Mikos Puppenparadies 私の人形天国

極悪人ドールとこのウチの警備体制

最近 これなるものを購入いたしました。 「ドール小話」には欠かせないかわいいご衣裳がなんと8着も!
なりきり婦警さん
前回 Goingさんの発言の中に「このウチには警察なんてないのよ・・・!」というものがありましたが 実はまるで ナイわけではないのです。 ご覧のとおり「なりきり婦警さん」のご衣裳があるのですから。。。!
開けてみると これがなんとも かわいい小さい衣装でした。 でも これを着れるドールはかなり細く、小さい方々。。。  例えば こんなヒト。。。
なりきり婦警さん
「あら ベッチー! 幼稚園の仮装大会?(私)」 「。。。。。。。。。。。。。。(ベッチー)」
なりきり婦警さん
まあるいおめめ、ふっくらホッペ。。。フフッ。。。なんてかわいいんでしょ!
なりきり婦警さん
いくら警察犬を足元に従わせていても 怖くもなんともありません。
やはり 威厳をもって もっと大きいヒトに「婦警さん」は演じてもらわねば。。。。と思い、
こんどは このヒトに着ていただきました。
なりきり婦警さん
「ホラホラ ぼく達! ちゃんと 信号は手を上げて渡りましょうね!」はりきっているのは「ラブ・アラモード」モモコちゃんです。 白いブーツをそのまま履いて来てしまいました。 そこが彼女らしい!
なりきり婦警さん
立て巻きロールがクルルンとしていて なかなかかわいい子です! 
かわいいだけでなく 結構 生真面目!
「悪いことをするドールは この私が チョメチョメ お仕置きしてあげるんだから~!!(アラモード)」
なりきり婦警さん
はりきって「お仕置きポーズ」を決めるアラモードちゃん。。。 モモコ・ドールの初めてのお目見えだというのにこういうポーズをさせるのは私ぐらいでしょうか? (モモコファンの方々 すみません。。。)

しかし、彼女のはりきりが裏目に。。。 
このウチには 子供が3人。 母親の影響もあって それぞれの子がいろいろなドールを持っております。
中でも眼を見張るのは 次男のドール・コレクション! 彼のおもちゃ箱の中にはこーんなのがおります。
極悪人ドール
極悪人ドール
住所不定・無職 窃盗暦、恐喝未遂。。。。というカンジのお方。。。
(ズボンのファスナーが開いてしまっておりましたが 深い意味はありません。。。)

極悪人ドール
極悪人ドール
極悪人ドール
もう こうなると「超人的」で 警察官の手に負えそうもありません。。。

極悪人ドール
極悪人ドール
極悪人ドール
このヒトなんか なかなか味のあるドールだと思います。 「深いキャラクター」を漂わせております。。。

こういう 極悪人ドールズが 可憐でヒラヒラした婦警のモモちゃんを見たら なんて思うでしょう??
「オラァ! 早く チョメチョメ お仕置きしておくれよ~!(極悪人ドール・3)」
「きゃあ~ 怖い~ッ!! (アラモード)」
極悪人ドール
「オレにも してくれよ~!!  オレなんか、お仕置きしてもらいたいから、いつもの倍も悪いことしてきたんダゼ~ェ!! (極悪人ドール・2)」
「イヤ~ッ! よらないで~ッ!!! (アラモード)」 デビュー早々災難の嵐です。。。

可憐な婦警さんの「ちょめちょめお仕置き」は 極悪人ドールズの犯罪意欲をますます掻き立てる結果となっているようです。。。
極悪人ドール
挙句の果てには 「クワバラ」スタイルのモモちゃん。。(もう 気の毒だからこの辺にしといてあげましょう)
極悪人ドール
ベッチーも転んで大泣き。。。
「オイ 嬢ちゃん、 オリャ 何にもしてないぜ。。。(極悪人ドール・3)」
極悪人ドール
このウチの婦警さん達は あまり役に立ちそうもありません。。。

それでは。。。

スポンサーサイト

PageTop

Magic 失踪 ! Going の怒り!!

