Mikos Puppenparadies 私の人形天国

クリスマス・シリーズ 最終話 - 局長の秘密

皆様 こんばんは~!!

いよいよ押し迫ってまいりました! クリスマスまで「秒読み開始」
というところまで来ております。

このところ 立て続けにお送りしております「クリスマス・シリーズ」
今日が 最終話となります! 
長くなりましたが 最後までよろしくお願いいたしま~す!!

「クリスマスのプレゼントを子供達に時間までに配達できなかった」ことで
罰を下され 反省室送りになっていたルドルフ君とクレセントちゃん・・・

ある日 ルドルフ君は エンジェル様とBig HOの待つ部屋に呼び出されます。
Big HO から「最優秀賞の襟巻き」を手渡され・・・
「今回 お前には何のお咎めもない。 これまで以上にいい仕事を心がけて 最高のトナカイとして
精進してもらいたい。 (Big HO)」
局長の秘密

予想だにしていなかったBig HOの言葉に驚いて聞き返します。
「クレセントちゃんは・・・ サンタのクレセントはどうなったのですか? (ルドルフ)」
局長の秘密

「クレセントは今回の事態の責任をとり、サンタの職務を解かれ
別の仕事に就くことになった・・・ 」そう エンジェルが説明すると・・・
局長の秘密

「どうして彼女だけが処分されるのですか?! パートナーの僕も同罪のはずでしょう!!
彼女はどこにいるのですか??」 ルドルフ君は憤りを隠せない様子です・・・。

「これは クレセントが自ら望んでそうしたこと。」
エンジェルは静かにそう言うと ルドルフ君を 人里はなれたある森の中に連れて行きます。
局長の秘密

そこは小さな「子供サンタ」達を養成する「サンタの小学校」・・・
まだ あどけない小学生たちが整列する中、人一倍小さいサンタが子供達に
仕事の心構えを教えておりました。
局長の秘密

局長の秘密

姿こそ変わってしまっておりましたが「最愛の人」を見過ごすはずがありません。
局長の秘密

「自分のことで頭がいっぱいになり、大切な『子供達の心』を忘れてしまっていたことを
とても悔いているのだ・・・。 今は初心に立ち返り、子供の姿となって必死にがんばっている。
しばらく 黙って見守っていてやってほしい。 (エンジェル)」

・・・そう言われてルドルフ君には 返す言葉がありませんでした。
局長の秘密

愛しいひとの「幼な児」に成り変ったその姿を見ているのがつらくて、
彼もまたサンタ界を後にします。 
局長の秘密

そうして 1年に一遍、クリスマスの時期になるとこうして戻ってきては
ただ黙って 彼の「小さなサンタ」を見守り続けているのです。
局長の秘密

幾年かの冬が過ぎ、今年もまたこの森に帰り、
クリスマス前夜となりました。
局長の秘密

・・・とそこに新人サンタのホーホーホーが息せき切って走ってまいりました。

「ル・ルドルフさん! 来てください! 大変なことが起きました!!」
局長の秘密

「帰還した もふもふさんがっ!! (ホーホーホー)」
局長の秘密

何が起こったのでしょう?!
まだ、続きがあるんですよ~~!!
(長いけれど よろしくお付き合いくださいませ~!!)

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

ルドルフの思い出 - その2

皆様 こんにちは~!!

最近、すっかり「クリスマス」一色に染まっているMikonosukeドール・ワールドです!
うちのブログには珍しく「シリアスで、ロマンチック?」な流れになってきておりますが、
まあ 1年に一遍あるかないかのことですので ちょっとだけお付き合いください!

