FC2ブログ
 

Mikos Puppenparadies 私の人形天国

Sabrina - 目下、工作中

皆様 こんばんは~!

このところ サブリナちゃんの記事から 少し遠ざかっておりましたが、

(えっ? Mikonosuke,まだやるつもりだったの?? と思われてた方も多いかも・・・??!! )

前回の記事で 「投石による 窓ガラスの破損」でララビーさんちに脅迫状が投げ込まれ、
少佐殿が日曜日を返上して捜査にかかっている・・・とありました。 

今日はそこからちょっと お話を繋いでいこうと思います。
ライナスの策略

不安に感じたララビー夫人が陸軍省に通報すると、 捜査官がやって来て
状況の聞き込みを始めております。

(このうちの陸軍省は 警察機能をはたしておりますので
「揉め事、いざこざは陸軍省へ・・・」 というのが習わしになっております。)

「これが石と共に投げ込まれたメモですわ。
家族の一人が 今「ガラスで大けがをした」ものですから、
ガラスが割られる度に不機嫌になって困ってしまいますわ・・・。
早く犯人を捕まえていただきたいの・・・・。 (ララビー夫人)」
ライナスの策略

ライナス社長も同席します。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」

(なんだか、 このお母さん役のラナ様と ライナスさんって 母子・・・
というより 恋人同士か何かのように見えますね・・・? そんなことない?? )
ライナスの策略

(・・・まあ、ここでは 取りあえず 母子・・・ということで)
ララビー夫人が持ってきたメモにはこんなことが書かれて・・・!!
ライナスの策略
(アラアラ・・・、誤字はあるし 文章力は低いし・・・。 一体誰がこんなモノを・・・!!
挙句、こんな大きな石に括り付けられていたら 誰だって不安になりますよ・・・)

ライナスの策略

捜査官が訊ねます。
「何者かに 恨みを買うようなことは最近 特にありませんでしたか・・・? 」

「私は覚えはないけれど・・・、あなたはどうなの? ライナスさん?? (ララビー夫人)」
ライナスの策略

「さあね、これといって特には・・・。
うちは ”クリーンな取引” を心がけてますからね。
・・・まあ、どこかのつまらない奴の 「いたづら」か何かでしょう? (ライナス社長)」

(・・・とかなんとか言って~! 本当に心当たりはないのかねェ~~?? お宅・・・?)ライナスの策略

「分かりました。 それでは証拠品はこちらのほうで預からせていただきます。
担当の者を後でよこしますので そのままにしておいてください。
警備の者を数人残していきますが、また何かあったらこちらのほうにご連絡を・・・ (捜査官)」

「よろしくおねがいいたしますわ (ララビー夫人)」

(そういえば、鑑識に回す前に ララビー夫人 証拠品をべたべた触っちまったんですよねェ~~ イケナイ、イケナイ・・・)
ライナスの策略

捜査官達が引き上げていくのを見送りながら・・・
やはり ライナス社長・・・ 脅迫状が気になっているみたいですねェ~~?
ライナスの策略

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ライナス社長)」
ライナスの策略

「誰かに見られたか・・・・?!」 とか思ってんでしょうかねェ~?

ここまでは、「Mikonosuke劇場版 Sabrina」 の一幕~!
(オリジナルのお話には ここは含まれとりませんのよ~~!)



今日もお待たせした分、と~~~っても長いです。

それでは 続きはいつものように
ボタンの あ・と・で・・・・・!!

そう! 彼が気になっているのは当然コレですよ! コレっ!!

ビジネスの明暗を分ける弟・デイヴィッド君の結婚!!

それをなんとしてでも成し遂げようと 弟の想い人・サブリナちゃんの気持ちを
弟から引き離してしまおうと思い立ち、パーティーの夜にこんな策略に打って出たのでした~!

(君、君、 何が 「クリーンな取引」 だい??)
Sabrina Isnt It Romantic? (3)
弟には 「自分は味方だ・・・」と思い込ませての策略なだけに、
良心が咎めないんですかねェ~~~???

