Mikos Puppenparadies 私の人形天国

待ちわびて・・・・・ (2)

皆さま こんにちは~!

今日は前回の続き~。

Très Chic嬢が 「D国税関」 で自ら経験した 「入国の際の 怖い思い出」 を
新人のPoppyに 話していたトコロ・・・・

待ちわびて・・・・


話に夢中になる 「小マダム・Poppy」 に
後ろから 無言で 近づいて来る オトコありき・・・

待ちわびて・・・・


同僚Poppy達が 危険を察し 注意を促そうと口を開けた時には・・・
(・・・口は 開いてないけれど、開いたことにしておいてね。)

待ちわびて・・・(2)


・・・既にオトコは 彼女の両腕をひっつかんで ・・・

「オイ、オンナ。  貴様、その話を どこで聞いたっ?
 (オトコ) 」


待ちわびて・・・(2)


「ウソ偽りを言うと 承知せんぞ。
『 ハーケン○ロイツ 』 が付いていたら、 
全て 送り主に強制送還するというのかっ?
(真剣を通り越して 怖いお顔で撮れてしまった 少佐殿) 」


イヤ~ん、 久しぶりに 彼の この↓  厳ついお顔がアップ出来ましたァ~  
いいのよ、 季節は どうせ 「 ハロウィン 」 だから 怖くてちょうどいいでしょう?


待ちわびて・・・(2)


な・何を なさるんざんす?  ウソなんかじゃありませんわ!
税関で検査を受けた時に たしかに そう言っていましたわ!
痛いから 手を放してっ!  
(怯えながら 必死に手を払おうとする 小マダム・ Poppy) 」


待ちわびて・・・(2)


D国でショーゲキの 再デビューを果たしてしまった 少佐殿ォ~!!
やっぱり 彼には こういうお役柄しかないようで・・・


それでは 続きはいつものように

ボタンのあ・と・で・・・・・・

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

待ちわびて・・・・・

今年の夏に 再びD国に戻ってきて ほとんど 4か月ほどになります。

最後にブログ記事をお届けしてから
一か月以上も 「ブログ放置」が続き・・・ 

「 もうMkonosukeは ブログやめたのかしら?? 」
・・・ と思われても仕方がないほど ほっぽりっ放しでしたがね・・・ 
また 少しづつ 再開していきたいと思っておりま~す。

世間では IT社の 新しい コンベンション・ドールが出回り・・・
Mikonosukeも 懲りずに 「ハダカ・ドール」を購入するなど 
影では せっせと 「ドール活動」をしていたのは 事実ですが
いかにせん、買うドール、買うドール こういつも 税関に呼び出されて
その度に 「変な顔」をされて 税金をふんだくられるので
(ありがたいことに・・・? ) 「ドール買い」 がずいぶん セーブされて参りました。
なので うちでは まだこの子たちが ↓  ガンバってくれております。

この一か月あまりの放置期間に うちのドール・ワールドで 何が起こっていたか
今日は それを お届け いたしますね~。



「花の都」 に行くはずだったのが・・・
暗くて、寒い D国に来る羽目になり 
来るはずの 「他の住人達」 も 未だ到着せず 

どこか 遠くを見つめた 夢見る乙女の眼差しの Springtime Poppyちゃんも・・・

待ちわびて・・・・

おすまし顔で ちょっと 「インテリな香り」 を漂わせる
Mademoiselle Poppy ちゃんも・・・

すっかり ふさぎ込んでおりまする。
(ウチのドールは オーナーの 精神状況が すぐに反映されてしまいますのよ・・・)
待ちわびて・・・・


「アラ、アラ、 皆さま なんて浮かないお顔をして・・・! (Très Chic Poppy)」

待ちわびて・・・・


「わたくし達はね、 Poppy はPoppy でも 「おフランスの 巴里~s」 のPoppy 。
いつも 晴れやかに 楽しげにしていなくては いけませんのよ~?
(Très Chic 嬢)」


(元気のいいのは このヒトだけ・・・ )


待ちわびて・・・・


「さ、さ・・・元気を出して! 『新しいお友達』 をお迎えするのだから 
最高の笑顔を 作って お出迎えいたしましょう? (Très Chic 嬢)」



待ちわびて・・・・

「そ・それじゃあ 『 他の住人 』 の皆さまが
ようやく 到着したのですか?  (Poppys) 」


待ちわびて・・・・


「ああ、もう 待ちくたびれてしまったわ・・・。
それでなくとも ここは 「暗くて、寒い」 のですもの・・・。
せめて たくさん お友達に会って 
笑い、さざめいて 過ごしたいものだわ・・・・。 (Springtime 嬢)」


(彼女、なかなか 麗しいお顔つきの Poppy ですね・・・?)

待ちわびて・・・・


「フフフ、大丈夫。 きっと 皆さま いいお友達に なれましてよ?
(Très Chic) 」


待ちわびて・・・・

「今日の方はね 私たちのBon Bon シリーズのご同僚。
オーナー様が ご注文しなかったのを とても後悔なさっていた
Exclusive ドールなのよ~!  (Très Chic嬢 思わず興奮!!)」


待ちわびて・・・・

なんだ、 まだ 「先住民」が 到着したわけではないようですね?

ああ、でも ようやく 探し当てましたよ!
彼女だけは どうしても 欲しかったのです~!!



それでは 続きはいつものように

ボタンの あ・と・で・・・・・

続きを読む

PageTop