その日Going社長が出社すると会社の前にはたくさんの報道陣が。。。
「ああっ フラッシュはたかないで下さる?(Going)」
DSC00952.jpg
「ふふん、何の取材? 『有能な美人社長の一日』・・・とか、『Goingの若さと魅力の秘訣』・・・とかの企画かしら。。。?(Going)」 のんきなことを考えております。

DSC00954.jpg
「Going社長! 今話題の美人モデルを次々に輩出しているMikonosuke事務所の責任者として飛ぶ鳥を落とす勢いですが、『いやがらせ』による精神的な苦痛が理由で先ごろ新人モデルが1人失踪したと報道されております。
真相はどうなんでしょうか?(記者)」

DSC00957.jpg
「えっ モデルが失踪? 何かのお間違えじゃありませんの? うちには失踪するような子はおりませんのよ。」
DSC00956.jpg
「入手した情報によりますと、『売れないドールは髪でも下ろして尼寺へ行けっ!』とGoing社長が新人モデルに向かって罵ったとか罵らなかったとか言われておりますが。。。(記者)」
DSC00958.jpg
「ぬ・ぬわんですって~ッ!?(Going)」 (どうやら「植毛手術」をMagicちゃんに勧めたことに「尾ひれがビラビラ」とついて かなりひどい内容になって広がっているようです。。。)

「もし うわさが本当ならMikonosuke事務所の職場の雰囲気にはかなり問題があるのでは。。。あっ、あの。。(記者)」 Goingのお母さんの手がスーッと記者のネクタイに伸びていきます。。。
DSC00962.jpg

「チョイト あんた! あたしゃね うちの会長(私)が連れてきた子ならどんな子でも鍛えて、磨き上げて一流のモデルに仕込んでるんだよ! どんなに風采のあがらないのでも時間と労力かけて教え導いてるってのに、何にもしらないアンタのような奴にあーだこーだ言われたくないねッ! (Going)」
「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(記者)」
DSC00969.jpg

このド迫力! もはやドールとは思えません! (ちなみに撮影現場はこんなカンジ・・・
これは これで面白いショットですね。。。)
DSC00964.jpg

報道陣をかき分けて やっとのことで事務所に入ったGoingのお母さん 秘書の'The look of love' ちゃんにコートを渡します。 「下は すごい騒ぎになってるわ、『ポピー失踪』って まさかあの小娘。。。(Going)」
「社長 お聞き及びではなかったのですか。。。? (look)」
DSC00973.jpg

lookちゃんは手際よく社長に朝の紅茶をお出しすると その日の朝刊を持ってまいりました。
DSC01012.jpg

食い入るように朝刊に目を走らせるGoingのお母さん。。。
「あの小娘。。。とんでもない噂を振りまいてくれたもんだわ。。。(Going)」
「社長、これ以上 社のイメージを落とさないためにも やはりMagicの捜索願を出しておいたほうがよいのでは。。。? (look)」 (lookちゃんは なかなか使える秘書のようです。)
DSC01013.jpg

「そうね。。。それじゃ 陸軍省のラードル大佐に至急連絡を取ってちょうだい! (Going)」
「警察でなくて いいのですか? (look)」
「このうちには 警察なんてないのよ! 問題が生じた場合は陸軍省に連絡するのよ!! (Going)」
DSC01020.jpg

lookちゃんが去ったあと ソファーに腰を下ろし考え込むGoing。。。
DSC01021.jpg

「このままには しておけないわ。。。」 Goingのお母さんにひとつの考えが浮かびます。。。
DSC01022.jpg
「これ以上 ヘンな噂を立てられないためにも なんとか しなくては。。。 (Going)」

さて、次回はどうなるでしょう??
お楽しみに

PageTop

コーデュロイ姉妹と森の洋裁店

今日は ちょっとドール小話をお休みして 別のドール紹介を進めてみたいと思います。

これまでこちらのブログでは Fashion Royaltyを中心にしたものを紹介して参りましたが、
この「人形天国」の発端となったのは そもそもこのドール達でした!! 
やはり 彼女達を無視してはうちのドール・ワールドは語れません!
バービー

" Corduroy cool Barbie " の green とblue です。
正確な発売年数はわかりませんがもう10年くらい前のものだと思います。
子供のおもちゃとしてはお顔立ちが綺麗過ぎる。。。と感動し2体買ったのを覚えています。
バービー
「ミドリ」ちゃんと「アオコ」さんとでも命名しておきましょう(いい加減な名前ねェ~)