そんな兄貴の策略にはまって シャンパン・グラスの上に座り込み、
おしりを 23針も縫われたデイヴィッド君・・・

縫われたトコロを扇風機の風をあてて、動くのも辛そう・・・。
ライナスの策略

すぐにでも サブリナちゃんのところに飛んで行きたいのに、
思い通りにならず 悶々としております・・・。

(こんな姿を彼女が見たら、きっとヨレヨレになってしまいますよねェ~~??)
ライナスの策略

「手段を選ばない男・ライナスさん」ですが、 
さすがにこんな姿の弟を気の毒に思ったのか・・・

「オイ、大丈夫か? 生きてるか・・・? (ライナス社長)」
ライナスの策略

「生きてるよ! でも 大丈夫なわけないだろっ! あんなに縫われて 
仰向けにもなれないよっ! おかげで体中が痛くなってきた・・・ (デイヴィッド)」

(普段は”お人好し”のデイヴィッド君ですが 痛みのせいで イライラしてるみたいです・・・)
ライナスの策略

(・・・だからと言って あまり気にしている様子も見えないお兄さん・・・)
「そう思ってな~、こんなモノを作ってきたぞ! (ライナス社長)」

(うちのドール・ワールドに相応しく、とってもアバウトなつくり・・・汗)
ライナスの策略

「な・なんだい そのプチプチのドーナッツみたいなのは・・・?! (デイヴィッド)」

「患部に直に触れずに座れるクッションだ! これだってあの”プラスチック”の応用研究の
賜物だぞ! 試してみろ。 (ライナス社長)」
ライナスの策略

「予定では プラスチック製の 「おしりサイズ・すわり穴」があいた ”ハンモック” じゃ
なかったのかい?? (デイヴィッド)」 (映画のほうでは ハンモックになっておりますのよ・・・)

「全部 映画と同じでも芸がないだろうと思ってな、オレ独自のモノを持ってきたぞ。
(贅沢言うなよ・・) (ライナス社長)」

ライナスの策略

「妊婦たちの声を取り入れて作ったんだ。 出産後に座りずらい・・・と言うのでな。
お前用には ドーナツのサイズを大き目にして特注で作らせた。 どうだ? (ライナス社長)」

「ああ~、よさそうだ。 これでようやく普通に座れるよ。 (デイヴィッド)」
ライナスの策略

「兄さんには感謝しているよ・・・。 サブリナは怒ってなかったかい?
自由に動けさえすれば、今すぐにでも彼女と式を挙げたいくらいだよ・・・ (デイヴィッド)」

(あら? そんなに気に入っちゃったのねェ~?? サブリナちゃんのこと・・・。)
ライナスの策略

「まあ、そう焦るな。 彼女にはお前の 「尻の怪我」 のこともすべて話した。
お前が動けないことも承知している。 今はゆっくり怪我を治せ。 (ライナス社長)」

「兄さんに頼みがあるんだ。 仕事で忙しいのは分かっているんだけど、僕の代わりに
彼女のことを 少し面倒見てくれないかな・・・? (デイヴィッド)」

(あ・あなた~! そんなこと言ったら 「カモがネギしょって・・・」 てことになるわよ~
デイヴィッド君、お兄さんを心から信じているんですねェ~・・・
それにひきかえ この兄貴は・・・!)

ライナスの策略

「母さんは結構彼女に 「辛辣なこと」 を言っていたからね、ちょっと心配なんだ。 
でも兄さんがそばに居てくれれば みんな彼女にひどいことは出来ないだろうからね・・・・
 (デイヴィッド)」

(ちょっと、デイヴィッド君 可愛いじゃないですか? 愛しいサブリナちゃんをそこまで心配して? 
これを聞いてちょっとは 「悪い・・・」と思ったのでしょうか? ライナスさん 複雑な表情・・)


「分かった、お前の言う通りにしよう・・・。 (ライナス社長)」
ライナスの策略

「ありがとう、兄さん。  それから、エリザベスには何て言うべきかな・・・。 
この後 彼女が見舞いに来てくれることになっているんだ・・・ (デイヴィッド)」
ライナスの策略

「彼女にはしばらく この件は伏せておけ。 式までにはまだ日がある。
それにこの話が 「破談」となると会社としてもできるだけ損失の少ない形で乗り越えられるように 
役員会にもかけなきゃあならんだろうからな・・・ (ライナス社長)」
ライナスの策略

