシャンぺンを注いでおります。

「いいえ、 降りるわ・・・ (サブリナ)」
状況がつかめず ちょっと警戒しているようです。 
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「あの・・・、 私 帰ります。 (サブリナ)」

「私をひとりおいて・・・? (ライナス社長)」

(「王子様」ではなくて 来てしまったのは「オジサマ」ですが、
このオジサマ なかなかのやり手・・・。 相手をみすみす逃すようなことはいたしません・・・)
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「デイヴィッドは君に夢中だ。
あの勢いなら 君と駆け落ちもしかねないよ。 (ライナス社長) 」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (サブリナ)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「残念だが、この婚約話はオジャンになりそうだな・・・ (ライナス社長)」

「反対しないの・・・? (サブリナ)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「君に反対? ・・・しても意味がないだろう。 
弟は君のことを諦めやしない。 それに この古いしきたりの家に 
新しい風が入ることはある意味、いいことかもしれない・・・。 (ライナス社長)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

ライナスさんが穏やかにそう話すと、サブリナちゃんも安心した様子・・・。

(・・・しかし、本気でそう言ってるんですかねェ~、このオジサマ・・・?)Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「私ね・・・、本当は貴方が『取引き』に来たと思っていたの・・・。 (サブリナ)」

(おおっと~! 彼女、なかなか感のイイお嬢さんのようですね・・・)Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「あちらで見たオペレッタで、 王子の恋したメイドに 
大臣がお金を出して別れさせようとするシーンがあったわ。 
1万5000リラでも、2万リラ出すと言っても・・・
メイドは絶対にうなずかない・・・。  (サブリナ)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「じゃあ、2万5000は・・・? それもドルでなら? (ライナス社長)」

(あっ!! ほらっ、シッポを出した!! やっぱり!!)
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「えっ?・・・・・・・・・・・・ (サブリナ)」

「心ある大臣なら 「リラ」なんか持ち出さない。
税抜きの2万5000ドルは大金だよ・・・? (ライナス社長)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

サブリナちゃんの 「甘~い夢の風船」が一挙にはじけて、
現実に引き戻されます。

「心ある娘なら そんなお金で愛を売り渡したりしないわ・・・。 (サブリナ)」

(まあ~ひたむき~~~!! 可愛らしい~~!!)Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「・・・・・・君は いい人間のようだな・・・。 (ライナス社長)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「オイ、そう むくれるなよ。
コッチだって めったにない「いい縁談」がひとつ壊れることになるんだ。
君がどれだけ本気なのか 確かめておく必要はあるからね。 (ライナス社長)」

(このオジサマの狡猾なトコロは、「鎌を掛けて」相手の本心を聞き出しておきながら、
自分を味方だと思い込ませているところ・・・!)
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「・・・そうね、私のせいでご家族には ずいぶんご迷惑を掛けているわね。 (サブリナ)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)
自分の気持ちに正直なサブリナちゃん。
ライナスさんが分かってくれたようなので安心して 彼に心を開きます。

・・・そんな折、デイヴィッド君と踊りたかった あの『思い出の曲』が
風に乗って聞こえて参りました。

「この曲、 彼と踊りたかったわ・・・。
ずっと 私の憧れだった・・・。 (サブリナ)」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

夢見るような面持ちでデイヴィッド君を想い、
ひとり 音楽に合わせてステップを踏んでいるサブリナちゃん・・・。

(彼がここにいてくれたら どんなによかったでしょうか~・・・)Sabrina Isnt It Romantic? (3)

ひとり踊るサブリナちゃんの手を取って
「弟の代わりだ・・・ 」 

ライナスさんがパートナーになってくれました。
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

憧れの彼の腕に抱かれて踊りたかった 思い出の曲・・・
最高にロマンチックな夜になるはずだったのに・・・

「・・・そうだ、デイヴィッドから言付かっていたんだ・・・ 」
そんな時、 ライナスさんが 思い出したように話します。
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「・・・これを君に・・・。」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

まあ、ライナスさんったら、ナンテことをっ!!

Mikonoskeドール・ワールド始まって以来のキス・シーンになってしまいました!!
(他のアクション・フィギュアのオジサンたちから やっかみの声が上がりそうです・・・汗・汗・汗・・・)

でも本当に デイヴィッド君はお兄さんにこんなこと頼んだんでしょうか??
(まあ、 これは 「真っ赤なウソ」でしょうね・・・ 
なんでウソが「真っ赤」なのか Mikonosukeには分かりませんが・・・『紫』でもいいような・・・)


Sabrina Isnt It Romantic? (3)

不意にキスされて とろけるような気分にひたるサブリナちゃん・・・
(あれ~? 大丈夫~?)
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

それにしても ライナスさん、なんて悪党なの?!
おぼこ娘のサブリナちゃんに 「毒を盛る」ような真似をしてっ!
なんとしてでも 彼女の心をデイヴィッド君から引き離すおつもりねっ!?