バービー
可動性のあるボディが好きなので こんなかわいい2人の首を「乗馬バービー」の体に挿げ替えて
自由な動きを可能に。。。 それもそのはず! 2人にはこの家で「大きなプロジェクト」を
担ってもらうことになっていたのです!
バービーの「ワードローブ・トランク」を一軒与えられて、「ドール洋裁店」を任されることに!!
バービー

まじめな2人は美しいドレスを縫っては 他のドール達に無償で与えておりました。
バービー

互いの作品にケチを付け合って、イェ! アドヴァイスを与え合って
常に上を目指して精進しておりました。
バービー

仮縫い、本縫い。。。気が抜けません!
バービー
バービー

モデルさんにも笑顔がこぼれます!(昔、自分でリペイントしてみた子です。これが最初で最後のりぺです。)
バービー

今度はミドリちゃんの作品です。
バービー

今日のご衣裳はヴィクトリア時代風のものですねェ。
バービー
バービー
バービー

アオコさんの厳しい指摘が。。。 ミドリちゃんの待ち針を打つ手が早くなります!
バービー

2人の作品を振り返って見ましょう!
バービー
ダーク・グリーンのヴェルヴェットの生地に白いレースを合わせ、首元には薄紫色のバラが飾られております。
バービー

ミドリちゃんの作品は白のテリのある生地に ふんだんにレースを使い、
薄ピンク色のリボンや花で飾り付けてあります。
バービー

美しい2人の Ladies の出来上がり!!
バービー

でも、2人は休むことなく次のドレスの考案をはじめます! 
仕事熱心な2人なのでろくすっぽご挨拶もしませんでしたが、こんなミドリとアオコを
どうぞよろしくお願いいたします。
バービー

それでは!









PageTop

Magicちゃんの決意!


「春の嵐」が過ぎ 穏やかさを取り戻したこの日、お外は暖かくまだまだ花見日和。。。
先日からこのうちの大きいお母さん(私)にたいそう腹を立てていたPoppy Parker の Magicちゃんは
一人で新しいドール人生を踏み出すためにここを出る覚悟を決めておりました。。。

「雨の日は嫌だけど、これなら絶好の家出日和ね。。。(Magic)」(そんな日和あるんですかね。。。)

P02.jpg
少ない荷物をまとめているところに、同じ新人部屋に住んでいる Youthquake Poppy Parker ちゃんが。。。

P03.jpg

「ねえ~ Magic ってば何してんの?衣替え?? (Youth)」
P04.jpg

Magicちゃんから事情を聞いてびっくり!! 「だめだよ!家出なんて!そんなの悪いドールが
することだよ!(Youth)」 必死でMagicちゃんを引き止めます。
P05.jpg

2人が話しているところへもう一人の同居人 同じくPoppy Parker のIn The Air ちゃんがご帰宅!
とてもいいご機嫌です。「今日はお金が入ったからみんなにケーキかって来たよォ~ん!!(Air)」
P06.jpg
彼女はPoppy仲間の内でも順調に出世街道を歩み、先日お母さんと一緒にCafe-Bar Bさんの
ワークショップに行って air skip先生のシャツ・ワンピースを着て無事にデビューを果たしました。
(彼女が今着ているのが そのシャツ・ワンピース! 本物のシャツ並みの複雑な作りで 難しかったです。
でも、素敵でしょ??)

Sony Poppy
小さい紙袋の中からは たくさんのケーキが次から次へと。。。(魔法の紙袋かッ?!)

Sony Poppy
「さあ、みんなで食べて パーッとやろう、パーッと!!。。。(Air)」 (気前のいい人ね。。。)

Sony Poppy
「Air。。。それどころじゃないんだよォ~、Magicがね。。。」 Youthちゃんの顔が曇ります。。。
「どうしたの 2人とも。。。?? (Air)」

Sony Poppy
Youthちゃんが口を開く前に、「あの。。。2人には本当にお世話になりました。。。
私は今日を限りでこの家を出ることにします。(Magic)」
あわてる2人! 「出るって言ったって、行くところはあるの??(Air)」

Sony Poppy
「そんなことはどうでもいいの!! 私、愛されてもいないのにここにいられないわ。。。
さっ、さよなら。。。(涙・涙・涙・・・・)(Magic)」