そうこう話しているうちに、何も知らないエリザべスちゃんがお見舞いに来てくれました。

「デイヴィッド? 入るわよ? お怪我の具合はどう?? (エリザベス)」

パーティーの時は殆ど一緒に居られなかったのに、お見舞いに駆けつけてくれるなんて
彼女も相当 デイヴィッド君にお熱を上げているのでしょうね・・・・

ライナスの策略

「・・・それにしても、どうしてズボンのポケットなんかに 
グラスを2つも入れていたの? (エリザベス)」

鋭いエリザベスちゃんの質問に 一瞬答えに窮する兄弟・・・
ライナスの策略

「いや~、悪いね~。 デイヴィッドはグラスを忍ばせて こっそり抜け出して
「君」 と2人だけで話したかったらしいんだが、 私が話があったもんだから
弟を無理やり座らせてしまったんだよォ・・・・ (ライナス社長)」

・・・と咄嗟にこんな出まかせを・・・
「目下、工作中だ」 

「・・・なっ? そうだろ? デイヴィッド・・・ (ライナス社長)」

「・・・そ・そうだよ、兄さんがいけないんだよ~。 折角、冷えたシャンペン
を飲みながら 君と2人だけで話そうと思ってたのにさァ・・・ (デイヴィッド) 」

話を合わせる弟・・・
「目下、工作中だ」

「そう! そうだったのね! 私、貴方にすっかり避けられているとばかり思ってたのよ。 
ゴメンナサイ デイヴィッド 
(エリザベスちゃん・ 嬉しさのあまり ムギュ~~~)」

「  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(デイヴィッド)」

「目下、工作中だ」

「あ・あのさ・・・ お願いだから全体重かけるのはやめてくれる?  キ・キズが・・・・・・  (デイヴィッド)」

「ゴ・ゴメンナサイ 私ったら つい・・・・ (エリザベス)」


「色男、しっかりやれよ。
エリザベス・・・ それじゃあ あとは頼んだよ・・・ (ライナス社長・退室)」


「目下、工作中だ」

デイヴィッド君の許可までもらって サブリナちゃんの ”接待”を任されることになった
ライナス社長・・・・

「さて、どうしたもんかなァ~~?? (ライナス社長)」
「目下、工作中だ」

「22の小娘相手に どうすりゃあいいんだ・・・? (まさか、「プリクラ」 とか
やりたいなんて 言い出さないだろうなァ・・・? オレは あれだけはやらないぞ!)
 (ライナス社長)」

仕事の話なら 「口も八丁、手も八丁」・・・の彼ですが、
若い女の子の相手をするとなると まったく見当もつきません・・・・ (アラアラ・・・)
「目下、工作中だ」
ましてや ただ相手をするだけでなく、相手の注意を弟以外の方向に引き付けるなんて・・・


ボーっと考え事をしていると・・・

部屋の隅に モヤリ・・・とした 白い煙と共に人影を認めます・・・
「目下、工作中だ」

「ビックリした! 地縛霊 ~~かと思いましたよ。
お父さん、そこで何をしてるんですか!! (ライナス社長 ・ 冷や汗)」

「「2人のバカ息子」 と 「会社の行く末」 が心配で そう簡単に死ねんワッ!!
母さんに 一服しとるところを見つかると大変だからなっ。 ここで隠れて やっとった。

どうするつもりだ、ライナス。 まさか本気で 「プラスチックの一件」 を
諦めるつもりじゃあるまいな・・・ (父・ララビー氏) 」
「目下、工作中だ」

「娘に 「金」 を渡して 追い出せばいいじゃろう?? (ララビー氏)」

「「金」 よりも 「愛情」 を取るというのです。
『今世紀最後の ロマンチスト』 ですな、あの娘・・・・・ (ライナス社長)」
「目下、工作中だ」

「「手切れ金」 の代わりに 運転手の父親のほうに 「退職金」 として金をやって
出て行ってもらうか? (ララビー氏)」

「勤続25年の真面目な男です。 昨今、ああいうのは なかなか見つかりませんよ、 お父さん。 
・・・要は、彼女がデイヴィッド以外の男に 「くっついて」 くれればいい訳です。 (ライナス社長)」
「目下、工作中だ」

「・・・どうです? 22歳の小娘の相手が出来そうに見えますか? (ライナス社長)」

「お前が?? そりゃあダメだ! そんなの許さんぞッ!!
・・・まさか お前まであの運転手の娘にイカレたのかっ、ライナス? (ララビー氏)」
「目下、工作中だ」

「冗談じゃない! プラスチックの取引が来週に迫っているっていうのに、
本当なら それどころじゃありません。 でも、この期に及んで 「代役」 なんか探している暇は
ないでしょう??  (ライナス社長)」
「目下、工作中だ」

