Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Seven Dwarfs (2)

7人の小人は いつも一緒…


ご飯を食べるもの一緒、森に木を切りに行くときも一緒、
3時のお茶を 飲むのも一緒、
夜の帳が下りれば 寝巻きに着替えて ベッドに入るのも一緒…

いつも7人一緒で お互い助け合って来たけれど……
7人が 一緒に 「 羽交い締め 」 状態で 動けない時にはさ
…… 一体どうなっちゃうんでしょうね?

「 …………………………………… ( 無言で 考える小人たち ) 」

Seven Dwarfs


大丈夫。

そう言う時には もう一人いるのです。
そう、まさかの時の「 友 」 は 真の「 友 」…
とでも言いましょうか?

「 … また アンタか、レゴラス。

みんな 箱に縛り付けられて 動けんのだ…
ニヤニヤ 笑っとらんで 早く 助けてくれ。
( 機嫌の悪い 小人のリーダー ) 」



Seven Dwarfs


「… 「 ニヤニヤ顔」 で済まなかったね。 あいにく 「 生まれつき 」 なので
こればかりは どうしようもない。

それにしても 他人に モノを頼むときには もう少し 丁寧に
お願いしたらどうだ?
( エルフの青年・レゴラス ) 」



「 ああ、分かった、分かった…。
分かったから、 早いこと 手を貸してくれ。
ずっとこのまんまだと 背中と 肩が 痛くて かなわん……。
( 不機嫌顔の リーダー ) 」



Seven Dwarfs


いつも いいタイミングで 現れて、 小人たちの窮地を 救ってくれる
エルフの友人 レゴラス…

軽やかに 剣を抜くと
小人たちを 縛りつけていた テープや 紐や針金を…
次から次へと 切り始めました。

Seven Dwarfs

自由を取り戻した小人達…

すぐさま 箱から ぴょんぴょん 飛び出して
嬉しそうに 動き回っております。


この ドワーフ・フィギュア なかなかの スグレモノです!
首、肩と 股関節だけでなく、膝の関節も可動!
( 流石に 短い腕なので 肘は曲がりませんが… )


Seven Dwarfs


…… えっ? なになに??
「 小さいパーツが 入っているから 3歳未満の子供には 渡さないでください」…?

大丈夫! わたし「 50のおばさん」ですから

…… えっ? 「 50のおばさんも こういうもんで 遊ぶのか」 って?

見ての通りです。 楽しく、味わい深く 遊んでおります〜。
( 心は 「 永遠の子供 」の Mikonosuke )

Seven Dwarfs



助っ人が 最期の小人の紐を切り終わった時…

小人達 に話しかける 可憐な 訪問者 あり。


Seven Dwarfs


驚いて 目を見開く 小人達に向かって…

「 あの… 驚かせて ゴメンナサイ。
( 可憐な乙女 Poppy ) 」



Seven Dwarfs


漆黒の長い髪に 、透き通るような白い肌…
優しく 穏やかな 物腰で…

たちまち 彼女は そこにいる 全ての人を
魅了してしまいました。


Seven Dwarfs


「… お困りのようですね お嬢さん。 どうなさいましたか?
( 剣をほっぽり出して 困った人を助けに来る エルフの青年・レゴラス )



「 あの… 森を散歩しているうちに 迷ってしまったみたいなんです。
( 可憐な乙女 Poppy ) 」



Seven Dwarfs


散歩の途中に 狐と出くわし、 彼女の犬は 狐を追いかけて
どこかに行ってしまいました。 その犬を夢中になって 探しているうちに
どうも 本人も 迷ってしまったらしいのです。

Seven Dwarfs

「 犬を見つけることもできず、帰る道も分かりません。
辺りが暗くなって来てしまって 不安で途方に暮れております。
どうか 助けてくださいませんか?

( 可憐な乙女 Poppy ) 」


Seven Dwarfs


小人達も 助っ人も
こんな 可憐なお嬢さんの お願いを…
断れるわけがありません。

すっかり 凍えた 乙女を 暖かい暖炉の部屋に通して

夜が明けるのを待ち
一緒に 迷った犬を探し出し、
彼女が無事に家路につけるように 協力すると
約束しました。


「 『 髪は 黒檀のように黒く、
肌の色は 白雪のごとく…。 』
古き言い伝えは 真実 ( まこと ) であったか…… ?

( ため息交じりで 乙女を見やる エルフの青年 ・ レゴラス )



Seven Dwarfs


アラ〜? また 何か 勘違いしていな〜い??



それでは また 次回まで〜〜!!





ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

Seven Dwarfs

皆様 こんにちは~~!!


もう4~5年ほど前に なるでしょうか?
家族で ハワイに旅行に行った折に かの地の Disney Shopで見つけて
連れ帰ってきた Seven Dwarfs (7人の 小人) ドールズ です。

Seven Dwarfs

「Dwarf (ドワーフ)」・・・と言えば
人間よりも 少し背丈の小さい 伝説上の種族で、
民話、童話、ファンタジー作品に よく登場します。

最近の映画作品でも このドワーフが 大活躍した
映画がございましたね~
(。。。 と言っても 作品自体は 1937年に 出版されて
永遠のベストセラーのように なっておりますが・・・)


・・・小さくて、ちょっとズッコケていて、ダサくて 泥臭いんですけど
愛嬌があって、忠誠と友愛を重んじて、みんな 「 男の中の男 」・・・・なんですよ

Mikonosuke、実は この映画 大好きです~~!