Sony Poppy
「そんなこと。。。って言ったって。。。あ~あ! 行っちゃった。。。(2人)」

Sony Poppy
Magicちゃんの去った後には 彼女のお気に入りの「熊彦」が寂しく一匹横たわっておりました。

Sony Poppy
「熊彦」を拾い上げて顔を見合す2人。。。

Sony Poppy
「いつか 熊彦を取りにまた戻ってくるよね。。Magicのお気に入りだものね。。。(Youth)」

Sony Poppy
「ああっ! 大丈夫 大丈夫!! 「いつか」どころか夕飯どきには戻って来ていると思うよ!(Air)」
(まあ 細い体でよく食べるわねェ あなた。。。(私))

Sony Poppy
「でもさ。。戻って来なかったら あの”Goingのおばさん”に私たちが怒られたりして。。。(Youth)」
「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

Airちゃんは ”Going。。。”と聞いて心配になりMagicちゃんを探しに行ってしまいました。

Sony Poppy
ひとり残されるYouthちゃん。。。
「それにしても ケーキこんなにどうするつもりなんだろね。。。私は食べないからね。太るし。。(Youth)」

さて、続きはどうなるでしょうね! 
お楽しみに

PageTop

Magicちゃんの決意!


「春の嵐」が過ぎ 穏やかさを取り戻したこの日、お外は暖かくまだまだ花見日和。。。
先日からこのうちの大きいお母さん(私)にたいそう腹を立てていたPoppy Parker の Magicちゃんは
一人で新しいドール人生を踏み出すためにここを出る覚悟を決めておりました。。。

「雨の日は嫌だけど、これなら絶好の家出日和ね。。。(Magic)」(そんな日和あるんですかね。。。)

続きは 畳みます。。。

続きを読む

PageTop

魅力爆発- 新型 JETT!

去年(2011年)の7月始めに日本で発売された " The Plastic Inevitable Downtown Darling Jett "
です。 当時BICの通販サイトで写真を目にし、是非欲しいと思って狙っておりました。
7月1日・2日と忙しい日々が続いて数日ネットを見ていなかったら
なんと AZONE さんで発売と同時に売切れてしまったということでした。(激怒!!)

秋葉もダメ、アゾネットもダメ、大阪まで電話をしても売り切れで泣きたくなりました。
おかしなことに湘南のネットでは宣伝もしていなかったので、「もしかしたら。。。」
と問い合わせると1体この子が残っておりました。
(その数分後には、家族にご飯も作らず、電車に乗っておりました。。。ヒドイ母親。。。)

D-1

しっかりした顔の美人さんで、私好みの「微笑みを浮かべた子」です。
このちょっとすましたところが気に入っています。
D-1

デフォルトの衣装はどちらかというと「町のイケイケお姉さん。。。」という感じですが、
クラシックな髪型のせいか白黒写真にするととても「レトロな "Lady" タイプ」に。。。
D-1

今日は思い切って自作のドレスを着せてみました。 "Lady" になっているでしょうか?
D-1

やはり、バービーサイズの型紙なので若干「胸周り」が彼女には大きすぎたようです。。。
D-1

非常に「目ヂカラ」の強い子ですね。
D-1

この白黒では目元がいくらか優しく撮れたかな。。?
角度によっていろいろな表情が出てきます。
D-1

さて、撮影も終わり Jettさん普段着で登場!
同じドールとは思えないこの「ワイルドさ」!
D-1

芸能記者に男との密会をスクープされたような感じでしょ?
D-1
D-1

挙句の果てには、「フッ、あんた達そんなに見たいの?」とこちらをあざ笑うような
ワン・ショット!!
D-1

そして この目!! 「男を手玉に取る 悪い女」も難なくこなします。
(自分がこういう「かっこいい女」になれなかったので 多分に憧れがあります。。。)
D-1

それにしてもジョンはこのあいだ 新着ヴェロニク様と浮名を流していたのではなかったの???
Jettの魅力に当てられたのは どうやら私だけではなかったようです。。。

それでは





PageTop

春ですもの-Luchia 新宿御苑に出現!

昨日、4月8日桜を愛でに主人と2人で新宿御苑に参りました。
どうせ写真を撮るなら桜だけでは。。。と思い、この方を連れて行きました。

FR-Luchia
「丸顔・黒髪」の第3弾 "Dress Me Luchia" 嬢です。

FR-Luchia
ウソかホントかは知りませんが、このLuchia は映画 " SAYURI " に似せて作られている。。。
と以前知人から聞いたことがありました。(確かに似ているかも。。。)

FR-Luchia
それならイッチョ! 番傘もつけてやってみよう!と撮ったのがこの1枚!
「かさ」がちょっと小さかったですね。。。

FR-Luchia
桜満開の下での1枚!「長かった冬」の終わりを告げるばかりの光景でしょ?