「上手いことデイヴィッドを諦めさせて 引き離してみますよ。
(それに こんな 「神経痛の大学生」 みたいな恰好で 歩き回ったりしませんから心配しないで下さい) 
(ライナス社長・うんざり)」

「お前に 小娘の相手が務まるのかね・・・? (ララビー氏)」
「目下、工作中だ」

「・・・蓄音機ですか? いくらなんでも 古すぎやしませんか? (ライナス社長)」

「『女心』 を落とすのに 古いも新しいもありゃせんよ。
(わしも昔、よく母さんと一緒に聞いたもんじゃ・・・) (ララビー氏)」
「目下、工作中だ」

「綺麗な景色と いい音楽・・・。 蓄音機が古けりゃあ、
あれだっていいぞ・・・ (ララビー氏)」
「目下、工作中だ」

部屋の隅に置いてあったギターを 何年かぶりに取り出して・・・

「そういえば、こんなの まだあったんだなァ・・・ (ライナス社長)」

「まだ 少しは弾けるのかね・・・? (ララビー氏)」
「目下、工作中だ」

「自慢じゃないが、からっきしダメです。 やっぱり音楽がなきゃあ
ダメですかねェ、お父さん。・・・・・・お父さん? 
(ひとの話、聞いてるんですか?) (ライナス社長)」

「この蓄音機、わしがもらっていくぞ。 いいな? ライナス。 (ララビー氏)」
「目下、工作中だ」

お父様のララビー氏、 奥様と久しぶりに 「古き良き時代の音楽」 でも
お聞きになるのでしょうか?

それにしてもライナス社長・・・
どうやってサブリナちゃんの気持ちを 「コッチ」 に向かせる気なんでしょうね?




それでは 皆様、また次回まで~!!

ランキングに参加してま~す! 

ポチッと応援してくださったら嬉しいで~す!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

満足!

待ってましたよ~。今回も丁寧に、そしてアレンジがうまくお話にあってて、すばらしい!ブラボー!
またまた、次回が気になる終わり方!mikonosukeさんニクイ!(*^_^*)
ライナスの寝ている部屋の壁紙ってdollハウスの中なんでしょうか?すごくお部屋感があっていいですね~。
(ほら、私はいつも背景布なのでセットが2Dなんですよ)
そして、今回男ばかりで色気がない画像が続く中、キスシーンで始まる演出、もうmikonosukeさんの才能ですね。
ホントこのお話、どんなに時間かかっても応援してます。
楽しませてくれてありがとうございます。

ロック | URL | 2013/07/13 (Sat) 14:52 [編集]


Re: 満足!

ロックさ~ん! おはようございま~す!

毎日 暑いですが お元気にしておられますか~?? 
(ブログでv-473「暑中お見舞い」v-472 書いてるみたいですね~!!)
楽しみにしていて下すったのねェ~!! ありがとうございます~~~!

なんかね、お話が進んでいくうちに 映画の通りにやるのが
大変になってきましたよ~!! 今回の 「プチプチ・ドーナッツ」も 
「ハンモック」の代用アイデアだし、 エリザベスちゃんの反応も、
お父さんの反応もかなり ”自分色” を付けてしまいましたよ!
(実は この後のシーンも色々とまだ難題が・・・・ 汗)  

> ライナスの寝ている部屋の壁紙ってdollハウスの中なんでしょうか?
すごくお部屋感があっていいですね~。

・・・これは、超・お手軽な方法なんですよ~! (dollハウス ではなくて!) 
厚紙に 模様・柄付のビニール・フィルムを張っただけで~す!!
(よ~く見ると、ライナスさんの後ろあたりに、 張るときに「空気が」入ってしまった
「空気の ミミズ??」 みたいなのが見えますでしょ?? (キャ~~~、バラシてしまった~) 
急いで張ったので 綺麗にできませんでしたのよ~~!! v-436汗)

おススメは 100円ショップ (少なくとも ダイ〇ー・・・)に行くと 1CM方眼の厚紙が5枚くらい
でセットになって売ってるんですけど、あれを何枚かセロテープではぎ合せて その上にお好きな
ビニール・フィルムを張っただけの「お手軽・背景」 です。 
ビニール・フィルムは ホーム・センターや 東急Han〇s とかでいろいろなものが
手に入りま~す!! 使わないときは はぎ合せた部分で 折りたたんで収納できるので
ラクですよ!

