Mikos Puppenparadies 私の人形天国

自然児キヨリが発見したもの - その2

前回、心配顔でキヨリちゃんを送り出したGoingのお母さん、 キヨリちゃんが「まっとうな服」
を着て帰ってきたので一安心。。。
「なんだい キヨリ、やっぱり山じゃなくて 町に買い物に行ってたのかい? (Going)」
自然児 キヨリ 2

「山だよ、山!! お母さん! 山の麓でこの服手に入れたんだよ!! (キヨリ)」
「山の麓に 新しいブティックでも 出来たってのかい? (Going)」
自然児 キヨリ 2

このあと キヨリちゃんが「目にしたもの」を語ります。。。
続きは この後で。。。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

自然児 キヨリが発見したもの

Kyori
今日は 5月5日 「子供の日」!! 全国の子供達が 健やかに、幸せに成長しますように!
(一番下の 黄色い「こどもの鯉」の中にはラムネが入っておりました。)
「子供の日」にちなんで、またしても次男のおもちゃ箱から 助っ人を連れてきました。
今日は「健やかな人たちのお話」。。。

健やかに・・・でどうして このヒトが出てくるのでしょうか?? 
すでに一度、さらりとご紹介しましたが、このウチにやってきた2人めFRドールの
"Bueno sera Kyori" ちゃんです。
(こう言っちゃあなんですが、Goingのお母さんよりも前からこのウチに居る「古株」のお一人。。。) 
このウチのFRドールではたった一人の健康的な「小麦色のお肌」の持ち主です!
自然児 キヨリ
彼女はその美貌と抜群のスタイルでモデルをしておりますが、本当はとっても元気な「アウトドア・女」
ウチの中なんかにじっとしておれません。。。 仕事でたまった欲求不満解消に、アウトドア・フレンドの
お友達ドールと 週末は野山を歩いてくるのが習慣になっております。
自然児 キヨリ
「お母さん。。。それじゃ、ちょっと行ってくっから。。。(キヨリ)」
「えっ?  野山を散策。。。って、まさか その格好でいくのかい? (Going)」
自然児 キヨリ
「分かってるって、『ヒトに見られないように』。。。でしょ、大丈夫だよ! 
どうせヒトも行かないような深い山ん中にいくんだから。。。(キヨリ)」
自然児 キヨリ
そうこう しているうちに お友達がお迎えにやってきました。
ウォルト・ディズニー の「ターザン」君です。 1999年に公開された映画のフィギュアです。
ウチの子供達に「遊ばれ」、顔には汚れが。。。「遊ばれすぎた」せいでしょうか、「腰も立たない」ほど
老朽化がすすんでおります。。。(いけない、いけない、今日は「子供の日」でした。。。)
自然児 キヨリ
老朽化した体に鞭打って、ターザン君 キヨリちゃんを負ぶって おでかけ!
(2人のお肌の色と目の色が とても合っていて 「いいコンビ」でしょ?)
自然児 キヨリ
チカラなく 2人を見送るお母さん。。。
自然児 キヨリ
「あの子も これさえなけりゃ いいモデルなんだけどねェ。。。(Going)」
自然児 キヨリ

新緑の山の中を走るキヨリちゃん!
自然児 キヨリ
ターザンなんか、嬉しくって ゴリラ歩き! 今は幸せそうですが、彼にも苦しい時代がありました。
結局は 彼よりも「イングランドの文化的な生活」を取った恋人ジェイン。。。苦い思い出です。
自然児 キヨリ
「趣味の友」には言葉なんていりません! ターザンの「ゴリラ言語」キヨリちゃんは分かっているようです。
自然児 キヨリ
この日は 「生魚」を食し、あくまでも自然を堪能! 
あれ?ターザン「たまご焼き」のほうが好きなの?
自然児 キヨリ
日が暮れて参りました。「ねえ、ターザン そろそろウチに帰んなきゃ!(キヨリ)」
「ウキャウキャ(そうだね、そうしよう!)・・・(ターザン)」
2人が帰路につこうとしたときに 物陰からヒトの声が。。。。!!
自然児 キヨリ
「キ・キャーー!!!」買い物帰りの あの「コーデュロイ姉妹」と遭遇してしまいました!!
自然児 キヨリ
「ウゲッ! まずい! ヒトに見られた!! (キヨリ)」
「ウゲッ、ウゲッ! (まずい・まずい)  (ターザン)」
自然児 キヨリ

きびすを返して 逃げ出そうとするキヨリちゃんの腕を 「むんず」とつかむ力強い手が。。。
自然児 キヨリ

ミドリちゃんでした!
自然児 キヨリ

「アオコ姉さま! わたくしたち、このかわいそうなお方に ご衣裳を縫って差し上げなければいけないと思うの。。。(ミドリ)」
「ええッ!  わたくしもそう思っていたところよ ミドちゃん!! (アオコ)」
自然児 キヨリ
2人はキヨリちゃんを浮浪者か何かと勝手に思い込み、
あふれる「慈悲」の心と、燃え上がる「お針子の職人魂」を抑えることが出来ませんでした。
ガッシリと キヨリちゃんの手首をつかむと 森の奥深くへと引っ張っていってしまいました。
自然児 キヨリ
姉妹の瞳の奥に「燃え上がる炎」を見たターザン。。。 
圧倒されて、仕方なくトボトボと 3人の後ろを 森の奥へついていきます。
自然児 キヨリ
「森の洋裁店」では 採寸が始まっております。
「ねーっ! 何度言ったら分かんのよーッ! あたしは『かわいそーなお方』じゃないってば!(キヨリ)」
自然児 キヨリ
「恥ずかしがることはございませんわ! 衣装のない方に 一番お似合いのご衣装を縫って差し上げるのが
わたくしたちの勤め。。。(アオコ)」
自然児 キヨリ
「そうですわ!御代のことなど お気になさらないでもよろしいのですよ! 
いまに あなたにお似合いの「最高の装い」を考えて差し上げますわ! (ミドリ) 」
自然児 キヨリ
嬉々として、作業を進めるコーデュロイ姉妹。。。
「布着れスタイル」のキヨリちゃんのいでたちは 姉妹の「お針子本能」を呼び覚ましてしまったようです。
もう、彼女達を止めることはできません。

次回をお楽しみに
それでは 

PageTop