でも 相手に盛った毒が 自分に回り始めなければいいけれどね~~~っ!!


皆様、お疲れ様でした。
お楽しみいただけましたでしょうか~?

それでは また次回まで~~!


ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いまさら驚きはしませんが、え~とmikonosukeさん、
テニスの審判用のお椅子、DIYされましたよね?????

この室内テニスコートのシーン、どうしたってこの椅子はいるけど、
(だって、ドレスでお椅子に座っているシーンが素敵♬で降りて来るシーンもあるし)
市販はされてないだろうから、どうされるのかなあと思っておりました。
ないものは大道具も作る!!!あっぱれです!!!!!

もうね、ここからこのお話が面白いくなるんですよね~^^;
オードリーって、どうして『おぢさん』との共演が絵になるんでしょうかね^^;
私は『ローマの休日』を見直して、うっとりしておりました。
は、いかん!仕事に戻らねば・・・・です^^;

Rey | URL | 2013/06/12 (Wed) 09:02 [編集]


Re: タイトルなし

Reyさ~ん!!

> いまさら驚きはしませんが、え~とmikonosukeさん、
> テニスの審判用のお椅子、DIYされましたよね?????

・・・はい、その通り! 今回は仕方がないのでバルサ材でいい加減なのを作ってみました~。
もう、切り方が上手くいかずに大変でしたよ。 でも自分で作ったのでバラシテ 小さくして収納できるように作りましたよ~。 (せめてコレくらいは・・・)
こういう足りないものが出てくるので 映画再現って大変ですよね・・・。実はこういう細かい作業がイヤになってしばらくサブリナ劇から逃げておりました・・・。 (飽きっぽい私・・・イケナイ、イケナイ・・・) またぼちぼち がんばりま~す!!


> もうね、ここからこのお話が面白いくなるんですよね~^^;
> オードリーって、どうして『おぢさん』との共演が絵になるんでしょうかね^^;
> 私は『ローマの休日』を見直して、うっとりしておりました。

・・・私も『ローマの休日』大好きで~す。 あの新聞記者さんはなかなか好青年ですよね あっ「好おぢさん」か・・・(笑い)。 自分の欲得よりも 好きな女性の世間体を守って トクダネをすべて諦めるのですから。
でもライナス社長・・・って 使えるものならなんでも使う・・・という感じで、個人的にはムムム・・・・?と考えてしまいます。 (まあ、可愛いお話なので 緩く見ておりますがねぇ~)しかもこの時点では 「2人のことを応援するよ~」みたいな雰囲気にしておきながら 弟の彼女にキスしてしまうんですものねぇ~・・・。 (オイ、君!?) 癖があって 面白いキャラではありますが、旦那には欲しくないタイプですねェ~~!! (笑い)

mikonosuke | URL | 2013/06/12 (Wed) 10:47 [編集]


テニスコートの芝生やネットはどうやって作られたのかな?と思ってたら、椅子まで!!
今回も素晴らしい熱意に脱帽です。すごーい!
>「王子様」ではなくて 来てしまったのは「オジサマ」
ウケてしまいました(笑)一文字無いだけでえらく違ったものに(笑)
思わず頬を赤らめてしまいそうになるシーン、サブリナ嬢のピュアな心と美しさに、世慣れたオジサマも作戦を忘れてつい…なのでしょうか。
恋に恋する乙女ならではの強みと言いますか、無意識の内に男心を狂わせてしまうのですね~。
サブリナの三白眼が上手に活かされる撮り方をされていて、どの場面にもピッタリの表情になってますね。お見事です!!
ライナス社長の青々とした男らしいヒゲの剃り跡も堪能いたしました(笑)

リオコ | URL | 2013/06/12 (Wed) 16:25 [編集]


Re: タイトルなし

リオコさん!

> テニスコートの芝生やネットはどうやって作られたのかな?と思ってたら、椅子まで!!
> 今回も素晴らしい熱意に脱帽です。すごーい!