> そして、今回男ばかりで色気がない画像が続く中、
キスシーンで始まる演出、もうmikonosukeさんの才能ですね。

・・・うお~! ロックさんってば ほめすぎですよ~! 
実は このキス・シーンが問題になって、別の「おバカ・エピソード」を
いつか書いてみようと思ってま~す! (また、 「悪い癖」が・・・ ) 

> ホントこのお話、どんなに時間かかっても応援してます。

・・・すごく 嬉しいですよ~! 一度始めてしまったからには
何としてでも 取りあえず 終わりまでいきたいな・・・と思っております。
「カタツムリのようなテンポ」 かもしれませんが 
根気でやってみますねェ~!!

mikonosuke | URL | 2013/07/14 (Sun) 01:44 [編集]


いやいや、是非続きというか最後までやってくださいね^^;
サブリナさんの想い人がガラスで臀部を負傷したまま
&ライナスさんの策略にはまったままで
フェードアウトなんてあんまりです>_<;(笑)
最近のお話の中では個人的にサブリナさんのミニ劇場が一番熱いですd(☆e☆)
いつも続き楽しみにしてます♪

次回以降ライナスさんがどんな策略で来るのか
予想がつかないので楽しみにしてます^^

ぴよち | URL | 2013/07/14 (Sun) 02:12 [編集]


『目下、工作中』
・・・ん???ウチのことみたいね、と思ったタイトルでした~^^;
私、夏になるとムシが起こる質のようでして、またぞろDIYしておりますの・・・。
でも、『工作』違いでした~v-16

ウチのは出来たら(ジャンルは違うんだけど)ブログにアップいたしますが、
今回のロックさんへのコメント返しで壁作りのことを読ませて頂いて参考になりましたv-254
この落ち着いた壁、腰板風のところの境目に貼っていらっしゃるのはチロリアンテープというか、ブレードに使えそうなリボンですか?浮き彫り風になって格調が出ていますねv-238
バービーのクローゼットを合わせてオトコの部屋にするなんてナイスアイデア!!!
クローゼットも中身が充実していていいわ~♪

普段着に着替えてくつろいでいるララビー家の男性達、印象が変わっていいですね~♪
それぞれの性格にあったコーディネートで嬉しくなります。
お父様の蓄音機、うちにもあります^^;
でも、アリス達にはちいさいよなあ・・・と改めて思いました。
うちは遠景に置くか、うんと近景に置くかしないとね。
(ジャストサイズは、うん、犬のビクターくんですの)

アイデア満載の『サブリナ』、前に戻って読みながらこの夏を乗り切りますね♪

Rey | URL | 2013/07/14 (Sun) 02:33 [編集]


Re: タイトルなし

ぴよちさん、コメントありがとうございま~す!!

毎日 「ぐったりするほどの暑さe-327」 が続いておりますが、
お元気にしておられますかァ~~?? 

> いやいや、是非続きというか最後までやってくださいね^^;
> サブリナさんの想い人がガラスで臀部を負傷したまま
> &ライナスさんの策略にはまったままで
> フェードアウトなんてあんまりです>_<;(笑)

・・うお~~!! やりますぞ~~!! こういう励ましのお声は
元気に結びつきまする~~~v-91 
それに ここまで 状況をヒドイことにしておいて途中で逃げたら
「敵前逃亡」よりヒドイですよね~~~!!?? 
(うちの 将校たちに 「貴様ァ~、戦列へ戻れェ~~~~~」 と
怒鳴られそうです・・・・ v-399) 

・・・とは言っても 緩~いテンポになってしまうかもしれませんが、
気合いを入れて最後までたどり着いてみますので 気長にお付き合いくださいね~!
v-436v-436v-436

> 次回以降ライナスさんがどんな策略で来るのか
> 予想がつかないので楽しみにしてます^^

・・・年上の彼が 若い女の子とどう付き合ったらいいか見当もつかない・・・
というトコロから始めるので 私にもちょっと見当が付きません。
(うまく表現できるかなァ・・・・・?) 「オバサン」 はかなり長く
やっているつもりですが、 「オジサン」になったことがないので 彼はどんな心境
なんだろう・・・? と考えてます。 
(ウムムム・・・・・ 家の旦那に聞いてみよかな・・・?)

mikonosuke | URL | 2013/07/14 (Sun) 02:45 [編集]


Re: タイトルなし

Reyさん、こんばんは~!