「トナカイ青年」のルドルフ君、一番の理解者で最愛の人 クレセントちゃんと出会い
彼の「トナカイ人生」が一変します。 
(・・・でもいいほうに 一変すれば良いのですがねぇ~・・・)

「トナカイ最優秀賞」とその褒美にもらった「人の姿」・・・
「アドーニス」張りの”Express・トナカイ”の噂は一夜にしてサンタ界の津々浦々まで広まります。
ルドルフの思い出 2

それからというもの、彼の周りには
「クリスマスの配達の依頼」が引きも切らさず・・・・
ルドルフの思い出 2

サンタ達が「ルドルフとの契約」に先を争う始末・・・
ルドルフの思い出 2

挙句の果てには順番待ちの長蛇の列ができるほど・・・ (ホントかいな・・?)
ルドルフの思い出 2

大切なパートナーのルドルフ君が生き生きと仕事の話をしている姿を見るのは
クレセントちゃんにとっても嬉しいことではあるのですが・・・

2人で過ごす時間が少なくて 寂しい思いをしているのもまた事実・・・
ルドルフの思い出 2

ルドルフ君もそんなクレセントちゃんの様子を気にかけておりました。

しかし『早く一流のトナカイになって、クレセントちゃんにプロポーズを・・・・』
そう 焦れば焦るほど ますます仕事が増えてしまいます。
ルドルフの思い出 2

クリスマス前夜 ぽっかりと時間がとれたので久しぶりに2人で雪道を散歩に出かけます。

「この仕事が終わったら 君のご両親にご挨拶がしたい。 
僕がトナカイでも ずっと一緒にいてくれる? (ルドルフ)」
ルドルフの思い出 2

クレセントちゃんはサンタとはいえ「月の王国」の王族の娘・・・
「前途多難な恋」になるのは分かっていても ルドルフ君の言葉は
何よりも嬉しいプレゼントとなりました。
ルドルフの思い出 2

ああ~! すみません!今日も長いお話になりそうです!(しかもちょっとシリアス!!)
続きは いつものようにボタンの後で~!!

続きを読む

PageTop

ルドルフの思い出

皆様 こんにちは~!!

クリスマスまでもう数日・・・!! おすこやかにお過ごしでしょうか?
もっと早く記事をアップしようと思っていたのですが、
思わぬ”アクシデント”??に見舞われ 時間がかかってしまいました!

クリスマス・・・ということでお送りしている「サンタ界」でのお話
今日もその続きをお楽しみください!

「人間ドール界?」に出稼ぎに出ていたトナカイのルドルフ君が
1年に一遍の「大仕事」のために サンタ界に帰ってまいりました。
今年の「配達プロジェクト」のリーダー 「もふもふ・モモちゃん」は大喜び!!
(だって、この美形・トナカイのルドルフ君と働きたくって 
「リーダ-」に立候補したくらいなんですもの・・・・)
ルドルフの思い出

「Mikonsuke・ドールワールド」のサンタ取締役、チビの局長が言います。

「もふもふよ、今年は思いもかけずもう一人「サンタの見習い」を受け入れることになった。 
ホーはまだ何も分からぬ素人ゆえ、「本番前」に一度 
民家の中の様子を見せてやったほうがよい。 
そうすれば 失敗も少なくて済むであろう。 (局長)」
ルドルフの思い出

「ええ~~!! それってアタシに『その子を連れて 家に忍び込め』
って言ってんのぉ~~?? ルドルフがまだ出られないんじゃ 
アタシだって行かないわよぉ~!! (もふもふ)」
ルドルフの思い出

お目当てのルドルフ君は 今着いたばかりでまだ「変身」が完了しておりません。

「ゴメンよ もふもふちゃん、もうちょっと時間がかかりそうなんだ・・・(ルドルフ)」
ルドルフの思い出

「外には代わりのトナカイが2頭おる。 そなた達2人なら問題はないはずじゃ。
ホーを連れて何軒か夜の「居間」と「子供部屋」の様子を見せてやるだけでよい (局長)」
ルドルフの思い出