FR-Luchia
暖かく、日差しも良好!この日はmikonosukeにとって初の戸外での撮影でした。

FR-Luchia
ご存知のとおり、新宿御苑にはモノスゴイ数のヒトが出ていて、
ドールを持っての撮影は決まりが悪いものがありました。(汗・汗・汗・・・)
私がひるんでいると、「ヒトに迷惑もかけていないのに、どうして遠慮することがあろうか!!」
と強気の亭主が撮影に協力!(こんなヒトだとは知りませんでした!!)

FR-Luchia
(左下・主人の手)
案の定、私の後ろで「げーッ、人形ーッ??」という若い女のヒトの声が・・・
(ヤダー!! だから言わんこっちゃない!!)
その声にメゲズニ、くるりと振り返り「綺麗でしょ?!」とにっこり顔のうちの亭主??

FR-Luchia
(左下・主人の手)
心強い撮影アシスタントです。

FR-Luchia
強気のアシスタントにドールを持たせて急いで写真をとったものだから、
ピントの合わないものが多かったです。私の「小心者ぶり」が伺えます。。。

Luchia
そんな私の気苦労とはうらはらに、Luchiaさんの艶やかなこと。。。

FR-Luchia
                                ( 映画" SAYURI " から )
これで、うちのLuchiaさんにもかっこいい「旦那」がつけば言うことなしなのですが、
まあ、今日のところはお披露目なのでこのくらいにしておきましょうね。

PageTop

Veronique 様の到来

いろいろな方々のブログを見ているうちに、これまで気にも留めていなかったドールに

恋焦がれはじめることがございますが。。。この人もそんなドールの一人でした。。。

FR-Vero
" Style Counsel Veronique " 様です。 相棒のお方にはあまりそそられなかったものですから、

チームを解消する決意を固められたこちらのヴェロ様にお越しいただくことに。。。

昨日、私どもが「ダーク・サイド」に潜入してバットマンを怒らせている間に我が家にお着きになりました。

ヴェロ様の年齢にも配慮して、昨夜はゆっくりお休みいただきましたが。。。

今日から、仕事を始めていただいておりまする。

FR-Vero
「年齢に配慮」ってどういうことよ?(ヴェロ)

カナダの出品者様から "dressed doll" という条件で購入いたしましたが、

見事に「身に着けていたドレス」だけで、靴も、短いスカートもアクセサリーも何も持たずに送られて

参りました。(やられた。。。)日本の出品者様の「誠意あるご対応」に慣れて「平和ボケ」してしまっていた、

mikonosuke の落ち度でありました。(反省。。。)

FR-Vero
「ヴェロ様、それではそろそろ撮影用にお着替えをお願いいたします。(私)」

「ハイ。。。お着替えね。。。(ヴェロ)」

FR-Vero
「あらあら。。。。こんなところに脱ぎ捨てちまって。。。まあまあ。。

これだから『やんごとないお育ちの人』は。。。自分でたたむことをしないのね。。。(私)」

FR-Vero
お洋服はたためないけれど、着こなしの良さ、身のこなしの軽やかさに『お育ちの良さ』を感じます。

FR-Vero
「あ~ッ、ヴェロ様? どうかなさいましたか?(私)」

FR-Vero
「あのさ~、ちょっと疲れたから休みいれてくれる?(ヴェロ)」

「ええ~? でもいま始めたばかりでまだ大して進んでないんですけど。。。(私)」

FR-Vero
「ちょっと、あんた時計持ってる? 今、何時?(ヴェロ)」

「あ、あんたって。。。。 今、12時ちょっと前ですけど。。。(私)」

FR-Vero
「よし、じゃ、こうしよう! 今、お昼休みにして3時から再開ってのはどう?(ヴェロ)」

「そんなぁ~、写真、今日中になんとかしないとブログに出せないんですよ! 

