Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Zipperというオトコ

皆様 こんにちは〜〜!

実は 今 D国の祝日で 久しぶりに マッタリ数日を
過ごしておりまする。 ( 嬉しい〜〜!)

今年の3月の末あたりだったでしょうか?
赤毛のEdenちゃんの申し込みをしたその1週間後くらいのこと…

Wclubの方から「 Jemのシリーズで こんなオトコドール も出すけれど、
欲しい人は 注文してね〜〜!」… と、メールをもらいました。

この「 悪どい顔つき!」 ……
一発で一目惚れして 欲しい〜〜!!!!…… と、思ってしまいました。

ああ、この彼に 「 金属バット」 でも持たせて…
イヤリングでもさせて…
腕に 青々とした色で 「 彫り物」 でも入れりゃあ… アナタ


Zipperというオトコ

立派に 「 ネオ●チ 」 のおにいちゃんじゃない……

Zipperというオトコ


…… と、そこまで考えて
ハタと 購入意欲が 急降下いたしました……。

Zipperというオトコ

彼には何を隠そう 黒髪の仲間? 兄弟までおります…。

私は Jemというシリーズをまるで知らないので
この彼が お話の中で 一体「 どういうお立場の人」 かまるで分かっておりません

( だから余計に 自由なありのままの印象で ドールの性格設定が
できるのかもしれませんが…)


Zipperというオトコ

でも ドールとしては とても「 個性的で 面白い出来のカレ」 だと 思います。
ドール収集家としては 今でも 「 買っておけばよかったな〜〜 」 と、ものすごく
後悔はしているのですが…

最後の最後に やっぱり 「 ネオ●チのお兄ちゃんを 私のドールワールドに
欲しくないな〜〜」…と、ブレーキがかかってしまいました。

たかがドールに …
自分でも 妙だと思うんですけれどね…

今日は趣向を少し変えてね…
この「 Zipper」 を彷彿させる元となった
ある 「 お話 」 について ご紹介したいと思います〜〜。

ではでは 続きはいつものように

ボタンのあ・と・で…

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

砂漠の中の オアシスタイム

皆様 こんにちは~!!

ほんとうに、ほんとうに 久しぶりに 
「 うれしい気分 」 でPCに向かっております~。

ちょうど 一か月 ブログ更新をしていなくて
「 スポンサーサイト 」が 出てしまっておりましたけどね・・・
ホントは 「 ドール活動 」 がしたくて したくて 
たまりません でしたのよ・・・ 。 ( ホンネ )

白状しちゃうとね・・・
この一か月は 「 自分の能力のなさ 」 というか 「 非力さ 」 というかを
おもいっきり 思い知らされる 連続でした~。    
・・・ そう、仕事です。
私よりも 年配の同僚 (先輩・・・ というべきでしょうね) なんかは
私の倍のお仕事を 楽々こなしているのに
私は もう 「ぜー ぜー」 しております。     


・・・ でも ありがたいことに 正直に自分の現在の状態を
話して 相談に乗ってもらうこと数回・・・
「まあ、 最初の1年は しようがないよ・・・ 焦んないで やんな。」
・・・と やさしく 肩をたたいてもらいましたとさ・・・。

人様の情けが嬉しい 私、Mikonouskeでした。
・・・ でも そうやって優しくしていただくとね 
「 あの人に 迷惑をかけないように がんばろう!!」 
・・・ と また燃えて、 数日すると燃え尽きえて・・・
前回の記事の 新人 Edenちゃんの 「燃えカスのスカート」 
・・のようになっている Mikonosuke でした・・・・・    なんのこっちゃ??  )

・・・ そう だからね
「 砂漠の中の オアシス 」 なの。 

そんな ボロボロの気分になっていると・・・
いつもそばにいて 「見飽きた? 感」 さえあったPoppyちゃんが
とっても きれいにキラメイテ 見えてきてですね・・・
(Poppyちゃん ゴメン・・・)

砂漠の中の オアシスタイム

彼女に きれいな 衣装を縫ってあげたくなりました。

砂漠の中の オアシスタイム

この型紙は ベイで見つけたもので、 
ロシアの方がお作りになった型紙です。
ものすごく フィット感が良く出来ております。 (うーむ、スグレものじゃ!! )

砂漠の中の オアシスタイム

お金をお支払いすると  PDFで型紙をすぐさま送信してくれて
送料もかからず、何日も待つことなく すぐに手に入るので
とても 気に入ってま~~す。

まだまだ 縫いためたお洋服があるので
今日は 一挙に ご紹介しますねぇ~~!!


それでは 続きはいつものように

ボタンの あ・と・で・・・  ( キャ~~、久しぶり~~ん!!  )

続きを読む

PageTop