Mikos Puppenparadies 私の人形天国

困ったオーナーが最後に泣きつく先は・・・ (続編)

皆様 こんにちは~!

このところ 涼しさが増して過ごしやすくなった反面、
簡単に風邪を引きかねない今日この頃・・・。

皆様はいかがおすごしですか~??

前回は 「長年の友」である少佐殿にワイロを渡して
なんとか 「カビ」のせいで拘束され続けているVIP・Poppyを
救い出そうとしたのですが見事に断られ・・・(ク~~~~~~!!)
思い余って このヒト ↓ に 「最後の望み」を託したのでしたァ~~!!

困ったオーナーが最後に泣きつく先は・・・

・・・そう、彼女しかいないでしょう!!
困った時の Going頼み・・・ 

このうちのファッション・ドール界の 「置屋のお母さん」と異名をとった彼女・・・。
Mikonosuke エンタープライズの社長 知る人ぞ知る、Vanessa Going Placesとは彼女のこと・・・。


おぼこ娘に教えを叩き込み 最高のモデルに仕立て上げるその腕前は天下一品!
困ったオーナーが最後に泣きつく先は・・・

・・・しかし 凄いのはそれだけじゃござんせん。
Mikonosukeの忠実な「良き相談相手?」として
「不可能を 可能にする技と勇気」を持ち合わせた
年女 「蛇の道はヘビ」ドールとしても有名なんでありんす・・・。 (一体 なんのこっちゃ??)

「まあ、オーナー様・・・。 お気の毒に、なんてことを!!
信じられませんわ・・・・。 分かりました。 もし今お外からお電話頂いているのなら
こちらの社のほうへおいでになりませんか? そのほうが話が・・・。
ハイ、 お待ちしております。 (Going)
困ったオーナーが最後に泣きつく先は・・・

・・・というわけで 苦しい状況をGoingさんに聞いてもらいに
彼女のオフィスに来たMikonosuke・・・

「Mikonosuke会長、 ようこそおいでくださいました。 (Going社長)」

「Goingさん、やっぱり貴方しかいないわっ!! 助けてくれるわねっ?? (Mikonosuke)」

困ったオーナーが最後に泣きつく先は・・・

それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

困ったオーナーが最後に泣きつく先は・・・

皆様、こんにちは~!

ドール好きの私がこの夏 VIPドールを購入してから もうかなりになりますが
「しつこいカビ」 のせいで可愛いドールが未だにドール・ワールドの地下牢に
つながれたままになっておりましたねぇ・・・。

どうしても彼女を 早く釈放してもらいたいドール・オーナーのMikonosuke
思い余って少佐殿のところに相談に来た次第です。

「これはオーナー殿、お珍しいですな。
こんな夜更けにどうなされましたか? (少佐殿)」
困ったオーナーが最後に泣きつくトコロは・・・

「まあ、貴方にはいつも御世話になっておりますんでねぇ・・・。
日ごろの感謝も込めて たまにはご挨拶でも・・・と思いましてね。
これ、つまらないものですが ご家族の皆さんで召し上がってくださいよ・・・。
 (Mikonosuke)」
困ったオーナーが最後に泣きつくトコロは・・・

「そのようなお気遣いは無用です、オーナー殿。 (少佐殿・汗)」

「わ~い チョコレートらわぁ~~!!
アーデルハイト、この『クマさんチョコレート』大好物よ~~!!
あいがとう~! おばたまぁ~~~!!  (アーデルハイト)」
困ったオーナーが最後に泣きつくトコロは・・・

「それに 貴方に折り入って ご相談にのってもらいたいことがありましてね、
ちょいとその・・・ 「お人払い」を願えませんかねぇ、少佐殿・・・? (Mikonosuke)」

「アーデルハイト、『大事な話』があるから向こうの部屋に行ってなさい。 (少佐殿)」

「あ~~い、おじたま。 (アーデルハイト)」
困ったオーナーが最後に泣きつくトコロは・・・

「・・・それで、相談というのは・・・? (少佐殿)」
困ったオーナーが最後に泣きつくトコロは・・・

こんなコワモテ・オヤジに言うのはちょっと勇気の要ることなのですが
思い切って言ってみることにします。

・・・続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・

続きを読む

PageTop

FR Dania Zarr " Nostalgia "

皆様、こんばんは~!

このところ、朝夕すっかり涼しくなってまいりましたねェ~?? 
いかがお過ごしですか??

「うだるような暑さ」から解放されて
少しづつ ドール遊びもまた楽しくなってまいりました。 

今日 ようやくご紹介できるのはこちら・・・

ずいぶん前に手に入れておりましたが どうにも暑くて面白い遊びが思いつかず
今日まで箱の中で眠りっぱなし・・・になっていた久しぶりのFR美女・・・。
FR Dania Nostalgia

「ちょっと長すぎるわよ・・・。 こんなイイ女を閉じ込めておいて・・・。 
カビでも生えたらどうするつもりよ・・・。 (Dania)」

紐解いてあげる必要もなく、自分で勝手に出てくるFR女史・・・
FR Dania Nostalgia

「フンっ、あんたがオーナーね。 お詫びなんかいいから
早くアクセサリーを付けてちょうだいよっ!!  (Dania)」

うお~~~!! この「氷の眼差し」!! なんと冷たそうな 「銀ぎつね・ルック??」
FR Dania Nostalgia

「ようやく少し落ち着いたわね・・・。
・・・それで アタシにどうしろっていうのよ? (Dania)」
FR Dania Nostalgia

ハイハイ、貴方にはやってもらいたいことがたくさんあるんですよ、Daniaさん・・・

それでは 続きは
いつものように

ボタンのあ・と・で・・・

続きを読む

PageTop

Poppy Parker - The Young Sophisticate

皆様、こんにちは~!

