Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」? 」

皆様、こんにちは~!

今日は久しぶりに Mikonosuke ”Sabrina 劇場” の続きをお送りしたいと思いま~す!!

えっ?! ヒドイMikonosukeったら、まさかSabrinaちゃんの女優さんを交代?!
先ごろ Mattel社で発売された 「新・Sabrina」ドールでございます。 (あら~!なんて美人!!)
見たところ ドレスには大差はないようですが、この美しいお顔立ち・・・
(アラ悔しい~! やられたわねェ~! Mattelさんにィ~ん!!)

Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


立ち姿もこのとおり! なんと美しい~~!!
( 商品画像はFAR-OUT さんのモノを利用させていただきました。)
Sabrina - 「ライナス社長の 「夏休みの工作?」」


ほう・・・、この兄弟もやはり見ておりますねェ~!! 
どんな感想を持っているのでしょうか??


Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「早まったかなァ~、兄さん。 正直、僕好みだよ・・・。
参ったなァ~・・・。 (デイヴィッド・小声)」  (オイ、コラッ!!何て事を!!) 


「さすがは 老舗 Mattel社だな。 ブスは作らん。(ライナス 社長・つぶやき)」

Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「これだけの美人なら うちのオーナーのことだから もしかしたら買うかもしれないなァ・・・(デイビッド・小声)」


ライナスさんがひょいと後ろを見ると 
そこには 驚いた顔をして立ち尽くしていたサブリナちゃんが・・・・!!
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「そんなことあるかっ!! このうちにはサブリナは一人だっ!! (ライナス社長)」

「う・うお~! 何するんだよォ~! (デイビッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「なんだよ! 兄さんだってたった今言ったじゃないかっ!
『さすがは 老舗 Mattel社』・・・だって!! (デイヴィッド)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「お前、一体 何人の「サブリナ」と付き合えば気が済むんだっ!! (ライナス社長・力のこもった小声)」Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

「その度に 「手切れ金」を払わせられるのはこの”オレ” だということを忘れるなよっ! (ライナス社長・迫力のどアップ!!)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」


「さあ、サブリナ! 行こうか? 
今日は 「ブログの撮影の日」 だったね・・・? (ライナス社長)」

「え・ええ・・・・ (サブリナちゃん・汗)」
Sabrina - 「ライナス社長の 夏休みの 「工作」?」

さて、今日はどんなことになるのでしょうか?

続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

Sabrina - 目下、工作中

皆様 こんばんは~!

このところ サブリナちゃんの記事から 少し遠ざかっておりましたが、

(えっ? Mikonosuke,まだやるつもりだったの?? と思われてた方も多いかも・・・??!! )

前回の記事で 「投石による 窓ガラスの破損」でララビーさんちに脅迫状が投げ込まれ、
少佐殿が日曜日を返上して捜査にかかっている・・・とありました。 

今日はそこからちょっと お話を繋いでいこうと思います。
ライナスの策略

不安に感じたララビー夫人が陸軍省に通報すると、 捜査官がやって来て
状況の聞き込みを始めております。

(このうちの陸軍省は 警察機能をはたしておりますので
「揉め事、いざこざは陸軍省へ・・・」 というのが習わしになっております。)

「これが石と共に投げ込まれたメモですわ。
家族の一人が 今「ガラスで大けがをした」ものですから、
ガラスが割られる度に不機嫌になって困ってしまいますわ・・・。
早く犯人を捕まえていただきたいの・・・・。 (ララビー夫人)」
ライナスの策略

ライナス社長も同席します。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」

(なんだか、 このお母さん役のラナ様と ライナスさんって 母子・・・
というより 恋人同士か何かのように見えますね・・・? そんなことない?? )
ライナスの策略

(・・・まあ、ここでは 取りあえず 母子・・・ということで)
ララビー夫人が持ってきたメモにはこんなことが書かれて・・・!!
ライナスの策略
(アラアラ・・・、誤字はあるし 文章力は低いし・・・。 一体誰がこんなモノを・・・!!
挙句、こんな大きな石に括り付けられていたら 誰だって不安になりますよ・・・)