Seven Dwarfs

この映画を見て 「Dwarf (ドワーフ)」・・・という名前が初めてクリアーになったのですが、
子供の頃からの この 馴染みの深い「7人の小人」が 

彼等と 同じ種族だったとは つい最近になって 気が付きましたぁ~~!

Seven Dwarfs

・・・ でも やっぱり Disney調 ですねぇ~~!
ドワーフの特徴でもある ひげをたくわえて・・・

Seven Dwarfs

まるまっちくて 頑丈なんだけれども・・・
どこか かわいい 「小さい子」 を彷彿させます。

Seven Dwarfs


・・・・   箱から出してもらったのはいいけれど・・・・
ここから 先は どうなるのよ・・・?


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (汗)  
(針金で 「羽交い絞め状態」 になっている 7人の 小人たち) 」

Seven Dwarfs




そこへ 美しい 別の種族・エルフの 若者が 
その前を 通りかかります。

「ヤレヤレ・・・ 
相変わらず 不器用なことだな・・・?」

Seven Dwarfs


・・・そう、 この二つの種族・・・

お互い バカにして、反目し会っているように見えましたが・・・

実は、実は 共に戦い、助け合って・・・

Seven Dwarfs

深~~い絆で 結ばれた 友人どうしであったのでありました~~~。

・・・・ ちなみに 若き日の オーランド―・ブルームの 美しかったこと・・・
ふつうは 「お人形のように 美しい」・・・と言うのでしょうが、
彼の場合は 「お人形よりも ご本人の方が 遥かに 勝って お美しかった」 ですね・・・?



それでは また 次回まで〜〜!!





ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!



にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

PageTop

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」? 」

皆様、こんにちは~!

今日は久しぶりに Mikonosuke ”Sabrina 劇場” の続きをお送りしたいと思いま~す!!

えっ?! ヒドイMikonosukeったら、まさかSabrinaちゃんの女優さんを交代?!
先ごろ Mattel社で発売された 「新・Sabrina」ドールでございます。 (あら~!なんて美人!!)
見たところ ドレスには大差はないようですが、この美しいお顔立ち・・・
(アラ悔しい~! やられたわねェ~! Mattelさんにィ~ん!!)

Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


立ち姿もこのとおり! なんと美しい~~!!
( 商品画像はFAR-OUT さんのモノを利用させていただきました。)
Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


ほう・・・、この兄弟もやはり見ておりますねェ~!! 
どんな感想を持っているのでしょうか??


Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「早まったかなァ~、兄さん。 正直、僕好みだよ・・・。
参ったなァ~・・・。 (デイヴィッド・小声)」  (オイ、コラッ!!何て事を!!) 


「さすがは 老舗 Mattel社だな。 ブスは作らん。(ライナス 社長・つぶやき)」

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「これだけの美人なら うちのオーナーのことだから もしかしたら買うかもしれないなァ・・・(デイビッド・小声)」


ライナスさんがひょいと後ろを見ると 
そこには 驚いた顔をして立ち尽くしていたサブリナちゃんが・・・・!!
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「そんなことあるかっ!! このうちにはサブリナは一人だっ!! (ライナス社長)」

「う・うお~! 何するんだよォ~! (デイビッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「なんだよ! 兄さんだってたった今言ったじゃないかっ!
『さすがは 老舗 Mattel社』・・・だって!! (デイヴィッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「お前、一体 何人の「サブリナ」と付き合えば気が済むんだっ!! (ライナス社長・力のこもった小声)」Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「その度に 「手切れ金」を払わせられるのはこの”オレ” だということを忘れるなよっ! (ライナス社長・迫力のどアップ!!)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「さあ、サブリナ! 行こうか? 
今日は 「ブログの撮影の日」 だったね・・・? (ライナス社長)」

「え・ええ・・・・ (サブリナちゃん・汗)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

さて、今日はどんなことになるのでしょうか?

続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

続きを読む

PageTop

Sabrina - 目下、工作中

皆様 こんばんは~!