Goingさんにも頼まれてるし。。。もうちょっと頑張ってくださいよ~(私)」

問答を繰り返しているうちに、後ろから声が。。。

FR-Vero
「オイ、ヴェロ、昼飯でも食いに行こうぜェ (男)」 なんだかややこしそうなのが入ってきました。

「(勇気をしぼって、男に向かって。。。) あの、まだ撮影中なんですが。。。(私)」

FR-Vero
「なにィ? 撮影中だぁ?『労働基準法』ってもんがあるだろうがぁ? ええェ??
メシを喰う時間もとれねえってのか? (男)」  因縁を吹っかけてきました。。。(コワッ)

「あれ~? あなた、『ターミネーター』のジョンだね? こんなとこで何してんの?(私)」

FR-Vero
「あんたにゃ関係ねーだろ(ジョン)」

「『関係ねー』はないでしょう? こう見えてもあんたの持ち主なんだから。。。(私)」

FR-Vero
「遊んでもくれねーのに いまさら『持ち主ヅラ』すんなよ。。。(ジョン)」

そう言って『キツがる』彼のまなざしに寂しさがよぎります。。。

やはり、ハンサムで、エリートで、控えめで、ファインなブルースばかりちやほやし、

野良猫のようで、汚くて、荒くて、血だらけのジョンをなおざりにしていた事に

彼はキズついていたのでした。。。


やはり、いくら強そうに見えてもドール達は遊んでもらいたいのですね。。。

ゴメンねジョン。。。これから優しくしてあげるから。。。

「やめてくれ! 気色悪い!  (ジョン)」

キズは深そうです。。。






























PageTop

静かすぎる "Begins"

今日は趣向をかえて1/6ワールドのダークサイドに潜入いたしましょう

Batman

「ううッ、ここはどこだ?(男)」

Batman

「ゴッサム・シティにしては静かすぎる。。。(男)」

Batman

「この静けさ。。。何かいやな予感がするな。。。(男)」

Batman

「ううッ、しまったライトに照らし出されてしまった。。。(男)」

Batman

「こうなったら応戦するしかなさそうだな。。。(男)」

「あの。。銃まで持ち出して、何かあったんですか?(私)」

Batman

「えっ? 君はだれだ? こんなところに一般市民がくるもんじゃない。。早く帰りたまえ。(男)」

「かっこいい! クリスチャン・ベールにそっくり!! あなたバットマンでしょ?(私)」

Batman

「クリスチャン?? 違う、私はウェインだ。(男)」 
(どうやら彼は自分が「ブルース・ウェイン」であると思い込んでいるようです。。。(私))

「思い込んでいる?? 失敬な!!(しかしどうして知れてしまったのか。。。)

君!私がバットマンであることは内緒にしておいてくれないか?(男)」

「いいですよ。私の言うとおりにしてくれたら、内緒にしておきますよ。フフフッ(私)」

Batman

「フーッ、私にどうしろと言うのだ?!(この忙しいときに)(ウェイン)」

「ちょっと、バットマンの姿になってみてくださいよ! 写真撮りたいんです!(私)」

「ふっ。。。日本人らしい発言だな。。。まあ、いいだろう。 ちょっとだけだぞ。(ウェイン)」

お仕事中でもさすがはスーパー・ヒーロー! ファンのためにサービスを忘れません。

Batman

「さあ、これでいいか? (バットマン)」




こちらのフィグュアは先ごろ、原宿のトイ・サピエンス開店祝いで限定販売された'Batman Begins'

です。 クリスチャン・ベールのヘッドほしさに目玉が飛びぬけるような散財をしてしまいました。

バカバカ。。。でも、かっこいいと思うのです。下がオリジナルのクリスチャン・ベールですが、

もしかするとフィグュアのヘッドのほうがかっこいい????

Batman

Batman

Batman

漫画でも、ドールでもそうですが、オリジナルのものよりももっとかっこよく作られていることが

よくあります。 人間の頭の中にある「美・理想」のイメージにより近づいた形なのかもしれませんね。




「オイッ! いつまで待たせるつもりだ! 私は忙しいんだ!

Batman

「あっ! すみません! まだそこにいらしたんですね!(汗)ありがとうございました。(私)」

「。。。。。。。。。(バットマン)」


それでは、また!!



















PageTop

mikonosuke 写真の撮り方を考える

どうしても綺麗に写真がとれないことに業を煮やし、挙句の果てに「カメラが悪い。。。」と

本気で考え始めていた私に娘からの一撃!「カメラは悪くない! 腕よ!! 腕っ!

...と私からカメラを取り上げ撮ったのがこの一枚!