・・・いやいや、お恥ずかしいです。
テニスコートは100円ショップで売っている大型版のフエルト地に白いテープを付けただけの簡単なモノです。
撮影しているところが白いテントのような場所なので あまり大きいものは作れず、コート半面くらいの大きさのものになってしまいました。 ネットは ドアのところに設置する蚊帳のような 虫よけの網戸のようなカーテンの残り切れがあったので、それを縫い合わせたものです。 ただ横幅が長くて 真ん中がたるんでしまうので ネットの上部には長い木の棒を入れてネット自体を吊るような形になっています。 (先日 たまたまうちに遊びに来た実家の母に見つかって 「主婦が家事もしないで何をやっているの?」と叱られました・・・汗)


> 思わず頬を赤らめてしまいそうになるシーン、サブリナ嬢のピュアな心と美しさに、世慣れたオジサマも作戦を忘れてつい…なのでしょうか。
> 恋に恋する乙女ならではの強みと言いますか、無意識の内に男心を狂わせてしまうのですね~。

・・・おお~、なんと上手い言い回し!! リオコさんの表現は核心をついたものが多く、Mikonosuke、いつも感心しておりまする。(本音!) 
「恋に恋する乙女ならではの強み」・・・可愛いです!! そんなまっすぐな、純情な美しさをまぶしく思うのでしょうね・・・! 年配者は。 (う~ん、いいなあ~!!v-345) この映画の面白さって「金や名声ではなく、最後はやっぱりそっちに引っ張られていってしまうオジサンの負け」・・・と見ることも出来ますよね。 (面白い! 続きも頑張らないと~!!)

mikonosuke | URL | 2013/06/13 (Thu) 02:52 [編集]


お見事!

この場面はあとから振り返ってもとても素敵なシーンですよね。すごい、ぜんぜん手を抜かないでこの場面を作るとは。
いや~、脱帽です。このライナスのdollは元はお名前あったんでしょうか?もうライナスにしか見えなくなってますよ!(^O^)ホントmikonosukeさん、小話の天才ですね!!!
おかげさまでこの大好きなサブリナドレス堪能できました。
この場面だけでもすごいお時間かかったでしょう?無理なさらず、撮影してくださいね。
先日のビスチェは完成されましたでしょうか?
私はもう抑え抜いで外しまくりましたが、表から見えないのいいことにそのまま進め、なんと一番のりで完成させました(笑)リベンジするかどうかは・・・まだ考え中です。
では、(o・・o)/~

ロック | URL | 2013/06/13 (Thu) 11:52 [編集]


Re: お見事!

ロックさ~ん!!

お待たせいたしました~!! いつも応援してくださっているのに 私ときたらすっかり「怠け病」にとりつかれておりまして すみませんでした~~!!

>・・・このライナスのdollは元はお名前あったんでしょうか?もうライナスにしか見えなくなってますよ!

・・・実は彼も 「退役軍人・ドール」の一人で、「火炎放射器」か何かを持っていたアメリカ兵だったと思います。 名前は 「Happ Darley」・・・とか言ったかな・・・? (スミマセン、フィギュアだけ手に入れたので よく覚えておりません) 装備その他は購入しなかったのでいわゆる「身一つ」で海を渡って家に来たツワモノです。 (なので せめて家で 彼のために 「社長の座」と「バズーカ砲」を用意いたしました~~!! (笑))

> おかげさまでこの大好きなサブリナドレス堪能できました。
・・・おお!! よかったです!! せっかく映画で有名になったドレスですものね! じっくり楽しまなくては!!
> この場面だけでもすごいお時間かかったでしょう?無理なさらず、撮影してくださいね。
・・・ありがとうございま~す!! これが終わってまた「一難去ってまた一難」・・・という感じです。 小物は大変です。 今回身をもって知りました。 あった方が雰囲気が出るので頑張っているのですが、自分の性格のアバウトさに気づいてしまい完璧にはいきません。 なのでゆる~く行ってみたいと思いま~す!!

> 先日のビスチェは完成されましたでしょうか?
> 私はもう抑え抜いで外しまくりましたが、表から見えないのいいことにそのまま進め、なんと一番のりで完成させました(笑)
・・・おお~~!! ロックさん!すごすぎ~~!! 一番のりとは~~!!
私はあのワンピ・ドレスはまだ完成に至ってはおりませ~ん。(悲~~~!!) さすがに手の込んだ作りで、作り甲斐のある作品ですよね~! Cafe BAR-Bさんの画像をチェックして皆様の作品を見せてもらいましたよ~!! 私も早く作ろう~~!! 実は今月の末にも もう一度ワークショップに参加させていただこうと予定しております。次の作品はワークショップの日取りが来月にもありますが ロックさんは参加のご予定は? また 会えるといいですね~!! やっぱり 時々縫わないとダメです! 禁断症状が出てきま~す!!

mikonosuke | URL | 2013/06/13 (Thu) 15:08 [編集]