ライナスの策略

捜査官が訊ねます。
「何者かに 恨みを買うようなことは最近 特にありませんでしたか・・・? 」

「私は覚えはないけれど・・・、あなたはどうなの? ライナスさん?? (ララビー夫人)」
ライナスの策略

「さあね、これといって特には・・・。
うちは ”クリーンな取引” を心がけてますからね。
・・・まあ、どこかのつまらない奴の 「いたづら」か何かでしょう? (ライナス社長)」

(・・・とかなんとか言って~! 本当に心当たりはないのかねェ~~?? お宅・・・?)ライナスの策略

「分かりました。 それでは証拠品はこちらのほうで預からせていただきます。
担当の者を後でよこしますので そのままにしておいてください。
警備の者を数人残していきますが、また何かあったらこちらのほうにご連絡を・・・ (捜査官)」

「よろしくおねがいいたしますわ (ララビー夫人)」

(そういえば、鑑識に回す前に ララビー夫人 証拠品をべたべた触っちまったんですよねェ~~ イケナイ、イケナイ・・・)
ライナスの策略

捜査官達が引き上げていくのを見送りながら・・・
やはり ライナス社長・・・ 脅迫状が気になっているみたいですねェ~~?
ライナスの策略

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」
ライナスの策略

「誰かに見られたか・・・・?!」 とか思ってんでしょうかねェ~?

ここまでは、「Mikonosuke劇場版 Sabrina」 の一幕~!
(オリジナルのお話には ここは含まれとりませんのよ~~!)



今日もお待たせした分、と~~~っても長いです。

それでは 続きはいつものように
ボタンの あ・と・で・・・・・!!

続きを読む

PageTop

Sabrina - Isn't it romantic? ( 3 )

皆様 こんばんは~!

関東地方はようやく 「梅雨」らしい天気に見舞われ始めました。
皆様は いかがお過ごしですか~~~??
(家の次男と長女は思いっきり 「大風邪」を引いております!!
皆様は 気をつけてくださいね~~~!!)

こんなお天気で嬉しい・・・とは言い難いのですが、
落ち着いてブログに取り掛かれる時間を作れるのもまたしかり・・・。

今日は ずいぶんご無沙汰しておりました 久しぶりの
ドール・ミニ劇場の続きをお届けいたしま~す!!

前回は確かまだ 5月の中旬だったような・・・
そうそう、ララビーさんのお宅で 華やかなパーティーが開かれておりましたっけね。

家族が総出で次男のデイヴィッド君の「幸せな結婚」と 
「ビジネスの繁栄」を願ってご用意した美しい婚約者のお披露目パーティー・・・

それなのに あのドラ息子・・・!! 
こともあろうに「お抱え運転手」の娘なんぞに現を抜かしよって・・・!
(父・ララビー氏)

Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

憤るお父君をなだめながら、静かに方策を練る長男のライナス社長・・・

まずは弟のデイヴィッド君を 「壊れたシャンペン・グラスのクッション??」に座らせて
動けないようにしてから・・・ (キャ~!! オニっ 👹!!)
冷えたシャンペンを持って「商談」に出向いていくところまで
お話いたしましたね。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

・・・でも ライナス社長の商談相手って??

そう、今日のお話はいわゆる 「別れろ切れろ・・・」系のお話になりそうです。
ムムム・・・あまりヒドイことにならなければいいのですが・・・。

何もしらないサブリナちゃんは 長年思い続けた王子様の心を独り占め!
夢心地で デイヴィッド君がテニスコートに姿を現すのを待っております。 
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「彼が来たら どんなお話をしようかしら・・・?」
・・・そんなことでも考えている・・・?
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

2年前は 苦しい思いで見つめていた王子様のデイヴィッド君・・・
今は その彼が自分に夢中になっている・・・?

確かに、嬉しいだけでなく、気分いいですよね・・・? こういう状況。
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

・・・だから こんなことも思いついたりして・・・
「そうだ、 この上に座って待っていよう・・・」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

「私がいなかったら きっと彼は驚くわ・・・?
どんな顔をするかしら・・・?」
Sabrina Isnt It Romantic? (3)

ホホ~、サブリナちゃん でも驚くのは貴方のほうかもよ!?

それでは 続きはいつものように
ボタンのあ・と・で・・・・・

続きを読む

PageTop

Sabrina - Isn't it romantic? ( 2 )

皆様 こんにちは~!