このところ サブリナちゃんの記事から 少し遠ざかっておりましたが、

(えっ? Mikonosuke,まだやるつもりだったの?? と思われてた方も多いかも・・・??!! )

前回の記事で 「投石による 窓ガラスの破損」でララビーさんちに脅迫状が投げ込まれ、
少佐殿が日曜日を返上して捜査にかかっている・・・とありました。 

今日はそこからちょっと お話を繋いでいこうと思います。
ライナスの策略

不安に感じたララビー夫人が陸軍省に通報すると、 捜査官がやって来て
状況の聞き込みを始めております。

(このうちの陸軍省は 警察機能をはたしておりますので
「揉め事、いざこざは陸軍省へ・・・」 というのが習わしになっております。)

「これが石と共に投げ込まれたメモですわ。
家族の一人が 今「ガラスで大けがをした」ものですから、
ガラスが割られる度に不機嫌になって困ってしまいますわ・・・。
早く犯人を捕まえていただきたいの・・・・。 (ララビー夫人)」
ライナスの策略

ライナス社長も同席します。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」

(なんだか、 このお母さん役のラナ様と ライナスさんって 母子・・・
というより 恋人同士か何かのように見えますね・・・? そんなことない?? )
ライナスの策略

(・・・まあ、ここでは 取りあえず 母子・・・ということで)
ララビー夫人が持ってきたメモにはこんなことが書かれて・・・!!
ライナスの策略
(アラアラ・・・、誤字はあるし 文章力は低いし・・・。 一体誰がこんなモノを・・・!!
挙句、こんな大きな石に括り付けられていたら 誰だって不安になりますよ・・・)

ライナスの策略

捜査官が訊ねます。
「何者かに 恨みを買うようなことは最近 特にありませんでしたか・・・? 」

「私は覚えはないけれど・・・、あなたはどうなの? ライナスさん?? (ララビー夫人)」
ライナスの策略

「さあね、これといって特には・・・。
うちは ”クリーンな取引” を心がけてますからね。
・・・まあ、どこかのつまらない奴の 「いたづら」か何かでしょう? (ライナス社長)」

(・・・とかなんとか言って~! 本当に心当たりはないのかねェ~~?? お宅・・・?)ライナスの策略

「分かりました。 それでは証拠品はこちらのほうで預からせていただきます。
担当の者を後でよこしますので そのままにしておいてください。
警備の者を数人残していきますが、また何かあったらこちらのほうにご連絡を・・・ (捜査官)」

「よろしくおねがいいたしますわ (ララビー夫人)」

(そういえば、鑑識に回す前に ララビー夫人 証拠品をべたべた触っちまったんですよねェ~~ イケナイ、イケナイ・・・)
ライナスの策略

捜査官達が引き上げていくのを見送りながら・・・
やはり ライナス社長・・・ 脅迫状が気になっているみたいですねェ~~?
ライナスの策略

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」
ライナスの策略

「誰かに見られたか・・・・?!」 とか思ってんでしょうかねェ~?

ここまでは、「Mikonosuke劇場版 Sabrina」 の一幕~!
(オリジナルのお話には ここは含まれとりませんのよ~~!)



今日もお待たせした分、と~~~っても長いです。

それでは 続きはいつものように
ボタンの あ・と・で・・・・・!!

続きを読む

PageTop

Sabrina - Isn't it romantic? ( 3 )

皆様 こんばんは~!

関東地方はようやく 「梅雨」らしい天気に見舞われ始めました。
皆様は いかがお過ごしですか~~~??
(家の次男と長女は思いっきり 「大風邪」を引いております!!
皆様は 気をつけてくださいね~~~!!)

こんなお天気で嬉しい・・・とは言い難いのですが、
落ち着いてブログに取り掛かれる時間を作れるのもまたしかり・・・。

今日は ずいぶんご無沙汰しておりました 久しぶりの
ドール・ミニ劇場の続きをお届けいたしま~す!!

前回は確かまだ 5月の中旬だったような・・・
そうそう、ララビーさんのお宅で 華やかなパーティーが開かれておりましたっけね。

家族が総出で次男のデイヴィッド君の「幸せな結婚」と 
「ビジネスの繁栄」を願ってご用意した美しい婚約者のお披露目パーティー・・・

それなのに あのドラ息子・・・!! 
こともあろうに「お抱え運転手」の娘なんぞに現を抜かしよって・・・!
(父・ララビー氏)

Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

憤るお父君をなだめながら、静かに方策を練る長男のライナス社長・・・

まずは弟のデイヴィッド君を 「壊れたシャンペン・グラスのクッション??」に座らせて
動けないようにしてから・・・ (キャ~!! オニっ 👹!!)
冷えたシャンペンを持って「商談」に出向いていくところまで
お話いたしましたね。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

・・・でも ライナス社長の商談相手って??

そう、今日のお話はいわゆる 「別れろ切れろ・・・」系のお話になりそうです。
ムムム・・・あまりヒドイことにならなければいいのですが・・・。

何もしらないサブリナちゃんは 長年思い続けた王子様の心を独り占め!
夢心地で デイヴィッド君がテニスコートに姿を現すのを待っております。 
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「彼が来たら どんなお話をしようかしら・・・?」
・・・そんなことでも考えている・・・?
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

2年前は 苦しい思いで見つめていた王子様のデイヴィッド君・・・
今は その彼が自分に夢中になっている・・・?

確かに、嬉しいだけでなく、気分いいですよね・・・? こういう状況。
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

・・・だから こんなことも思いついたりして・・・
「そうだ、 この上に座って待っていよう・・・」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「私がいなかったら きっと彼は驚くわ・・・?
どんな顔をするかしら・・・?」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

ホホ~、サブリナちゃん でも驚くのは貴方のほうかもよ!?

それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

続きを読む

PageTop