> 私、夏になるとムシが起こる質のようでして、またぞろDIYしておりますの・・・。
> でも、『工作』違いでした~v-16

・・・ええ~!? 偉いっ!! 私はこの暑さでまったり・ぐったりしてしまって 何もやる気が起こらないっていうのに、Reyさんは 働いていたのですね~~! (偉すぎる・・・・)
私は 実生活にはなんの役にも立たない ドール・サイズのDIYしかやらないので、「人間サイズのモノ作り・DIY達人」Reyさんには ただただ 感心するばかりです。
今度は どんなモノを作っておられるのでしょう?? 気になるところで~す。
 
> この落ち着いた壁、腰板風のところの境目に貼っていらっしゃるのはチロリアンテープというか、ブレードに使えそうなリボンですか?浮き彫り風になって格調が出ていますねv-238
> バービーのクローゼットを合わせてオトコの部屋にするなんてナイスアイデア!!!
> クローゼットも中身が充実していていいわ~♪

・・・ありがとうございま~す! この壁に貼ったテープ、優れものでしょう? 実はこれは表面は数種類の糸やリボンで編んだような作りになっていますが、後ろに粘着テープが付いていてどこでもぺったり張れるようになっており、 実際の(人間の)家の壁用のオーナメントとして売っているものです。
数年前までドイツにおりまして、その折に向こうのDIY用の大型量販店で買ってきたものです。 これ一本で結構簡単に 「格調高い?」雰囲気が出るので重宝してます。

バービーのクローゼットも値が下がるのを待って、ようやくゲットいたしましたよ~!
確かにあると便利な一品ですね。 部屋作りにもすごく使えます! バルサ材使って もう一個コピーを作ろうかしら・・・? と思えるほど 単純でしっかりした作りです。 

> お父様の蓄音機、うちにもあります^^;

・・・うふふふ・・・みな、考えることは同じなのですね~!
こういうのを見ると つい欲しくなっていろいろと買いためてしまいます。
ドール趣味が始まってから、ドールの視点で小さいものを見るようになったので
小物が大好きになりましたよ~~~。

> アイデア満載の『サブリナ』、前に戻って読みながらこの夏を乗り切りますね♪

・・・うう・・・もう一度読まないと忘れちゃいますよね~~!! それだけ間が空いてしまいました~!! (キャ~!! 反省!!) でも、これだけはちゃんと最後まで 投げ出さずにやり遂げますので 気長に見ててね~~、Reyさ~~~~~~~~~ん!!

mikonosuke | URL | 2013/07/14 (Sun) 12:15 [編集]


先日はヒルデガード嬢の短冊を見せてくださってありがとうございました(^^)
彼女の願い事は、現代のギャルっぽい打算的なものなのか、はたまたまだ現実を知らない乙女がやや勘違い的に大人の言葉を使っているのか、微妙な感じですね(笑)
お母様のようにしとやかな女性に成長するのか、それとも永遠子さんのような楽しい姐さん風になるのか、どちらでしょう?(笑)

今回のお話は、ライナス社長の対サブリナ“工作”ですか。
投石にくくりつけられた3枚のメモ…、犯人はもしやあのドールズ?いろいろなお話が思わぬ所でつながっているのかな?などと物語の進行を楽しんでおります。
「地縛霊」には笑ってしまいました。夏ですからね(笑)

私も以前からmikonosukeさんのところの壁の作りが気になっていたので、コメント欄を拝見してとても参考になりました。
ドイツで購入されたというテープ、柄の大きさも色もドールに合っててとても素敵です。
たぶん我が家のドール背景に使っている物と同じかと思われる壁紙がいくつかありますが、腰板付き壁紙みたいにしたくてボーダー(トリム)を探しても、なかなか大きさの合う物が無くて。

あと、じゅうたんもすごく良いと思います。
これはドールハウス用のじゅうたんですか?
少し前にネットで似たような感じの薄手の人間用玄関マットを購入したのですが、色柄がいまひとつで未だ使えていません。

mikonosukeさんはいろいろな物を上手に使いこなし、衣装だけでなく小物まで手作りされて、表情の足りないドールにはプチリペイントを施して…。
本当にドールが好きで、ドール芝居にも情熱を注いでらっしゃいますよね。すごい!