FR

ガクッ。。。 なんで?こんなにクリアーに写るの?(「こいつもしかして若い女が好みなのか?」

・・・とカメラに向かって猜疑心を抱き始める。。。)

私が撮るとこうなのに。。。

FR

娘だとこう。。。。。

008_convert_20120402203358[1]

009_convert_20120402203444[1]

010_convert_20120402203526[1]

かっこいい。。。。。。

娘をブログ用のカメラマンに雇おうかとも思ったが、ここで負けたら一生言われる。。。

なんとかしなければ。。。

そこで今日はとりあえず、芸術性を必要としないような、単純な背景を入れた練習をした。

次男が手伝ってくれた。 (。。というよりカメラのボタンを押したくてしょうがなかった。)

まずは、これ。。。

012_convert_20120402203612[1]

「おーい、カレンダーの写真家の名前が入ってるぞー、名前が!」

013_convert_20120402203658[1]

2人で知恵を絞り撮ったのがこの2枚目。。。ちょっとましかな?

(それにしてもアグネス いい女ね~ぇ!)

「カレンダーの写真ならたくさんあるよ。。。」というと次男が「世界旅行」とばかりに

いろいろ撮り出した。

015_convert_20120402203746[1]


018_convert_20120402203939[1]

こうして並べてみてみるとアグネスの姿勢がまるで同じだったことに気がついた。(マヌケね~ッ!)

下の写真は紙にではなく、セロファンに印刷されたもの。。。テカリが出てしまってドールの

背景としては不向きかもしれませんね。(フムフム。。。)

019_convert_20120402204027[1]

今度は写真ではなく絵。同じくセロファンに印刷された背景で撮ってみました。 

ちょっと「借り暮らしのアリエッティ」のようでしょ?

「アレ? 誰かと思ったらMagicちゃんじゃない? こんなところで何してんのさ?(私)」

021_convert_20120402204137[1]

「もう、私には構わないでください。。。(Magic)」(かなり私にムッとしているようです。。。)

023_convert_20120402204305[1]

「愛されていないのに、このお家にいるわけにはいきませんから。。。(Magic)

かわいい顔して、ずいぶん思い切ったこと言うのねぇ。。。

022_convert_20120402204226[1]

「私、本気なんだから。。。もう追わないでください、さようなら。(Magic)」

あらあら、行っちゃった。。。

でも、家出するったってどこに行くつもりなんでしょうね?

お楽しみに。。。 















PageTop

Agnes 姉妹

前回のお話は少しお休みして、今日はまじめにいきたいと思います。

相変わらず、写真の撮り方が思うようにいかず試行錯誤を繰り返しておりますが、

どうせ写真をとるなら、どなたか新しい方をご紹介できるようにしようと思い、

今回はこの方々にモデルになってもらいました。

FR-Agnes

Regal Estate Agnes嬢です。 ”Agnes ”といえばたいていひん睨んだ、こわいお顔を

していますが、その中でも顔つきの一番やわらかいのがこの人のように思います。

「黒髪・丸顔好み」の私の趣味にバッチリあってしまいました。

FR-Agnes

長く波打つ黒髪の美しいこと。。。(ちょっと、若かりしころの小柳ルミコさんのよう。。。?)

なんとなく「憂いを秘めたまなざし」がキツさを和らげています。

FR-Agnes

デフォルトの青いお靴はどうも合わない気がして、別のものをはかせました。

FR-Agnes

笑わない女・アグネス。。。

FR-Agnes

なんとなく大人の女の悲哀・・・のようなものを感じます。

FR-Agnes

その顔つきが気に入ってしまい、実は手前の黒い衣装の子も買ってしまいました。

FR-Agnes

頭だけでオークションに出ていた子。。。髪がカットされて出品されておりましたが、

頭ひとつに裸ドール一体分くらいのお値段になってしまいました。

FR-Agnes

しかし、この美貌なら仕方がないかも。。。

FR-Agnes

同じドールでも、顔がずいぶん違いますね。。。こちらの子のほうが黒い子より表情がやさしいです。

FR-Agnes

両方ともとても好きですが、頭だけで買った子にいつもドレス作りのモデルを頼んでおります。

「髪の長さが色気・・・」という訳ではないのですが、やはり髪が長いほうがあでやかな印象

になりますね。。。 

それでは。。。


PageTop