前回の最後のシーンでこの男なら絶対サブリナさんの所に行く!!
・・・と、思ったのですが、書いたらネタバレになるのではと思いコメントできませんでした^^;(笑)
~ここまでは予想通りだったのですが今回は予想外の展開が!!Σ(・e・;)
まさかダンスをさり気に踊った挙句、サブリナさんの唇まで奪うとは!!!Σ(0e0;)
サブリナさんもなんだかウットリしちゃってますけど大丈夫なのでしょうか!?
おかげで続きがまったく予想できなくなりました^^;(笑)
デイヴィッドさんの怪我の具合といい、続きが気になります>_<;

ぴよち | URL | 2013/06/15 (Sat) 02:45 [編集]


くくく・・・ライナス鬼だわ

もう、こんなに可愛いサブリナを手玉にとりおって。金持ち変態おやじ!! やさしそうな顔してるくせに! 毒にやられてしまえばいい!なんて、ついつい感情移入しちゃう展開。なければ作る!まさに素晴らしいその姿勢!このままの展開だと、この悪おやじに mikonosukeさんの爪の垢でも煎じたい。

エリンちゃんの七変化も堪能しました~。軍用のモトクロス用?バイクがしぶくて恰好いい!

グリゼット | URL | 2013/06/15 (Sat) 04:51 [編集]


Re: タイトルなし

ぴよちさ~ん!!

> 前回の最後のシーンでこの男なら絶対サブリナさんの所に行く!!
> ・・・と、思ったのですが、書いたらネタバレになるのではと思いコメントできませんでした^^;(笑)

・・・おお~! さすがはぴよちさん!!予想大当たりだったようですね~!! でも黙っていてくださったのですね~~!!  (ありがとうございます~!)

> まさかダンスをさり気に踊った挙句、サブリナさんの唇まで奪うとは!!!Σ(0e0;)
> サブリナさんもなんだかウットリしちゃってますけど大丈夫なのでしょうか!?

・・・そうですよね~! けしからん輩ですよね~、彼! どんな「大儀名文」があろうとも、ヒトの彼女に手をつけるのはやはりいただけませんよね~!! どうもビジネスのことしか頭にない御仁みたいなので、とにかく事業を成功させることばかり考えているようですが、そのうち久しぶりに「人情」に触れて正気を取り戻してくると思います。 どこまでまともになってくれるでしょうかねえ~? (うふふふ・・・お楽しみに)

サブリナちゃんもなんだかあぶなっかしいですよね・・・。
どうなっていくんでしょうか??? 実は登場人物達の心境の推移を知りたくてこの映画を何度も見てしまいました。 かなりあっさり演じられているけれど、本当はこういう含みもあったんじゃないのかな・・・? という点もいくつか見えてきて自分なりに変えてみたり、あるいはもっと分かりやすいように言い換えてみたりしてます。 (何も、趣味の世界なのだからここまでハマラナクテモ・・・。とも思うのですが、考え始めると楽しくて自分なりの解釈なども混ぜたりしております!)
でも どうやって演じるか・・・(どういう角度で撮るか、とか どんな構図にするか・・・) なんかがやはり難しいですよね~。 なので色々写真をとりまくって 捨てまくって写真を決めております。
私の私情が「こってり」混入してしまう可能性もありますが よろしくお付き合いくださいませ~!!

mikonosuke | URL | 2013/06/15 (Sat) 11:02 [編集]


Re: くくく・・・ライナス鬼だわ

グリゼットさ~ん!!

今のところ 可愛い子が翻弄されておりますが、そのうち「毒にやられてしまえばいい!!」・・・そう、グリゼットさんのお望みのままに・・・。 (ふふふ!!) やはり他人に撒いた毒は自分にもかかるのでしょうねぇ~!!v-238 

>なければ作る!まさに素晴らしいその姿勢!
・・・ありがとうございま~す!! でも相当 「ユルイ出来」の大道具ばかりです・・・(汗)
そこがまた 「親近感がわくのよォ~・・・v-238」 と娘に言われて、その言葉を信じるように心がけてます。 (笑い) やはり 生まれついたアバウトさ・・・というのは直しようがないようです。 


>このままの展開だと、この悪おやじに mikonosukeさんの爪の垢でも煎じたい。
・・・えっ!! 本当ですかい!?!? そんなことしたら、彼が「もっと悪い奴」になってしまいそうでコワいです。 なんて言っても「翻弄」するのが三度のメシより大好きな 悪いオーナーの私です。
(家出したドールが出たくらいなので・・・笑い!!) 大丈夫、この悪オヤジ君も そのうちに更生していくと思います。 (上手くそこらへんを描ければいいのですがねぇ・・・) 

mikonosuke | URL | 2013/06/15 (Sat) 11:19 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)