リオコ | URL | 2013/07/14 (Sun) 18:27 [編集]


イキナリドイツ国防軍の登場ってことはそんな時代背景のストーリーなんでしょうかね?(^^)

それにしても1回につきこれだけのストーリーを作ってしまうなんて凄いですね!
内容も映画を見ているかのようでした!

かなり時間が掛かったんじゃないですか?

リオコさんも書いてましたがmikonosukeさんのドールに対する情熱を感じました♪

杉さん | URL | 2013/07/15 (Mon) 15:26 [編集]


Re: タイトルなし

リオコさ~ん!!

> 先日はヒルデガード嬢の短冊を見せてくださってありがとうございました(^^)
> 彼女の願い事は、現代のギャルっぽい打算的なものなのか、はたまたまだ現実を知らない乙女がやや勘違い的に大人の言葉を使っているのか、微妙な感じですね(笑)

・・・ふふふ、彼女の場合はどちらかというと前者のほうかもしれません。 虫も殺さないようなかわいいお顔に生まれついておりながら、考えることは結構打算的で奔放な若い娘・・・という設定です。 まあ、女友達などから聞いた「大人びた発言」 をそのまま受け売りしている年頃でもありますが、彼女の今後の成長に期待してみたいと思います。 とんでもない 「ビッチ」 にならなければいいのですが・・・(笑い)

> 投石にくくりつけられた3枚のメモ…、犯人はもしやあのドールズ?いろいろなお話が思わぬ所でつながっているのかな?などと物語の進行を楽しんでおります。

・・・おお~、またしてもリオコさんの読みが~~~!! (思考回路 バレバレですね~~!!!)
そう、そう!! そのあたりで~す! (ふふふ・・・)

壁作りで 少しは皆様にお役に立てて喜んでおりますよ~!!
「おバカ話」を提供する以外にはこれといって たいしてお役に立つブログではありませんでしたので 少しは安心しておりますのよ~~。(ホッ!) 
フィルムを張るときに空気が入らないように少しづつ貼って下さいね~! (そうでないと 「空気ミミズ」 はずっと残ってしまいますので・・・ヒエ~~~~ 汗)
小さい穴を開けて 空気を抜いてもう一度上から押さえつける・・・ということもやってみましたが、穴が残ってしまうので あまりおススメできませ~ん。  

> あと、じゅうたんもすごく良いと思います。
> これはドールハウス用のじゅうたんですか?
> 少し前にネットで似たような感じの薄手の人間用玄関マットを購入したのですが、色柄がいまひとつで未だ使えていません。

・・・ありがとうございます! 実はこれは「人間用のマット」です。 どこかのホームセンターで自分の書き物机の下に敷こう・・・と思って買って来たのですが、「ドールの宴会」をやるので一度使ったら それからすっかりドール用に・・・!! たしか1000円程度のとても安価なものだったと思います。 (何が幸いするかわかりませんね・・・)
このマットの裏面も グレーの「ラバー加工? すべり止め加工??」 のような感じになっており、「アスファルト」・・・のような感じに見せたいときに使ってます。 とにかくあるものすべて使いまくってますよ~。(イイか 悪いかは分かりませんが・・・)  

mikonosuke | URL | 2013/07/16 (Tue) 13:55 [編集]


Re: タイトルなし

杉さ~ん! こんばんは~!!

> イキナリドイツ国防軍の登場ってことはそんな時代背景のストーリーなんでしょうかね?(^^)

・・・イエイエ、時代設定は とっても「ゆる~~く」 現実的なお話・・・というのではありません。 (ただの 「お笑いブログ」 ですよ~~~!!) 実は 家の国防軍は戦争をさせてもらってないので 「平和ボケ」 してしまっております。 (女性オーナーだと この点が兵士たちには 辛いところかもしれません)

彼らの制服・銃火器などがとてもリアルで、10年ほど前に少し集めてました。(なので最新のものはあまりおりません。) なぜか「制服」 + 「戦う男」 は好きだけど、「全体主義的な体制」が嫌いなオーナーなので、家の将官たちもそのように教育されて 「独裁者崇拝 v-222v-208」 を忘れて、もっぱらドール・ワールドの治安維持にあたっている・・・という具合です。 (あっ! 今は、私が 「独裁者」 なのかな?? アブナイ、アブナイv-399・・・コラコラ、Mikonosuke・・・)

> それにしても1回につきこれだけのストーリーを作ってしまうなんて凄いですね!
> 内容も映画を見ているかのようでした!
> かなり時間が掛かったんじゃないですか?