「昔のお話」 の舞台を片づけようとしましたが 今回はこれをそのまま利用して

この夏に到着していた (カビ一つない)新人さん をご紹介いたしましょう・・・。
Poppy Parker - The Young Sophisticate

The Young Sophisticate Poppy Parker
2013 WClub Exclusuve

Poppy Parker - The Young Sophisticate

聞きしに勝る 「目力のある」 美人ドールです。

Poppy Parker - The Young Sophisticate

ちょっと前に To the Fair Poppyちゃんをお迎えしていたので
金髪が2体 カブってしまうかな・・・? とも思ったのですが・・・

Poppy Parker To The Fair

表情と雰囲気が違い・・・まんまとIT社の思惑通り、
(「お嬢様」の魅力に勝てず) こちらに呼び寄せることに・・・。

もうあちらこちらのブログで紹介されつくして それほど
珍しくなくなってますが、自分の記録として今日は記事を載せておきますね~!!

それでは 続きはいつものように

ボタンのあ・と・で・・・

続きを読む

PageTop

昔の話 「母の葛藤」 (続編)

皆様、こんにちは~!!

アルガイア―さんちのお婆様の昔ばなしが長々と続いております。
(おばあちゃんは一度話し出すと止まんないんですよねェ~~~!! スミマセ~~~ン!!  苦笑~~~!! )

前回のお話では 彼女の可愛い息子のヴィルヘルム君が
人生の進路決定を前に 後見人のフォン・オイヒのオジサンに
ある相談事を持ち込みます。

昔の話 ⒉ - 「母の葛藤」の巻

母親の思いとは裏腹に
自分の父親と「同じ道」を歩みたいと願う息子・・・。 (よくあるパターンです・・・)

今日はどんなことになるでしょうか・・・?

続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・

続きを読む

PageTop

昔の話 その2 - 「母の葛藤」の巻

皆様 こんにちは~!

この夏は (暑さのせいで?)ブログ放置気味だった私、Mikonosuke~!!
気候が涼しさを取り戻して 元気回復して参りましたので 滞っていたお話を
また 少しづつ進めていきたいと思います。

前回のお話では 「お盆」の季節にことよせて 
家族、親戚の集まったところで お婆様の昔話が始まりました・・・
(覚えておられますか?)
お婆様の激動の半生

ラブラブ爺様との 「幸せな新婚生活ぶり」に 「可愛い子供の誕生」・・・

お婆様の激動の半生

・・・そして涙なくては語れない 「今生の別れ」・・・

お婆様の激動の半生

逞しく成長する我が子と それを支えてくれる 頼もしい (+ 素敵な) 友人・・・

お婆様の激動の半生

今日はその続きです。 
「えっ? Mikonosukeさん、それじゃあ 少佐殿とご家族は あれから今日までずっと夏の間 居間に座りっきりだったんですかぁ~~??」
・・・なぁ~んて あまり細かいことは 気になさらないでくださいねェ~。 (笑い)


それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・

続きを読む

PageTop

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」? 」

皆様、こんにちは~!

今日は久しぶりに Mikonosuke ”Sabrina 劇場” の続きをお送りしたいと思いま~す!!

えっ?! ヒドイMikonosukeったら、まさかSabrinaちゃんの女優さんを交代?!
先ごろ Mattel社で発売された 「新・Sabrina」ドールでございます。 (あら~!なんて美人!!)
見たところ ドレスには大差はないようですが、この美しいお顔立ち・・・
(アラ悔しい~! やられたわねェ~! Mattelさんにィ~ん!!)

Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


立ち姿もこのとおり! なんと美しい~~!!
( 商品画像はFAR-OUT さんのモノを利用させていただきました。)
Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


ほう・・・、この兄弟もやはり見ておりますねェ~!! 
どんな感想を持っているのでしょうか??


Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「早まったかなァ~、兄さん。 正直、僕好みだよ・・・。
参ったなァ~・・・。 (デイヴィッド・小声)」  (オイ、コラッ!!何て事を!!) 


「さすがは 老舗 Mattel社だな。 ブスは作らん。(ライナス 社長・つぶやき)」

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「これだけの美人なら うちのオーナーのことだから もしかしたら買うかもしれないなァ・・・(デイビッド・小声)」


ライナスさんがひょいと後ろを見ると 
そこには 驚いた顔をして立ち尽くしていたサブリナちゃんが・・・・!!
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「そんなことあるかっ!! このうちにはサブリナは一人だっ!! (ライナス社長)」

「う・うお~! 何するんだよォ~! (デイビッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「なんだよ! 兄さんだってたった今言ったじゃないかっ!
『さすがは 老舗 Mattel社』・・・だって!! (デイヴィッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「お前、一体 何人の「サブリナ」と付き合えば気が済むんだっ!! (ライナス社長・力のこもった小声)」Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「その度に 「手切れ金」を払わせられるのはこの”オレ” だということを忘れるなよっ! (ライナス社長・迫力のどアップ!!)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「さあ、サブリナ! 行こうか? 
今日は 「ブログの撮影の日」 だったね・・・? (ライナス社長)」

「え・ええ・・・・ (サブリナちゃん・汗)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

さて、今日はどんなことになるのでしょうか?

続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

続きを読む

PageTop