お待たせいたしました~。 
ドールミニ劇場 Sabrinaちゃんのお話の続きです。

ララビー家で開かれたパーティーで
「洋行帰り」のサブリナちゃんの魅力爆発~!

デイヴィッド君は 自分の婚約者そっちのけで彼女に夢中~~ 

・・・と 前回はこういうお話でしたね~。

そうとは知らず 別室の書斎では
デイヴィッド君のお兄さんのライナス社長が ビジネス・パートナーを相手に
新商品の宣伝や 新たなる可能性の追求について
熱く語っておりました・・・。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

例によって 弾力性のテストや 耐久性・耐火性のよさなどを実体験してもらっております。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

各界の著名人、会社経営者の多く集まるパーティーを利用して
新たな顧客獲得のために PRに勤めるのもまた 社長の仕事・・・。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

千載一遇の 「大ビジネス・チャンス」 を最大限に利用すべく
着々と準備を進めておられるようですね・・・。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

・・・そんな男性陣の 「金儲け」 の意気込みでムンムンする書斎の中へ
ララビー夫人が 落ち着かない様子で入って参りました。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

夫のララビー氏に何やら耳打ちすると 
息子のライナス社長にも手招きをします。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

「どうかしたんですか? お母さん・・・ (ライナス社長)」

「ライナスさん、大変なの。 デイヴィッドが・・・ (ララビー夫人)」
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

夫人は 眉間にしわを寄せて・・・ 
デイヴィッドが婚約者のエリザベスの相手もしないで
人目も憚らずに 運転手の娘のサブリナに
夢中になっていることを伝えました。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

ピッタリと体を寄せ合い踊る2人の姿・・・

それを 「信じられない・・・」 といった顔で見守る家族達。
Sabrina - Isn't it romantic ( 2 )

アラアラ・・・・
こりゃあ 一騒動起こるのは避けられそうにもありませんね~・・・。

今日はお待たせした分 と~~~~っても長いです。
(悪しからず・・・)

それでは 続きはいつものように
ボタンの後で・・・

続きを読む

PageTop

Sabrina- Isn't it romantic ?

皆様 こんばんは~!

暖かい5月のいい季節がやってまいりました!
お元気ですか~?

Mikonosukeドール・ワールドでもウキウキするような今宵・・・
ララビーさんの邸宅のダンス・パーティが開かれております。

金髪のお姫様のような令嬢と踊っているのは
皆様もご存知の この家の次男、デイヴィッド君です・・・
(なんとな~く 緊張気味でしょうか~? それとも上の空?)
Sabrina- Isn't  It romantic ?

お相手の女性のほうはなかなかの美人・・・?
でも とっても目ヂカラのつおそ~な感じ・・・

彼女がそう! デイヴィッド君の (お兄さんが決めてくれた・・・) 婚約者
エリザベス・タイソン嬢であるようです!

この顔を見る限りでは 「もう離さないわよォ~」・・・という
吸い付くような雰囲気でございますわねぇ~~!! (アラアラ・・・若いヒトは・・・)
Sabrina- Isn't  It romantic ?

そのそばには 踊る2人を見守るご婦人方の眼も・・・
Sabrina- Isn't  It romantic ?

黒の妖しげな?扇の向こうから様子を窺いながら・・・
「2人とも お似合いのカップルですこと・・・ (右・タイソン夫人)」

「本当に・・・! デイヴィッドは幸せでございますわ。
あんなに魅力的な方を妻にむかえられるのですから・・・(左・ララビー夫人)」

上流社会の奥様達も 「願ってもない イイ御縁談」をまとめようと必死
Sabrina- Isn't  It romantic ?

そんな人々のそれぞれの思いが交差するなか・・・
デイヴィッド君だけは上の空
ダンスをしながら 庭の方ばかり気にしております・・・。
Sabrina- Isn't  It romantic ?

まったく落ち着きのないヒトねぇ~!!
パートナーに失礼じゃない?!

何といっても 名うての 「プレイ・ボーイ」!!
そう易々と 親やお兄さんの言うとおりに
素直に結婚なんか決めるもんですかっ!!

今日はどんなことになるのでしょうかねぇ~?

それでは いつものように
続きはボタンの後で・・・!!

続きを読む

PageTop