・・・おお~~! ありがとうございます。 いま、この「ドール・ミニ劇場」というカテゴリーでお届けしているのは 実は 「Sabrina」 という映画を似せて人形劇にしているものです。 あるファッション・ドールの会社で この映画のシリーズのドールを出していたので それを使いながらお芝居を作っております。
撮影にはそれほど時間はかからないのですが、「大道具、小道具」を揃えるのに時間がとられますねェ~。 (こんなに大変だとは思いませんでした・・・) もともとアバウトな性格の人間なので細かい作業が追い付かず苦労してま~~~す。 

mikonosuke | URL | 2013/07/16 (Tue) 14:36 [編集]


前回の短冊もそうですが、今回の付箋に書かれた手書きの文字をみて、愛嬌のある手作り感に思わず微笑んでしまいました。これ意外に小さく書かれていて大変そうです。バビのクローゼットも中身がこうやって充実しているとその価値がますますでるってもんですね。
大の大人の男達がよってたかってサブリナちゃんにちょっかいだして、サブリナちゃん、頑張れといいたいですよ!
mikonosukeさんのところは本当に男人形が充実していてうらやましい。見習って我が家にも一人は欲しくなります。我が家も昔はさまざまな恰好をした怪しいマッチョ集団のアクションマン達がいたのですが・・頑丈でしたが可動性はまったくなかったす。
暑い暑い夏が早くはじまりましたが、mikonosukeさんの楽しいお話読んで乗り切ります。

グリゼット | URL | 2013/07/17 (Wed) 16:14 [編集]


Re: タイトルなし

グリゼットさ~ん!

スミマセン、ずっと実家の方に行っていたもので お返事が遅れてしまいましたァ~~~v-436


> 前回の短冊もそうですが、今回の付箋に書かれた手書きの文字をみて、愛嬌のある手作り感に思わず微笑んでしまいました。これ意外に小さく書かれていて大変そうです。

・・・うっ、うっ、・・・ありがとうございます。(娘にもいつも言われているんですよ~、「ママはアバウトだけれど そういうところが笑えるからいいんだよ・・・」と・・・) 「Mikonosukeらしいな・・・」とニヤリ( ̄▽ ̄) としてしまうでしょう?? (ふふふ・・・) 

> 大の大人の男達がよってたかってサブリナちゃんにちょっかいだして、サブリナちゃん、頑張れといいたいですよ! 

・・・まったくねえ~! デイヴィッド君以外の2人は「金」で純真な乙女心を諦めさせようと必死なんですもんね~。 心のどこかにまだ 「純情な気持ち」 が残っていればサブリナちゃんのひたむきさを理解も出来るかもしれませんが、果たして「世間ずれしてしまったオジサン達v-208」 には難しいんでしょうかね~~~??

> mikonosukeさんのところは本当に男人形が充実していてうらやましい。見習って我が家にも一人は欲しくなります。我が家も昔はさまざまな恰好をした怪しいマッチョ集団のアクションマン達がいたのですが・・頑丈でしたが可動性はまったくなかったす。

・・・おお~~~!! 「さまざまな恰好をした怪しいマッチョ集団のアクションマン達」・・・見たかったです~~! もしかして お子さんの所有物のフィギュアたちだったのですか?? うちは次男のヒーローズを片っ端に出演させております。 美しい女性ドールズが妍を競う中、時々そういうのが出てくると自分としてはどこかホッとしてしまいます。 やはり いつも 「どこか崩れているのが」 好きなので、バッチリ決まり切らないのですね~~~! (笑い)

> 暑い暑い夏が早くはじまりましたが、mikonosukeさんの楽しいお話読んで乗り切ります。

・・・う~ん、嬉しいです!! できるだけ 暑さを忘れる「爽やかなv-473?笑い」を心がけますね~!
でも、うちには上にも書きましたように 「暑苦しいドール、フィギュア」など ゴロゴロおりますので 案外「暑苦しい笑い」に陥ってしまったりして・・・!! (ヒエ~~!!)
とにかく、お互いに元気にこの夏を乗り越えましょうねェ~~!!v-91

mikonosuke | URL | 2013/07/20 (Sat) 15:21 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)