「いやん、いやん、いやん!! アタシはルドルフとじゃないと 出かけないよ!! (もふもふ)」
しがみついて ダダをこねるもふもふちゃんに・・・
ルドルフの思い出

「よいか、サンタは子供に「夢」と「喜び」を与えるのが一番の仕事!!
クリスマスの晩は 皆が楽しみにプレゼントを待っているのだ!!
何か失敗があって、待っている子供の「期待」に添えぬようなことにでもなったら一大事!!
そのことを ゆめゆめ 忘れるでないぞ!! (局長)」
ルドルフの思い出

小さいけれど「デカ目」の局長にすごまれて、渋々 ホーを連れて出かけるもふもふちゃん・・・。
ルドルフの思い出

「局長、スミマセン。 変身が完了するまで他の仕事を手伝います・・・(ルドルフ)」

「・・・お前の「鼻」は役に立つ。 他のサンタたちも期待しておる。
本番までにしっかり体調を整えておくのだぞ・・・・・(局長)」
ルドルフの思い出

「お前の鼻は役に立つ・・・・」 ルドルフ君の心にふっと「あるサンタ」の面影がよぎります。

ルドルフの思い出

今日はとても長~いお話になりそうです。
続きは いつものように ボタンの後で・・・!

続きを読む

PageTop

集結するサンタたち

皆様 おひさしぶりでございますぅ~!

前回 いただいたコメントにお返事が大変遅くなりまして
本当にすみませんでした~!! 

久しぶりに製作活動に力をいれなくてはならない状況で、
(・・・というより、期日までに作っておきたかったお洋服に全く手を付けておらず、)
眠い目をこすり手に針を刺しながら作業をしており、メールを見ることすら忘れて「お針子」に
没頭しておりました。

今日は久しぶりに前回の続き、小さなサンタたちの「お仕事」ぶりを
皆様と一緒に覗いてみようと思います。

あれ~? またしても街から森の奥に向けてヴェスパを走らせる小さい影が・・・
こちらの「ミニ・ヴェスパ」前回、風邪を引きながら旅をした日光のお土産物屋で見つけました。
「もっと『日光らしいもの』買ったらぁ~?」と旦那に言われましたが、
「いいのよ、ママにはこれで・・・」と娘が私に見つけてきてくれました!!
サンタたちのお仕事

辺りを見回しておりますが、大丈夫でしょうか?
サンタたちのお仕事

しばらく考えるとまた「森の奥」めがけて走り出したました。
サンタたちのお仕事

それでは 続きはいつものようにボタンの後で・・・

続きを読む

PageTop

「ドール遊びを卒業した娘」から「ドール遊びに再入学した母」への贈り物

皆様 こんばんは~!

この週末は子供達の学校行事が入り、日ごろの「気忙しさ」に更に拍車を掛けることになりました。
帰宅後、久しぶりにドールの置いてある部屋に行ってみるとこんなモノが・・・・
「ドール卒業娘」と「ドール再入学母」
娘が昔遊んでいた「スチュアーデス・バービー」ちゃんと 巨大乗り物「バービーの電車」でした。
このお人形を娘に買い与えた年には あいにく「飛行機」ではなくて「電車」が発売されておりましたので、
それをきっかけに「電車の運転手兼、車掌さん」になってしまったバービーちゃんです。

さすがは女の子! 「物持ち」がいいですね~! 
昔子供達と「ドール遊び」をしたときに活躍したバービーちゃんでした!
(役どころは「少佐殿の妹君」! なぜなら 金髪・青い目・制服を着ているから・・・
子供らしい単純な発想!)
「ドール卒業娘」と「ドール再入学母」

「ママ、ブログに使っていいわよ・・・・・ (娘)」
「ドール遊びを卒業した娘」からの いわば「お下がり」を頂戴したわけです!!
「あら! 嬉しい~~~!!」と思いながら、『う~む! 私、大丈夫かしら・・・』と
ちょっと 立ち止まって 悩んでみたりして・・・。 
(まだ、心のどこかに多少「まっとうな大人の部分」も残っているようです・・・汗)
「ドール卒業娘」と「ドール再入学母」
「ドール卒業娘」と「ドール再入学母」

別の「お下がり品」はプレイ・モビールに付属していた背景台紙を4つ・・・・
(昔よく、娘には「プレイ・モビール」の、長男には「レゴ」のAdvent Calendarを買っていました。)

丁度、クリスマス・シーズンを彩る背景がなかったものでこれまた大喜び!!
「私、本当に大丈夫かしら・・・・・? (私)」
「ドール卒業娘」と「ドール再入学母」

・・・という具合で、いいタイミングで季節にあったものを入手できたので、
今日はこのままこれを利用した「ドール小話」に突入してみたいと思います!

それでは
いつものように 続きはボタンの後で・・・・・

続きを読む

PageTop

「岩のような男」の使命

皆様 こんばんは~~!!
ようやく前々回の続きの記事がアップできました~~。

ジョンの前に突如現れた「岩のような男」!!
どうも 彼のことを知っているようですね。

「・・・ど・どうしてここが分かったんだ・・・? (ジョン)」

一人「戦いの螺旋」から降りて、ひっそりと Mikonosuke・ドールワールド暮らしていたジョン・・・
まさか、ここまで追いかけてくるとは・・・・?
「岩のような男」の使命

ご存知の方も多いはず・・・。 この「岩のような男」!!
アーノルド・シュワルツェネッガーが演じた 映画「Terminater・2」の T-800 です!

「連中は お前の命を狙っている。
オレの使命はお前の身辺警護にあたることだ。 (T-800)」
「岩のような男」の使命

・・・と2人が・・・、いや一人と一体が話しているところに
小さな「邪魔」が入ります。
「岩のような男」の使命

「ちょっと・・・・・どうちてここに こんなにヒトが倒れていゆの・・・? (婦警ベッチー)」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (T-800)」
「岩のような男」の使命

ああ~! 路上に倒れている極悪人ドールズに気付き 
婦警のベッチーが尋問してまいりました!!

なんだかややこしいことに!!!
続きは いつものようにボタンの後で・・・

続きを読む

PageTop

" Lady in Waiting " has waited sooooo long !!

皆様、お久しぶりです~!

次男のお誕生パーティーが終わり、義務から解放されてとても喜んでいるMikonosukeです!
また今日から時間を見つけては「ドール・パラダイス」の記事を書いてまいりますよ~~!

予定では、前回の続き「岩のような男・ドール」について書くつもりでおりましたが、
カメラの調子?が良くなく 急遽撮り貯めた別の写真の記事をお送りいたします。
ご了承ください!

今日ご紹介するのは 久しぶりの「綺麗どころ!!」
FR ”Lady in Waiting” Dania Zarr です!!

このところ、「むくつけき・・・」あるいは「お笑い」の記事が続きましたので、
ちょっと一息ついて 「綺麗なドールの世界」を思い出してみましょうねぇ~!!
”Lady in wating has waited so long・・・・”

実はこちらのDania様、かなり前から家におりましたが、
後から来た”Red Zinger”に先を越され ブログでのお披露目もされず、
今日まで「箱入り”娘”」ならぬ「箱入り”マダム”」として待たされておりました!
(さすがは Lady in ”Waiting”!!)
”Lady in wating has waited so long・・・・”

”Lady in waiting”を辞書で見てみると、「(女王、王女)の侍女・女官」・・・
という意味だそうですが 女官のような「脇役」ではなく、
しっかり「主役」を主張しそうなお顔つき・・・。
”Lady in wating has waited so long・・・・”

・・・ただ、紫のアイ・シャドーに青白いお顔色・・・
あまり「健康はつらつ」とした雰囲気はありません。

それでは いつものように、
続きは ボタンの後で・・・・・

続きを読む

PageTop